ブックタイトルNEC Vision Case Studies and Highlights

ページ
11/44

このページは NEC Vision Case Studies and Highlights の電子ブックに掲載されている11ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

NEC Vision Case Studies and Highlights

セーフティ事例アルゼンチンティグレ市様不審な行動などを検知する街中監視システムにNECの顔認証技術を導入NECは、ティグレ市で運用する街中監視システムに世界ナンバーワン※2の高速・高精度な顔認証技術を提供しています。主に鉄道のターミナル駅や港湾などに設置されたネットワークカメラの映像と膨大な写真データベースをリアルタイムに照合することで、検察・司法機関・公共福祉団体において、行方不明者の捜索などを実現しています。また、ひったくりなどの犯罪につながりやすい「バイクの2人乗り検知」や安全のための「ノーヘルメットでの運転検知」、不審な行動(車両)を見つける「行動検知」、不審車両や盗難車両特定のための「ナンバープレート認証」などの独自技術を開発し、提供しました。さらに、過去の犯罪発生地域を表示する「犯罪発生マップ」などの先進機能も納入しています。これらの最新技術を街中監視システムに統合し、街中のさらなる安全対策に貢献しています。NECは、グローバルに展開している「SaferCities」での実績をもとに、技術・製品・サービスの開発・強化、パートナー連携により、安全・安心な都市づくりに貢献していきます。アルゼンチン・ティグレ市の街中監視システムを統括するオペレーションセンター。安全の向上にNECのICTソリューションを積極的に活用しています。事例インドスーラト市様NECのトップクラスの顔認証技術を活用し安全で住みよい街に貢献NECとInnovative Telecom & SoftwaresPvt. Ltd.,は顔認識技術を活用したソリューションをインドのスーラト市へ導入し、人々の安全な生活に貢献しています。スーラト市は人口約500万人、インドの最西部グジャラート州にある世界でも有数のダイアモンド加工が盛んな都市です。ここでのセーフシティプロジェクトは、スーラト市警察とNGOのSurat TrafficEducation Trustにより進められ、市内113カ所に604台のカメラを設置しました。撮影動画は監視指令センターへ送られ、モニタリングされています。今後監視対象となるカメラの台数は5,000台以上になる予定です。さらに、街中監視および犯罪捜査のため「PictureIntelligence Unit(PIU)」を新たに設置しました。顔認証技術、車両のナンバープレート照合技術、車のスピード違反を検知する技術の活用により、犯罪の未然防止、早期解決へつなげています。NECの「NeoFace R Watch」は、街中で収集した顔写真と20,000人の監視対象者の照合をリアルタイムで行っています。また、「NeoFace R Reveal」では過去の犯罪データべースとの照合ができるため、犯罪捜査の時間短縮や作業量削減に貢献し、安全な都市の維持に役立っています。インドの警察向けに顔認証システムを初めて納入し、犯罪を未然に防ぎ、人々へ安心を与えています。※2米国国立標準技術研究所(NIST:National Institute of Standards and Technology)のベンチマークで1位を獲得11