ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. NECの映像デバイス MultiSync & ViewLight
  4. ディスプレイ
  5. デジタルサイネージ向けパブリックディスプレイ
  6. 高耐久タッチパネルモデル [V-Tシリーズ]
  7. LCD-V554-T/ V484-T/ V404-T
ここから本文です。

MultiSync LCD-V554-T/ LCD-V484-T/ LCD-V404-T

NECデジタルサイネージ(活用シーン・導入事例はこちら)

NEW

MultiSync® LCD-V554-T、LCD-V484-T、LCD-V404-T

  最大輝度(標準値) コントラスト比 応答速度 視野角 表示画素数
LCD-V554-T 440cd/m²(300cd/m²) 1200:1 8ms (G to G) 左右178° 上下178° 1920×1080
LCD-V484-T 440cd/m²(300cd/m²) 4000:1 8ms (G to G) 左右178° 上下178° 1920×1080
LCD-V404-T 440cd/m²(300cd/m²) 4000:1 8ms (G to G) 左右178° 上下178° 1920×1080

カタログ(PDF)

取扱説明書

三面図

仕様表

オプション

パブリックディスプレイ SupportPack

パブリックディスプレイ カスタマイズ製品

特長

厳しい環境下でも24時間連続使用に耐えうる高耐久設計

長時間の運用でもシミ・ムラへの耐性が優れたパネルを搭載。独自技術により、厳しい環境下でも安定動作し、24時間365日連続使用が可能です。

キズが付きにくく外光の映り込みを抑える保護ガラスを採用

保護ガラスイメージ(AGコート処理により蛍光灯の映り込み軽減)

衝撃やキズに強い4.0mm厚の保護ガラスを採用しました。ガラス強度130cm、ガラス表面硬度6Hで、タッチ操作による画面表面へのキズ付きから保護します。また、指滑りが滑らかな片面AGコート処理と440cd/m²の高輝度により、明るい場所でも見やすく周囲からの映り込みを抑えます。

  • 本装置画面中央に500gの鉄球を落としても割れない距離の目安。

滑らかなタッチ操作が、さまざまなサイネージに対応

マルチタッチジェスチャーイラスト

赤外線走査方式のタッチセンサを内蔵しています。多点入力が可能なアプケーションでは最大10点のマルチタッチジェスチャー(タップ、ダブルタップ、パン、ピンチ、スプレッドなどのマルチタッチデバイスを操作するために標準化された動作)が可能です。指やペンだけでなく、手袋をしたままでも操作することができます。

  • Windows 7 以降使用時において最大10点、使用状況によって制限があります。

スムーズに書き込める「スタイラスペン」を標準添付

スタイラスペン画像

スタイラスペンを4本標準添付しています。スタイラスペンを使用することで、画数が多く細い線となりがちな日本語の書き込みもスムーズに行えます。また、スタイラスペンには、電池などの電源は必要ありません。

電子黒板用ペンソフト「PenPlus for NEC」に対応

ペンツール

電子黒板の特長を生かしたソフトウェアです。会議・プレゼン・授業で活用できます。

使いやすいツールバー
  • 電子黒板に資料や教材を表示し、自由に書き込めます。
    ペン・マーカーや拡大表示も可能です。
  • Word、Excel、PowerPointのOffice資料への書き込みもそのまま保存できます。

会議での使いやすさにも配慮した、
NECの 55型/48型/40型 インタラクティブホワイトボード

フレキシブルに移動できるスタンドや机上設置などを、利用シーンに合わせて選択できます。


[V-Tシリーズ]ベースモデル

音声再生に便利な高出力10W+10Wステレオスピーカを内蔵

本体背面に10W+10Wの高出力ステレオスピーカを内蔵していますので、音声付きのデジタル広告などにも対応し、デジタルサイネージの演出効果を高めることが可能です。また、テレビ会議でのディスプレイなど、オフィスでの用途にもお使いいただけます。

タッチサイネージに適した縦置き設置にも対応

縦置き設置イメージ

ディスプレイ本体は縦置き設置にも対応(時計回り90°)しているため、電子案内板としてのインタラクティブサイネージなど、使用用途が広がります。またベゼル幅も上下と左右でシンメトリー(対称)となり、ディスプレイに設定画面を表示するメニューの回転機能も搭載しています。

