ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

MultiSync LCD1990SX-M/LCD1990SX(BK)-M

特長

電子カルテに求められる表示ムラを抑えた画像と長時間の注視にも配慮した様々な高画質機能、医用画像参照に求められるDICOM近似画像の表示を可能とした、高い品質水準を確保。左右、上下共に178°の広い視野角を持ち、斜めから見ても色味がほとんど変化しないだけでなく、中間階調の応答速度の低下が少なく、X線画像などの中間調を多用する動画もスムーズに表示するなど、精度の高い映像を再現します。

簡易DICOMモード対応

簡易DICOMモード対応

医用画像の階調特性としてスタンダードな基準となっているDICOM14の階調特性を予め製造工程内でプリセット。表示階調の統一を簡易的に行うことができ、DICOM形式で保存されている医用画像をも参照することができます。

データ管理用ソフトウェア「データ管理用ソフトウェア GammaComp® MD」対応

データ管理用ソフトウェア「データ管理用ソフトウェア GammaComp® MD」対応

定期的な表示品位確認(不変性試験)を行う際に便利な多機能データ管理用ソフトウェア「データ管理用ソフトウェア
GammaComp® MD」に対応。ガンマ特性や白色点、輝度などのキャリブレーションの実施および、その履歴管理なども簡単に行うことができます。

消費電力を低減し、ディスプレイを長寿命化させるPower Save Management Softwareに対応

パワーマネジメント機能(スクリーンセイバー連動)

パソコンのスクリーンセーバー機能が作動した時に、医用画像表示用ディスプレイのバックライトを消灯し、スクリーンセーバーから復帰した際に、バックライトを点灯させる、省電力管理ソフトウェアに対応。ディスプレイの消費電力を低減することができます。同様に特定のアプリケーションに連動してバックライトの点灯・消灯を制御することもできます。

パワーマネジメント機能(アプリケーション連動)

例えば、ディスプレイの3面構成(電子カルテ表示用1面、医用画像表示用2面)で、本ソフトウェアを、画像ビューワと連動するように設定した場合、電子カルテ用ソフトのみ起動した際は、医用画像表示用ディスプレイのバックライトは消灯、画像ビュ-ワの起動でバックライトを点灯し、医用画像を表示することができます。消費電力を低減するだけでなくバックライトの長寿命化と、表示品質の維持にも有効です。

輝度ムラだけでなく、色ムラも補正する 「ムラ補正機能(UNIFORMITY)」

ムラ補正機能(MURACOMP)

独自開発の「専用画像処理IC」搭載により、画像の輝度ムラ、色ムラ、ガンマムラを、5段階で補正できる「ムラ補正機能(UNIFORMITY)」を搭載。液晶パネル一枚一枚で微妙に異なる表示特性に応じた最適な補正値を、計測データをもとに一台ごとに設定していますので、液晶ディスプレイ上のどこに表示しても、均一性の高い表示性能が得られます。

より高精度なガンマ補正を可能にした 「12ビットガンマ調節機能」

RGB各色に12ビットのルックアップテーブルを採用することで、約679億6723万色中約1677万色の表示が可能。従来の「10ビットガンマ補正機能」(約10億6433万色中約1677万色表示)から進化したプロユースが求めるなめらかできめの細かい階調表現、正確な色の分解能力が向上しました。

長時間使用時に目への負担をやわらげる「オートデミング機能」

オートデミング機能

照度センサを内蔵することで、室内の明るさ・暗さに応じて輝度を最適な状態に自動調節する「オートデミング機能」を搭載。常に適確な輝度を維持しますので、長時間使用での目への負担をやわらげます。また、周囲の暗さに合わせて自動的にパワーセーブモードに入る「オフモード機能」も搭載。
※キャリブレーションを行った後、本機能を使用すると、キャリブレーションの効果はなくなります。

JESRA X-0093 対応

(社)日本画像医療システム工業会(JIRA)規格のJESRA X-0093(医用画像表示用モニタの品質管理に関するガイドライン)に対応した出荷試験を実施し、その出荷試験報告書を添付していますので、医療機関での品質維持活動の負担を軽減します。

「スーパースリムベゼル」採用

左右ベゼル幅14.9mm、上下ベゼル幅16.0mmの「スーパースリムベゼル」を採用。画面が見やすく、複数台並べて設置するマルチディスプレイ環境でも、ベゼル幅が目立たず邪魔になりません。

「クイックリリース機能」つきスタンド採用

スタンドについているレバーを操作するだけでスタンドの取り外しが可能。スタンドを外して設置する際などに、ネジを外す作業が必要ありません。

上下150mmの調節が可能な 「スタンド高さ調節機能」採用。

スタンド高さ調節機能

ユニークなスタンドとスリムな支柱を採用。ディスプレイの高さを最大150mm上下できる「スタンド高さ調節機能」で、ディスプレイをユーザーや使用環境に合わせた見やすい位置に設定できます。

タテ形表示を可能にする「ピボット機能」

ピボット機能

パネル部分を90°回転させるタテ形表示が可能。 タテ長の文書、画像やホームページの表示などに最適です。
※タテ形表示をご使用いただくためのソフトは添付しておりませんので、市販の専用ソフトまたはタテ形表示機能を持ったグラフィックボードを別途ご用意ください。

ユニークな操作ボタン配置

ユニークな操作ボタン配置

ベゼルの右下にコントロールボタンを配置し、直感的な操作を実現。また、「ピボット機能」時には上下キーと左右キーが入れ替わり、その利便性を損ない。

持ち運びに便利なハンドルを装備

パネル背面上部に、持ち運びに便利なハンドルを装備しました。

オプション

キャリブレーションセンサ LCD-MDSVSENSOR3 オープン価格
SpectraViewⅡ 希望小売価格 16,000円(税別)
医用画像/電子カルテ表示 液晶ディスプレイ用グラフィックボード [生産終了]
リトラクタブルセンサ/MD-N2M5B 希望小売価格 98,000円(税別)[生産終了]

ページの先頭へ戻る