各種パスワードの安全管理を可能にするセキュリティチップ(TPM)

セキュリティチップ(TPM)を標準搭載。さらにCPUの機能によるインテル® PTTにも対応(TPMとインテルPTTはどちらか片方のみ利用可能)し、従来はHDD/SSDに格納していた認証に用いる暗号キーなどの情報を、より安全に格納・管理することが可能。多様なセキュリティ機能と連携し、複数のパスワード管理を容易化したり、内蔵HDD/SSD内の暗号ファイルへの不正アクセス防止に有効です。