横置き・縦置き設置に対応したロゴ位置変更可能ベゼル

ロゴ位置変更可能ベゼルのイメージ

横置き・縦置き設置のどちらの方向にも対応できるロゴ位置変更可能ベゼルを採用しました。また、公共性の高い場所におけるロゴオーナメント化にも対応しています。

コントロールボタンで直観的なOSD操作が可能

OSD機能(On Screen Display)の操作はディスプレイ背面のコントロールボタンで行います。ボタンは上下左右に動き、ディスプレイ右下面にキーガイドが表示されるため、直観的な操作を行うことが可能です。

コンテンツを組み合わせて番組を制作し、配信してディスプレイに表示できる、多機能メディアプレーヤを内蔵

市販のUSBストレージデバイスやmicroSDメモリーカードに保存した画像や動画を再生・表示ができるメディアプレーヤ機能を内蔵していますので、タッチディスプレイとして使用しない際に、サイネージとして活用することができます。

  • ご注意:内蔵メディアプレーヤとタッチ入力は連携していません。

「スライドショー表示」や、電源ON時に自動再生する「オートプレイ表示」などが可能です。また、オーサリングソフトウェアで作成したコンテンツの再生もできます。

  • メディアパッケージ表示:オーサリングソフトで作成したコンテンツを再生します。
  • スライドショー表示:選択フォルダ内の静止画&動画の表示を手動/自動再生します。
  • オートプレイ(自動再生)表示:電源ON時に、メディアプレーヤ入力選択の場合、自動再生します。
  • プリセットコンテンツ表示:信号入力が無くなった場合、選択フォルダ内を再生します。
  • エマージェンシーコンテンツ表示:コマンド指示で当該フォルダ内を再生、電源OFF以外を禁止します。
  • 認識できるUSBストレージデバイスは1つです。
  • microSDメモリーカードは32GBのmicroSDHCまで対応しています。
  • 市販されているすべてのUSBストレージデバイスやmicroSDメモリーカードの動作を保証するものではありません。
  • メディアプレーヤ機能の表示・動作については、お客様がご利用されるコンテンツで、事前にご確認ください。

オーサリングソフトウェアは無償にてダウンロードできます。

動画と静止画を組み合わせた 効果的なコンテンツ作成が可能

コンテンツ作成の例

オーサリングソフトウェアを使って、動画・静止画・テロップ・音声などのコンテンツを組み合わせて、番組を作成することができます。レイアウトパターンから選択したり、レイアウトのテンプレートを編集するなど、ご希望のレイアウトで番組を作成することができますので、設置する目的に合わせた、効果的な情報の発信が行えます。

レイアウト例

レイアウト例イメージ

オーサリングソフトウェアで利用可能なコンテンツファイル
ファイル形式 拡張子
静止画 .png、.jpg
動画(最大解像度:1920×1080) .wmv、.mpg、.mpeg、.mp4、.mov、.flv、.f4v
オーディオ .mp3、.wav
  • ファイルによっては、使用できない場合があります。

表示時間を設定できるスケジュール機能

スケジュール機能は、時間を決めてコンテンツを表示する機能です。作成した番組は、毎日はもちろん特定日時の番組スタート・終了時間の設定ができます。

配信する曜日の設定が可能

平日の客層向け※画像はイメージです。

レイアウト例

スケジュール設定が可能

スケジュール設定

高い精度で色を再現するSpectraView®エンジン

3次元ルックアップテーブル/SpectraView® エンジン

3次元ルックアップテーブルと独自の色変換アルゴリズムを搭載することで、より正確な色再現を行います。画質設定ごとのキャリブレーションを行うことなく、sRGBをはじめ業界標準とされる様々な色域を表現できます。また、用途に応じた複数の表示設定を「ピクチャーモード」として工場出荷時にプリセットしていますので、メニューから選択することですぐに利用できます。

DC電源供給ポートを装備

電源供給専用のUSBポートを装備しました。これまでACアダプタを必要としていた、当社スティック型メディアプレーヤMP-02や、ワイヤレスプレゼンテーションツールMultiPresenter® Stick DS1-MP10RX3への電源供給(2A)が可能になります。

  • このUSBポートを使用した通信はできません。

広色域10ビットカラーパネルとHDMI®端子を装備

RGB各色10ビットの広色域カラーパネルを採用。HDMI®端子からの10ビットカラー入力にも対応しており、約10億7,374万色の色数を表示できます。

周囲の明るさに合わせて輝度を自動調節する外光センサ

外光センサモード

周囲の明るさを検知して、ディスプレイの明るさを設定した輝度に自動調節します。周囲が明るい時、および暗い時のそれぞれの輝度を設定することにより、お使いの環境に適した輝度に自動的に調節できます。空間の明るさに応じた輝度を保ち、優れた視認性と省エネを両立します。

