大容量と高速化を両立するSSHDを選択可能

ハードディスク内にキャッシュ用のフラッシュメモリを搭載することで、大容量ハードディスクでありながら高速データアクセスを可能にするSSHDを選択可能です。

【画像】SSHD