ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. NECの映像デバイス MultiSync & ViewLight
  4. 映像ソリューション
  5. インタラクティブホワイトボード Brain Board®
  6. 会議の問題点とは?
ここから本文です。

会議の問題点とは?

しかし、その会議自体が『大問題』・・・日々ワークフローの中で行われている“会議自体が非効率だ”という声をよく聞きます。
会議の問題点:「会議が多い」「時間が長い」「参加者が多すぎる」「段取りが悪い」「意見が出ない」「結論が出ない」このようなことに陥っていませんか?
「無駄な会議を無くせたら…」「会議のコストを削減できたら…」“大問題”となっている会議そのものを見直すために→ポイントは会議のプロセスをPDCAで回す。
会議のほとんどが人件費!? 例えば実働1ヶ月20日、1日8時間労働、参加者の年収600万円の場合…参加者1人あたり「1分約50円」「1時間で約3,000円」→進捗会議毎日2時間10名参加+月例会議6時間10名参加で…なんと!合計16,560,000円/年

会議を良くするためには!

【会議を良くするためには会議のプロセスをPDCAで回す。】マネジメントの基本であるPDCAサイクル[Plan(事前準備)-Do(会議)-Cheak(評価)-Act(改善)]を回すことで、より効果的に会議の目的を達成できます。
「ICT機器を活用しよう」発言やイメージもしっかり“見える化”しよう。会議のテンプレートを活用し大画面にビジュアル化することで情報を共有し、参加者の意思を統一
[Plan(事前準備):会議のアジェンダ(議題やゴール、役割分担などを決めていく。資料は事前に送る。]→[Do(会議)]→レビュー(承認)も忘れずに!自己満足型や結論のあやふやな会議はやめよう。→[Cheak(評価):会議後、課題がないか、今後のアクションプランと合わせて確認。]→[Act(改善):チェック後の改善策を次のプランに活かそう。決定事項のフォローも忘れずに。]
映像を活用した「会議効率化ソリューション」で問題点を解決しませんか?

会議のルール化とアイディア創出の環境づくり

無駄な時間とコストの削減

情報の可視化・共有化で社内の意思統一

ページの先頭へ戻る