Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

NECの経営を支えるICT戦略
~グローバル経営強化に向けた全社14万人のクラウド基盤~

左から藤沢氏、新野、小原氏、清水

日本マイクロソフト株式会社
執行役 常務 小原 琢哉 氏
NEC 代表取締役 執行役員副社長 新野 隆
NEC 取締役 執行役員常務 清水 隆明

モデレータ:
シンクタンク・ソフィアバンク 代表 藤沢 久美 氏

(2013年11月14日「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2013」より)

上流コンサルティングからシステム構築、運用、定着化支援まで
ワークスタイル変革にまつわるサポートを全面展開


現在、NECは、新たに構築した社内コミュニケーション基盤「GISP(Global Information Sharing Platform)」での実践経験やノウハウをベースにワークスタイル変革ソリューションを提供している。高性能・高信頼クラウド基盤と多彩な機能を組み合わせることで、これからのビジネスに欠かせない柔軟なワークスタイルを実現。ワークライフバランスや生産性向上に向けた取り組みを支援する。

NEC 取締役 執行役員常務 兼 CMO (チーフマーケティングオフィサー) 清水 隆明

NEC 取締役 執行役員常務 兼
CMO (チーフマーケティングオフィサー) 清水 隆明

日本マイクロソフト株式会社 執行役 常務 小原 琢哉 氏

日本マイクロソフト株式会社 執行役 常務 小原 琢哉 氏



GISP構築で培った経験とノウハウをソリューションとして展開


企業を取り巻くコミュニケーション環境は、時代と共に大きく変遷し続けている。特にスマートデバイスやソーシャルメディアの普及が進んだ現在、これらをビジネスシーンでも利用したいというニーズが強い。

「一方、企業にとってはセキュリティも重要な課題。また、グローバル化を推進する際には、現地の事業法人とのコミュニケーションやガバナンス、企業文化をどう浸透させるかといった点にも目配りが必要です」とNECの清水 隆明は指摘する。

こうした課題を解消すべく、NECが新たに構築したのが、クラウド型のグローバルコミュニケーション基盤「GISP」である。「GISPは、NECグループに所属する世界14万人のユーザーを支える社内コミュニケーション基盤です。当社ではこれを今後のビジネスにフル活用すると同時に、お客様向けのワークスタイル変革ソリューションとしても提供しています」と清水は語る。

このソリューションでは、セキュアかつ高信頼なプラットフォーム上で、メール/コミュニケーション/コラボレーションなどの基本機能を提供。必要に応じてセキュリティ/モビリティ/コミュニティ/ファシリティなどの付加機能を組み合わせることもできる。「オンプレミスでの導入はもちろん、プライベート/パブリッククラウドの利用も可能。要件に応じて柔軟に環境を選べます。さらには、お客様が独自に構築されている業務アプリケーションとの連携をサポートするSI構築サービスもご用意。業務アプリケーションのアラートを基に、コミュニケーション基盤経由で通報を行うといったことも実現できます」と清水は説明する。サービスメニューも充実しており、自社に必要な機能だけを自由にチョイスすることが可能だ。

また、企画・開発や運用を支援するコンサルティングサービスも提供。「GISPの構築にあたっては、事前準備から実際の展開フェーズまでの間に様々な苦労や経験を積みました。このノウハウをコンサルティングサービスとしてご提供することで、お客様のワークスタイル変革の取り組みを強力に支援していきたい」と清水は強調する。



パートナーとの協業も推進し、企業の課題解決を支援


NECでは自社製品によるソリューションだけでなく、パートナーとのアライアンスによる高付加価値ソリューションにも力を入れている。その有力な戦略パートナーの一社がマイクロソフトだ。

「マイクロソフトは、モビリティ、ソーシャル、ビッグデータ、クラウドの4領域に向けた技術開発を推進しています。NECとの協業も大きな役割を果たしており、数多くの成果が生まれています。たとえば、『Windows Server 2012』は、クラウド時代のネットワーク技術である『OpenFlow』を商用化することに成功しました。今後もNECの強みである豊富な業種・業務ノウハウや高品質な製品群、高可用性システムにおける実績と、当社の製品を効果的に融合させることで、お客様の成功に貢献していきたいと考えています」と日本マイクロソフトの小原 琢哉氏は話す。

パートナーアライアンスによる高付加価値ソリューションの提供

前述のGISPもマイクロソフト製品が中核を担っている。用途や利用シーンを考えると、多くのユーザーにとってなじみ深いマイクロソフト製品を中心にコミュニケーション基盤を構築するメリットは大きい。NECとマイクロソフト、両者の取り組みは、これからのワークスタイルを構築する上で大きな役割を果たすことになりそうだ。