サイト内の現在位置

役員報酬の内容

当社の役員報酬は、継続的な企業価値の向上および企業競争力の強化のため、優秀な人材を確保するとともに、業績向上へのインセンティブとして機能するグローバル企業としてふさわしい水準・体系とすることを基本方針としています。

報酬体系

  1. 取締役報酬
    取締役の報酬は、固定の月額報酬ならびに短期インセンティブとしての業績連動の賞与および中長期インセンティブとしての業績連動の株式報酬により構成しています。

    月額報酬
    株主総会の決議により定められた報酬限度額の範囲内で、役職の別および社内取締役、社外取締役の別により定めます。

    賞与
    役職の別により定められた標準支給額をもとに、一定の基準に基づく前期の職務執行に対する評価を考慮して算定します。
    社外取締役には、業務執行の監督における主導的な役割を期待し、独立性を確保する観点から、賞与は支払っていません。

    株式報酬
    権利付与時の中期経営計画の期間が満了した後、役職および中期経営計画の達成度に応じて株式を交付します。
    • (注)
      1. 社外取締役には、業務執行の監督における主導的な役割を期待し、独立性を確保する観点から、株式報酬は支払っていません。
      2. 株式交付時の納税資金を考慮して、一定の割合の株式については、市場売却のうえ金銭で支給します。
  2. 監査役報酬
    監査役の報酬は、その職責が取締役の職務執行の監査であることから、固定の月額報酬のみとし、業績連動の賞与は支払っていません。

    月額報酬
    株主総会での決議により定められた報酬限度額の範囲内で、常勤、非常勤の別により定めます。

決定手続

  1. 取締役報酬
    取締役の報酬は、社外取締役(うち1名は委員長)が過半数を占める指名・報酬委員会において客観的な視点から審議し、その結果を踏まえ、取締役会において決定します。

  2. 監査役報酬
    監査役の報酬は、監査役の協議により決定します。

業績連動の仕組み

賞与
取締役の賞与は、前期におけるNECグループの連結業績にかかわる重要指標(売上収益、営業損益等)に基づき算定します。

株式報酬
次の算定式に基づき算定します。

<算定式>
役職別権利付与株式数(注1)×業績連動支給率(注2)

  • (注1)
    基本報酬額×役職別乗率(*1)÷対象となる中期経営計画の期間の直前の事業年度における東京証券取引所の当社株式終値の平均値
    • (*1)
      役職別乗率
      取締役会長、取締役執行役員社長・副社長 25%
      取締役執行役員専務・常務 20%
      取締役執行役員 15%
  • (注2)
    権利付与時の中期経営計画の期間における連結売上収益達成度×35%
    +権利付与時の中期経営計画の期間における連結営業利益達成度×35%
    +権利付与時の中期経営計画の期間における最終年度の連結ROE達成度×30%

報酬水準の決定方法

役員報酬の客観性、適正性を確保するため、事業内容、規模等の類似する企業を対象とした第三者による役員報酬調査結果を踏まえて、報酬水準を決定しています。

当社の取締役および監査役に対する2016年度に係る報酬等の額は、次のとおりです。

2016年度に係る報酬等の額
  定額報酬
人数 支払総額
取締役
(うち社外取締役)
13名
(5名)
337百万円
(60)
監査役
(うち社外監査役)
6名
(4名)
96百万円
(36)
  • (注)
    1. 上記の人数には、2016年6月22日開催の第178期定時株主総会終結の時をもって退任した取締役2名および監査役1名を含んでいます。
    2. 取締役の報酬限度額は、月額6,500万円です。
    3. 監査役の報酬限度額は、月額1,200万円です。