ブックタイトルNEC Vision for Social Value Creation

ページ
32/36

このページは NEC Vision for Social Value Creation の電子ブックに掲載されている32ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

NEC Vision for Social Value Creation

Work Style枠を超えた多様な働き方多様なバックグラウンドを持つ人々との共創が国や地域、組織の競争力につながる時代になり、世代・性別・国家・組織の枠を超えて、さらにはロボットとも協働する時代が訪れます。NECは、多様な働き方をICTを通じてデザインし、質の高い仕事と雇用を創出していきます。グローバルに人々が協調し、ICTが支える働き方一部の先進国では高齢化に伴い労働人口が減り続けていきます。一方、新興国では今後も人口増により労働力が増加し続けます。新興国の経済発展は教育レベルを向上させるため、国際的な労働力の流動性が高まっていきます。グローバル化、ネットワーク化、テクノロジーの進化により世界が大きく変わる中で、知識労働者を支えるIC T環境も大きく変わります。生まれた国や地域だけではなく、世界各地の問題に積極的に取り組むことも可能となります。多様なバックグラウンドを持つ才能豊かな人々の共創がさまざまな分野で、リアルはもちろんバーチャルでも進んでいくでしょう。また、IoTと人工知能の進展に伴い、IC Tの活用領域は実世界にまで大きく広がるため、人の労働を代替できる領域も広がっていきます。機械学習の研究者であるオックスフォード大学のオズボーン博士は、社会的知性、創造的知性、知覚と操作を活かした仕事をコンピュータに置き換えにくい仕事として挙げています。このように人/人工知能・ロボットそれぞれが得意とする仕事で補完しあい、連携し、効率よく働ける世界が到来するのです。人間の代わりに危険な労働を行うロボットや、人間には瞬時に気付けないような知識や知性を提供するような人工知能が実用化され、人と「新たな労働力」との分担や協働が、未来の職場では当たり前の日常となるでしょう。より多様で、時間や場所の制約に縛られない働き方をICTが支えていきます。多様なワークスタイルが選択可能な社会の到来今後、特に先進国では、社会全体でワークライフ32