ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. パソコン/ワークステーション/タブレット
  4. ビジネスPC(法人向け)
  5. 利用支援サービス
  6. PCカスタマイズサービス
  7. スタート画面設定変更サービス
ここから本文です。

スタート画面設定変更サービス

Windows 8.1 Pro/Windows 8.1 Pro Updateプリインストールモデルで、スタート画面の設定を変更して出荷いたします。

サービス名 型番 標準料金(税別) 作業時間 利用可能台数
スタート画面設定変更サービス PC-CM-A057 2,000円/台 3営業日 1台から

サービスの条件

  • PCカスタマイズサービスのご利用にあたっては、事前に必ず約款をご確認いただき、サービス内容に合意いただく必要があります。
  • 「サービスに関する注意、制限」もご確認のうえ、注意や制限などをあらかじめご承知おきください。

【スタート画面設定変更サービス仕様】

  • 本サービスは、Windows 8.1 Pro/Windows 8.1 Pro Updateに用意されている以下の4つの設定を予め変更して出荷します。
    • サインイン時または画面上のすべてのアプリを終了したときに、スタート画面ではなくデスクトップに移動する(※)
      ※注意!本項目は、
      ・2013年秋モデル(世代H)
      ・2014年春モデル(世代J)以降のタブレットPC(タイプVZ、タイプVT、タイプVS)
      のみ対象です。2014年春以降のタブレットPC以外のモデルでは、標準状態で
      設定済となっております。
    • 「スタート画面への移動時にアプリビューを自動的に表示する」を有効にする
    • 「アプリビューからの検索時にアプリだけでなくすべての場所を検索する」を有効にする *1
    • 「アプリビューをカテゴリ順に並べ替えたときに、デスクトップアプリを先頭に表示する」を有効にする。(※)
      ※注意!本項目は、
      ・2014年春モデル(世代J) のタブレット(タイプVT)
      のみ対象です。2014年秋以降のモデルでは、標準状態で設定済となっております。
  • 本サービスは、初回セットアップ前の状態での納品となります。
  • 本サービスは、デフォルトユーザープロファイルの設定を変更します。これにより初回セットアップ時、およびその後の新規ユーザ追加時は、本サービスで指定の設定が有効となります。
  • 本サービスのみでは、HDD内に格納される再セットアップ用領域または添付の再セットアップ用媒体を用いて再セットアップを行うと、本サービス適用前の通常の工場出荷時に戻ります。サービス適用後の状態に戻す場合には、本サービスと併せて「復旧用バックアップDVD作成サービス(1台目用/2台目以降用)」をご利用ください。

  • *1:本項目は、「スタート画面への移動時にアプリビューを自動的に表示する」が有効な場合のみ設定可能です。

サービスに関する注意、制限

  • 本サービスのみでは、OSの初回セットアップ前の状態での納品となります。ただし他のサービスと組み合わせた場合、組み合わせたサービスの仕様上初回セットアップが行われた状態で納品される場合があります。
  • 弊社における設定操作と動作確認の作業を行う際、本体に添付されるキーボード/マウス/ディスプレイは利用せず、カスタマイズ作業専用の機器を利用するため、オペレーティングシステムの履歴情報に本体添付と異なる機器の接続情報が記録されることをご承知おきください。
  • PCが初期故障(ご購入後2週間以内の故障)の場合、交換時のご指定に設定変更を実施します。ご指定頂かない場合には、交換PCへの設定変更は実施致しません。
  • タイプVTで本サービスをご利用の場合、内蔵フラッシュメモリの暗号化ドライブを解除致します。暗号化が必要な場合は、納品後に下記Microsoft社Webページを参考に「デバイスの暗号化」を実施してください。

    BitLockerの新機能
    [NEW WINDOW] https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dn306081.aspx
     →デバイスの暗号化
      →デバイスの暗号化を有効または無効にするには

ご参考:本サービスで設定する項目

  1. 「サインイン時または画面上のすべてのアプリを終了したときに、スタート画面ではなくデスクトップに移動する」

    OS初期値では起動時やAP終了時は「スタート画面」を起動

    本設定を行うことで、「デスクトップ」を起動

  2. 「スタート画面への移動時にアプリビューを自動的に表示する」

    OS初期値ではキーボード上の「スタートキー」を
    押下した際に「スタート画面」を起動


    スタート画面ではなく「アプリビュー」を起動する

  3. 「アプリビューからの検索時にアプリだけでなくすべての場所を検索する」

    OS初期値では「ストア アプリ」(Windows 8の新しいユーザインタフェースに対応したアプリ)のみが検索対象


    検索範囲が「すべての場所」となりデスクトップアプリ(デスクトップ画面で利用するアプリ)も検索対象となる。

  4. 「アプリビューをカテゴリ順に並べ替えたときに、デスクトップアプリを先頭に表示する」

    OS初期値はストア アプリを優先   →  デスクトップアプリが優先表示となる

ページの先頭へ戻る