Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

採用事例

東京都西多摩郡 奥多摩町様

奥多摩町日原地区奥多摩町日原地区

過疎地における医師不足の解消と、自治体の医療費増大の抑制を目的に、慶應大学等と共同で遠隔予防医療相談の実証実験を平成20年11月から平成21年3月に実施。実証実験では奥多摩町の住民75人が都心の医師から定期的に指導を受け、血液データ等に大幅な改善が見られた。平成22年3月から奥多摩町様でシステムを新規導入され対象地区を拡大して事業化開始。

遠隔予防医療相談の様子

遠隔予防医療相談の様子

遠隔予防医療相談システムの概要

Unified Communication システムのSphericallをベースに、3つの大きな特徴を持つ

  • 【特徴1】 高齢者にやさしい相談端末
  • 【特徴2】 バイタルデータの活用
  • 【特徴3】 運用の業務効率化
二者間および三者間の Unified Communication イメージ

パネルコンピュータとUnified Communicationの有効性

パネルコンピュータをベースにUCシステムを稼動させることで、以下のような機能を実現

  1. TV電話 三者通話
  2. 相談記録・会話内容の録音
  3. バイタルデータの共有表示
  4. 血液レオロジー動画の共有表示
  5. 音声認識で相談記録の入力
  6. リモートプリント
  7. 端末のリモート電源ON/OFF
  8. スケジューラ

特に、住民側端末に対して医師側からリモート操作で4.、6.、7.の操作を行うことにより、住民側の端末操作をほとんど排除できた

医師の所見による効果認識

  • TV電話の『対面コミュニケーション』により、臨場感、様相観察、視診が可能
  • 遠隔相談は『来院の顔』と『生活空間の顔』のギャップを埋めることができる。相談者の生活時間に介入できる
  • TV電話の『額縁効果』によりFace to Face のコミュニケーションが有効
  • 医師の顔と画像情報(MCFANの血液レオロジー動画)が同一画面に表示でき、説明に具体性が出る

パネルコンピュータカタログ
パネルコンピュータカタログ資料請求・お問い合わせよりお求めください。