人の動きに応じた動作を設定できる人感センサ(オプション)に対応

人感センサ内蔵リモートコントロールキット(KT-RC2)

オプションの人感センサ内蔵リモートコントロールキット(KT-RC2)を使用すると、人の動きを感知して表示画面や音声を自動でON/OFFできます。デジタルサイネージなどにおいては、不要な電力の削減に貢献します。更に、カスタム設定においては、表示コンテンツの切替えや画面の輝度、音量の調節など細かな設定が可能です。

人感センサの使用例

電源OFFの状態でも設定変更できる Intelligent Wireless Dataを搭載

ディスプレイ本体に内蔵した近距離無線のNFCセンサへスマートフォンやタブレットPC(互換NFC内蔵モデル)をかざすことで、たとえディスプレイが電源OFFの状態でも、ディスプレイの設定情報、動作ログの読み出し、書き込みが可能です。複数のディスプレイを一括設定(コピー)する場合に便利です。また、電源が入らない、画面が出ない等の不具合発生時においても、個体情報を読み取ることにより、迅速にサービスサポートを受けることができます。ご利用の際は端末に専用のアプリケーションをダウンロードする必要があります。

表示状態のセルフチェック「Proof of Play機能」を搭載

ディスプレイの正常・異常動作と映像表示の履歴を残し、外部制御(RS-232C/LAN)による操作で、履歴データを読み出すことができます。セルフチェックによる7つの項目の履歴から、不具合発生前後の表示状態を確認することができます。

チェック項目 通知メッセージ例
選択されている映像入力 HDMI1
入力信号の解像度 1920×1080
選択されているオーディオ入力 HDMI1
入力されているオーディオ信号の有無 IN1
映像の出力状態 Normal Picture
オーディオの出力状態 Normal Audio
チェックを始めてからの積算時間 2014/1/1/0h/0m/0s
拡張データ一覧 10h: MEDIA PLAYER is stop

NaViSet Administrator 2 対応(無償ダウンロード)

NaViSet Administrator 2 ロゴマーク

NEC製ディスプレイおよびプロジェクターの運用や資産管理が、ネットワークベースで可能なソフトウェアです。

  • 運用状態のコントロール設定をネットワークでモニタリング
  • デバイスの診断機能によりエラー発生時にメールで通知
  • ネットワーク上のPC(Windows)、ディスプレイ内蔵のOPSコントローラの運用状況をモニタリング
  • 資産管理、運用状態、コントロール設定などの情報をエクスポート可能

NaViSet Administrator 2 パブリックディスプレイ基本構成例

電源ON/OFFを自動管理するスケジュール設定

日付/毎日/毎週/平日/週末/休日の中から選択し、時刻を指定することで自動的に電源をON/OFFできるようになります。スケジュール設定は、最大30件設定することができます。

スタイリッシュデザインのテーブルトップスタンド(オプション)

テーブルトップスタンド画像LCD-V484-T
スタンド取付イメージ

店内環境やオフィス環境にも調和するスタイリッシュデザインの自立スタンド(ST-401)をオプションとしてご用意いたしました。

入力信号の切り替えスピードが選択可能

映像の切り替えを高速で行う「高速モード」を搭載。切り替え時に黒いMUTE画面を表示しない「スーパーモード」も選択できます。

<入力切替モード>

  • 通常:通常のスピードでも映像切り替え(全ての入力間)
  • 高速モード:「通常」よりも高速で映像切り替え(全ての入力間)
  • スーパーモード:瞬時の映像切り替え(選択された2つの入力間、HDCP付信号も対応)

各モード画面切り替えスピードイメージ

  • スーパーモード選択時は入力信号が2種類固定となります。

映像を上下・左右で反転できる「映像反転機能」

画面上のコンテンツを反転、回転させることができ、シミュレーションや特殊効果など、映像表現の活用範囲を広げることができます。

映像反転機能

幅広い信号をカバーする様々な入力端子を装備

パソコン信号用のDVI-DやミニD-SUB15ピン端子やHDMI®入力、DisplayPortも装備しており、業務用途に適した仕様です。

入力端子

オプション

  • ※1OPSまたは内蔵スピーカを使用する場合は、ウォールマウントアダプタ(添付品)を使用します。
  • ※2ディスプレイをスタンドに取り付けるには、ST-WT10-300が別途必要です。
  • ※3ビデオ・エクステンダ 受信器[SB-07BC]と組み合わせて使用します。

ページの先頭へ戻る