ブックタイトルNEC Vision Case Studies and Highlights

ページ
16/44

このページは NEC Vision Case Studies and Highlights の電子ブックに掲載されている16ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

NEC Vision Case Studies and Highlights

交通・都市インフラ暮らしや産業の安全・安心をICTで支えるNECは交通や都市のインフラを多方面からサポート。空港、道路、鉄道や、ダム、河川、上・下水道の監視や管制、通信など、さまざまな分野でソリューションを提供しています。ライフラインを守り、効率性を高める地球環境の変化、世界人口の爆発、人々の活動のグローバル化、新興国の発展に伴う世界のパワーバランスの変化、といった大きなうねりが、私たちの身の回りに影響を及ぼしています。他方、自然災害の激甚化や都市への人口集中によるエネルギーや水資源などの需要ひっ迫、交通渋滞・事故の増加など、さまざまな社会課題が深刻化しています。今こそ人々の生活を支えるエネルギー、水道や交通、物流、放送、通信といったライフラインの安定運用が必要とされています。人々の「いつも」の暮らしを安全で快適にして、「もしも」に備えた安心を確保するには、ICTを組み合わせて活用することが有効です。N ECはセンサーやネットワーク、データ分析を組み合わせて、水やエネルギーの安定供給や利用を効率化するニーズに応えます。例えば、ライフラインの維持・保全のための点検や保守においては、監視カメラや振動センサーなどから得られる情報から人の代わりに「見分ける」「感じ取る」ことを行います。それらのデータをネットワークでリアルタイムに収集し、機械学習を応用したビッグデータ分析技術などを駆使して予知・予測に活かします。このように最先端のICTを組み合わせれば、故障につながる異常を事前に検知して、計画外の停止を未然に防ぐことが可能になります。これら技術の適用領域は、発電所、製造プラント、鉄道や道路、空港、橋脚、トンネルや大規模建造物など、多岐にわたります。さらに、自律型ロボット技術を活用すれば、調査によってセンサーへと収集した情報をビッグデータで解析し、問題を判断するなど、機器の制御サイクルを自動化し効率よく回していくこともできます。同様に、交通・物流においても、走行する車に搭載したセンサーから集めたデータや、道路上に設置したカメラ画像を分析することにより、タイムリーな渋滞情報の提供や適切なタイミングでの道路工事の実施など、精度の高い都市計画に基づく安全・安心で経済効率の高い運用が実現できます。16