ブックタイトルNEC Vision Case Studies and Highlights

ページ
31/44

このページは NEC Vision Case Studies and Highlights の電子ブックに掲載されている31ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

NEC Vision Case Studies and Highlights

製造/物流/流通/サービス(Global Enterprise Solutions)人々の生活インフラのコンビニエンスストアを24時間365日止めることなく支えるNECは、「造る」「運ぶ」「売る」をつなぐバリューチェーンにおいて、どのような貢献ができるかを大きな命題として捉えています。それぞれの分野ごとにお客様に合わせたソリューションをグローバルで提供しています。例えば「売る」の分野では、コンビニエンスストアやドラッグストアなどの小規模多店舗展開型のお客様へソリューションを提供しています。具体的には、ITサービスLCMモデル、ITをライフサイクルでマネジメントするサービスです。企画・コンサル、開発、導入・展開、店舗運営サポートというサイクルで店舗運営を止めることなく回し続けます。コンビニエンスストアは、生活者に欠かすことができない生活インフラになっています。それが顕著に表れたのが、2011年の東日本大震災でした。いざという時の安心を支えるインフラを止めるわけにはいかない。その経験を経て私たちは、蓄積していたITサービスLCMモデルのノウハウを結集すれば、災害時でも24時間365日止めることなくコンビニエンスストアの店舗運営を目指すお客様を支えることができると気づきました。このITサービスLCMモデルは、サイクルを回すたびにノウハウが蓄積されます。例えば2万店舗を超えるチェーンの場合、新サービスを導入・展開するにも非常に時間がかかります。当初は1年がかりでしたが、今では半年で実施できるまでになりました。お客様の地域格差縮小に、少しでも貢献できると考えています。サポート面では、NECはコールセンターも運営しています。店舗運営者から寄せられる声は、ITだけに留まりません。コーヒーサーバーや冷蔵庫、トイレにまで至る設備の不具合をデータとして蓄積して、そこから改善点と解決法を見つけ出し、次のサイクルに投入していきます。さらに最新のシステムは、予兆管理とリモートメンテナンスによる保守サービスにまで及んでいます。今後IoTが普及していく中、機器管理、故障検知、自動通報など業務システム基盤の強化や、映像の管理・分析を通じた「止めない」店舗運営で、人々のより安心できる生活インフラへ貢献し続けます。NECグローバルリテールソリューション事業部事業部長代理川見秀樹Interview多店舗展開型小売業を支えるためのITサービスLCMモデル1発展を支える店舗オペレーション●システム化構想策定●業種・業務ノウハウ●蓄積した運営ノウハウ●コールセンターでの店舗情報収集/管理●予兆/予防保守、リモートによるICTサポート2店舗運営を支える仕組み(24時間365日事業運営を止めない)企画・コンサル店舗運営サポート(保守)店舗情報蓄積ITサービスLCMモデル業務ノウハウ開発(SI・ハードウェア)導入・展開●均質なオペレーションを支えるシステム●ハードウェア開発・調達●2万店規模の同時展開●アプリケーション管理31