ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. パソコン/ワークステーション/タブレット
  4. ビジネスPC(法人向け)
  5. 保守・保証サービス
  6. ファイナンスリースに保守パッケージ製品を適用する場合の注意事項について
ここから本文です。

ファイナンスリースに保守パッケージ製品を適用する場合の注意事項について

(1)リース解約ペナルティについて

リースを中途解約し、解約時点で未実施の保守期間があっても、PC本体と同様に保守パッケージ製品にも解約ペナルティが発生します。

  • 保守パッケージ製品は決められた一定期間の保守サービスを買い取っていただくため、料金は返金いたしません。各製品に同梱の「ご利用の手引」を参照願います。

(2)ユーザ登録時のご注意

お客様登録の際の「ご契約者」欄には、リース会社名を記載して下さい。

(3)サービス開始時期

保守パッケージ製品のサービス提供期間は、対象機器の保証開始日(ご購入日)が起点となります。お客様登録カードのご購入日欄はリース開始日となります。

(4)保守パッケージ製品単独でのリース

保守パッケージ製品単独でのリースは出来ません。対象となるPC本体と同時のリースしてください。

(5)対象機器のリース期間と保守パッケージ製品のサービス期間について

対象機器のリ-ス期間分の保守パッケージ製品をご選択ください。

  • 保守パッケージ製品による保守期間がリース期間よりも短い場合、リース期間中であっても途中から保守サービスが受けられなくなります。

前のページに戻る

ページの先頭へ戻る