ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. NECの映像デバイス MultiSync & ViewLight
  4. プロジェクター
  5. 超短焦点モデル
  6. ViewLight NP-UM352WJL
  7. スクリーンについて
ここから本文です。

ViewLight NP-UM352WJL

電子ペンを使用する際のご注意
スクリーンは、表面が比較的硬いハードタイプかつ表面がフラットなものを使用してください。また、スクリーンサイズは、100型以下のものを使用してください。
スクリーン面の材質によっては、電子ペンを接触した際に、スクリーン面に傷が付く場合があります。電子ペンを使用する前に、スクリーンの端などの目立たない部分で、電子ペンによって傷が付かないか試してください。
次のような所では使用しないでください。電子ペンが正常に動作しないことがあります。
  • スクリーン面やカメラユニットに直射日光が当たる場所
  • スクリーン面やカメラユニットに、ハロゲンランプやフィラメントタイプの電球などの光が当たる場所。
  • スクリーンの枠などに光を反射するような材質が使われている所
次のような場合は、電子ペンが正常に動作しないことがあります。
  • 赤外線リモコンを使用しているとき
NP-UM352WJLに適したスクリーンについて
適したスクリーン表面がフラットなパネルタイプのスクリーンを使用してください。
ロール式のスクリーンなど、スクリーン表面がたわんだり波を打ちやすいものは使用しないでください。投写した映像の歪みが大きくなります。
適したスクリーンスクリーンを真横から見て垂直になるように設置してください。
スクリーンが上方や下方に傾いていると、台形歪みが大きくなります。
適したスクリーン本機の場合、スクリーンサイズを大きくすると、投写位置が上方に移動します。そのため、高低の位置調整が可能なスクリーンを使用してください。
適したスクリーン高ゲインタイプのスクリーンは、本機には適していません。広視野角タイプでスクリーンゲインが1.0程度のもの(ホワイトマットタイプ)をおすすめします。
スクリーンゲインの値については、スクリーンのカタログなどで確認してください。
適したスクリーンスクリーンの外枠がスクリーン面よりも大きく前方に張り出している場合、スクリーンの外枠によって本機からの光がさえぎられてしまいます。
適したスクリーンリアスクリーンを使用すると輝度ムラなどが発生する場合があります。導入にあたっては、事前の確認をおすすめします。
適したスクリーンスクリーンには、照明など本機以外からの光が入らないほうが、ハイコントラストで美しい映像が見られます。
適したスクリーンスクリーンに汚れ、傷、変色などが発生すると、きれいな映像が見られません。スクリーンに輝発性のものをかけたり、傷や汚れが付かないよう取り扱いに注意してください。
NP-UM352WJLに適した置き台について
適した置き台本機の場合、スクリーンサイズを大きくすると、投写位置が上方に移動します。そのため、高低の位置調整が可能な置き台を使用してください。
適した置き台本機が水平に設置できる置き台を使用してください。

ページの先頭へ戻る