ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. NECの映像デバイス MultiSync & ViewLight
  4. 導入事例
  5. 迎賓館 TOKIWA 様
ここから本文です。

導入事例

迎賓館 TOKIWA 様

迎賓館 TOKIWA 様 外観・ロゴ

所在地  〒951-8101 新潟県新潟市中央区西船見町5932-300
電話番号  025-228-2220(代表)
FAX番号  025-225-5648
資料請求・お問い合わせ  0120-295-643
受付時間  9:00~19:00(年中無休)
URL  http://www.g-tokiwa.com/

伝統と格式を伺わせる厳かな雰囲気の中、 最新鋭の9面マルチスクリーンが「忘れえぬ感動」を演出 導入背景 ●画面の継ぎ目を感じさせないマルチスクリーンを構築したい ●インパクトのあるハイクオリティな映像演出を提供したい ●コストを抑えて大型のディスプレイを導入したい

マルチスクリーン対応大画面46 型液晶ディスプレイ『MultiSync® LCD-X461UN』の導入経緯や感想について、新潟県新潟市の結婚式場『迎賓館TOKIWA』の館長で社団法人日本ブライダル事業振興協会(BIA)常任理事・研修委員長の齋藤伸雄様にお話を伺いました。

結婚式場『迎賓館TOKIWA』とは?

厳かな雰囲気と最新鋭の設備が「忘れえぬ感動」を演出

『迎賓館TOKIWA』 館長 社団法人日本ブライダル事業振興協会(BIA) 常任理事・研修委員長 齋藤 伸雄 様『迎賓館TOKIWA』館長
社団法人日本ブライダル事業振興協会(BIA)
常任理事・研修委員長
齋藤 伸雄 様

1万6200坪の敷地面積を誇り、『21世紀に引き継ぎたい日本の白砂青松百選』にも選ばれた「ときわの杜」が広がる新潟縣護國神社。
その松の緑に囲まれた『迎賓館TOKIWA』は、60年以上に渡ってブライダル事業を手掛けてきた結婚式場である。2003年度には、一貫したサービスや品質管理などが評価され、新潟県経営品質賞奨励賞を受賞した。

「私たちは、記念事業を通して忘れえぬ感動を創り続け提供することを、『迎賓館TOKIWA』のもっとも大切な使命と考えています。感動のドラマを演出するためのポイントは、 音響(音楽)”、照明”、セッティング技術、タイミング”の4つ。
この4大要素を駆使しながら、シナリオ(台本)に則り、起承転結のドラマ(物語)を作ってきました」「そして、新しい演出の道具として注目したのが映像です。ディスプレイの導入にあたっては、最新鋭の設備によって演出されたドラマを、新潟から全国のブライダル業界に発信していきたい”という願いのもと、さまざまな製品を比較・検討しました。そうした中で、最終的に田町(東京都)のNECディスプレイソリューションズのショールームへお邪魔して、導入を決断したのです」
(齋藤 伸雄様)

『MultiSync® LCD-X461UN』の導入を決められた経緯は?

クオリティ、費用対効果の両面で申し分のない「大型ディスプレイ」

『迎賓館TOKIWA』のもっとも高級なウェディングステージである「クリスタルヴィラ」。
最新の音響・照明設備に加え、フルオーダーのシャンデリア、イタリアから直輸入された食器、さらにはオープンキッチンやバーカウンターなど、『迎賓館TOKIWA』のもてなしが究極の形で表現されている。その会場に『MultiSync® LCD-X461UN』で9面(3面×3面)のマルチスクリーンを構築。専門の結婚式場としては、全国でも初の導入例となった。

決め手となった細いベゼルは、
つなぎ目が気にならない

「導入の決め手となったのは、やはり画面のクオリティですね。マルチスクリーンなら、高画質な映像をそのまま9倍の大きさで表現できますし、9分割の画面で演出することもできます。単独でこれほどの大きさになるディスプレイはなかなかありませんし、私どもが求めているものとの費用対効果を考えて、NECさんのディスプレイに決めました」

「導入にあたり、もっとも気になっていたのはベゼル幅です。他社製品はベゼル幅が広く、中には4cmほどになってしまうものもあります。
その点、NECさんのディスプレイはベゼル幅が6.7mmしかなく、製品をひと目見たときにこれであれば行けると感じました」

『MultiSync® LCD-X461UN』の導入されてみての感想は?

稼働率のあまり高くなかった会場が一番人気のある会場に進化!

風景を9面マルチスクリーン
に映し、窓から見える景色
として空間を演出

ディスプレイが導入された「クリスタルヴィラ」は、これまでブライダル業界になかった世界を表現できるようになったという。音響”に視覚効果を加えた演出、映像を照明の一部として取り入れた演出など、『迎賓館TOKIWA』が演出のポイントと考える4大要素を、マルチスクリーンによる映像がさらに進化させたのである。

「私どもはブライダル専門の迎賓館なのですが、テーマパークのようなイメージで結婚式場を作っていきたいと考えております。人気のあるテーマパークを研究していても、映像演出の大切さを実感できました。披露宴だけでなく、スポーツバーのようにサッカーを観戦したり、オープンキッチンで料理を作っている様子をリアルタイムで映し出したり、その他にもいろいろな利用シーンを考えてディスプレイを導入した結果、「クリスタルヴィラ」は、もっとも人気のある会場となりました。本来は40名~50名様用の会場ですが、70名ほどの来賓が予定されているお客様からどうしてもこの会場を使いたいと仰っていただいたこともあります。
ハードの面でこれだけ充実しているのですから、映像を使った新たな演出を新郎新婦に提案するなど、今後はソフトの部分をさらに充実させていきたいですね」

画面の継ぎ目を感じさせないマルチスクリーンを構築したい →わずか6.7mm(マルチスクリーン構成時)のベゼル幅が、違和感の少ないシームレスな映像を実現 インパクトのあるハイクオリティな映像演出を提供したい →高輝度、高コントラスト比で見やすく、斜め方向から見ても美しい映像を再現できる高画質液晶パネルを採用 コストを抑えて大型のディスプレイを導入したい →大型ディスプレイよりも導入コストが低く、搬入・設置も容易な最大10面×10面のマルチスクリーンを構築可能

本事例に関するお問い合わせはこちらから

ページの先頭へ戻る