タッチ操作を補助する便利なソフトウェアを添付

タブレットPCのキーボードレス操作を補完する、便利なソフトウェアを複数添付。「フリック入力補助ツール」はワンタッチでショートカットキー操作が行えます。また、「拡張ディスプレイ操作ツール」では接続した外部ディスプレイの操作をタブレットPCから行うことができます。

【画像】クリック操作イメージ

フリック入力補助ツール

フリック入力補助ツールでは、これまでソフトウェアキーボードでは操作の難しかった、コピーやペースト、ウィンドウの最大/最小化、特定フォルダを開く等の動作を、ワンタッチでショートカットキー操作などが行えます。

【画像】フリック入力補助ツールイメージ

拡張ディスプレイ操作ツール

拡張ディスプレイ操作ツールでは、これまで操作の難しかったタブレットPCからのデュアルディスプレイ操作が、まるでノートパソコンのタッチパッドがついているかのように操作できます。

タブレットPC画面に表示されるタッチパッド状のインターフェイスから、二台目ディスプレイ側表示領域のカーソルが操作可能。右クリック、左クリックも画面上のボタンより可能。
マウスやキーボードなどの用意なしでも、卓上でのディスプレイ接続やプレゼン等でのプロジェクタと接続する場合に、ノートパソコンと同じ操作感でデュアルディスプレイ操作が行えます。また、タッチパッド状のインターフェイスの上にファイルをドラッグ&ドロップすることで、簡単に拡張ディスプレイ側にファイルを開く事も可能。プレゼンテーション中のファイル切替なども行えます。