サイト内の現在位置

FOUNDATION (全ての活動のベース)

FOUNDATION

土台となる円は、私たちのすべての活動のベースとなるものであり、社員が個人として、またNECグループがよき企業市民として、常に意識し行動していくべきことを示しています。

倫理観

NECグループは、社会価値創造型企業への変革を進め、社会ソリューション事業に注力していきます。こうした私たちの企業活動の本質は、私たちが、NECという企業を窓にして、「生きる」ことにあります。そして、「生きる」ということは、人間社会を豊かにする価値を提供し、市場に、人間社会に、喜んで受け入れて頂くことにより、「活かされる」ということです。

そのためには、NECが提供する価値が人間社会の「本質的な欲求」にマッチしているのはもちろんのこと、製品・サービスや日々の活動を通して、ステイクホールダーから「信頼」される企業で在り続けることが必要です。そのためには、一人ひとりが高い倫理観を持ち、日々の業務に取り組むことが必要不可欠です。すなわち、「倫理観」は、私たちの企業活動すべてのベースなのです。

企業行動憲章

NECグループとして、社会的責任を果たしていく上で積極的に取り組むべき事項を定めたものです(2004年制定)。

NECグループは、健全な事業活動をとおして収益性を高め、活力ある発展と社会への還元を図ります。
そのためには、関係法令の遵守はもちろんのこと、良き企業市民として社会的責任を果たし、お客さま、株主・投資家の皆さま、取引先、地域社会、従業員をはじめとした関係者からの信頼を得て、企業価値を高めることが必要だと認識しています。

  • 一、
    お客さまの満足
    有用で信頼性の高い商品やサービスを、安全に十分配慮して開発、提供し、お客さまの満足と信頼を獲得します。
  • 一、
    新しい技術への挑戦
    創造的な技術開発に挑戦し、新事業領域の開拓を行い、豊かな未来に貢献します。
  • 一、
    公正な企業活動
    公正、透明、自由な競争を行います。また、政治、行政との健全かつ正常な関係を保ちます。
  • 一、
    情報発信
    正確で十分な企業情報をわかりやすく適時かつ適正に発信し、企業活動の透明性を高めます。
  • 一、
    地球環境保全への貢献
    地球環境への負荷を低減し、持続可能な社会づくりに貢献します。
  • 一、
    地域社会との調和
    国や地域の文化・慣習を尊重し、その発展に貢献する経営を行います。
  • 一、
    社会貢献活動
    社会の一員であることを深く自覚し、良き企業市民として積極的に社会貢献活動を行います。
  • 一、
    人権尊重
    あらゆる企業活動の場面において人権を尊重し、差別的取扱い、児童労働、強制労働を認めません。
  • 一、
    従業員の尊重
    従業員一人ひとりの個性を尊重します。また、能力を十分に発揮でき、活き活きと働ける環境を実現します。
  • 一、
    知的資産・個人情報の管理
    知的資産や個人情報の価値を認識し、適正な管理を実行します。