ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. パソコン/ワークステーション/タブレット
  4. ビジネスPC(法人向け)
  5. 利用支援サービス
  6. PCカスタマイズサービス
  7. HDDマスターコピーサービス
ここから本文です。

HDDマスターコピーサービス

お客様にて、マスターとなるPCを作成いただき、そのHDDの内容を同一機種に展開いたします。
HDDイメージは、適用対象となる機種の受注(出荷)停止まで保管しているため、PCの大規模展開時の分割納入や標準PC商談等、都度発注の本体で採用いただくと利便性が高いサービスとなります。

  • OSダウングレード代行サービスとの同時発注はできません。
  • 本サービスは、FOMA® ハイスピード対応モデルではご利用できません。
  • 本サービスは、以下のサービスと同時にはご利用できません。
    • HDD領域設定変更サービス
    • Windowsアップデートサービス
    • アプリケーションインストールサービス(SBC)
    • XPモードインストールサービス
    • Windows 7 SP1インストールサービス
    • OSダウングレード代行サービス
  • 本サービスは、Windows® 7 Professional 64ビット 正規版プリインストールモデルではご利用できません。
品名 型番 標準料金(税別) 作業時間 利用可能台数
HDDマスターコピーサービス PC-CM-A009 3,000円/台 初回ご注文時:1営業日
追加ご注文時:0営業日
以降の商談を
含めて50台以上

HDDマスターコピーサービス(PC-CM-A009)の後継サービスについて

本サービスには、2011年7月1日より、後継サービスとして、「HDDマスターコピーサービス 初回マスター用(PC-CM-A042)」「HDDマスターコピーサービス リピートオーダー用(PC-CM-A043)」が用意されております。新規ご注文の際には、この後継サービスをご利用願います。
なお、本サービスは、現在継続中の案件及び、過去に本サービス(PC-CM-A009)にてマスターPCの「長期保存希望」を指定いただいた際の追加発注時にご利用ください。

サービスの条件

  • PCカスタマイズサービスのご利用にあたっては、事前に必ず約款をご確認いただき、サービス内容に合意いただく必要があります。
  • 今後の商談を含めて総展開数が50台以上見込める場合のご利用とさせていただきます。
  • マスターとなるPCの工場送付について
    • 初回PC納品予定日の7営業日前までに弊社生産工場へ送付ください。
      なお、注文台数が多い場合やその他の理由により、7営業日前より早期に送付していただく場合があります。
    • マスターPCの到着が遅延した場合、作業着手も遅延するため、初回納品日が自動的にスライドします。(追加注文時は、工場に保管しているHDDイメージを適用するため、遅延は発生しません)
  • マスターとなるPCにインストールされているオペレーティングシステム(OS)やアプリケーション、ユーティリティ等のソフトウェアライセンスに関しましては、弊社は一切関知いたしません。本サービスを依頼される前に必ずコピーする台数分のライセンスの入手をお願いいたします。
  • マスターとなるPCのパスワードや暗号化などは解除して弊社へご提供をお願いいたします。
  • マスターとなるPCの管理者名及びパスワードは、下記弊社指定値で設定ください。納入後、お客様でご変更ください。(コピー作業後、OSログイン後の状態の照合のため)

    <弊社規定値>
    管理者名:NEC_PCUSER
    パスワード:(無し)
    また、マスターPCのOSがWindows Viata®およびWindows® 7の場合、弊社にて「規定値で初回セットアップする」を選択するとOSの仕様のため、「NEC_PCUSER2」というユーザで初回セットアップを実施させていただきます。納品後同様にお客様にて削除・変更をお願いします。

    <弊社規定値>
    ユーザ名:NEC_PCUSER(Windows® XPの場合)
    パスワード:(無し)
    NEC_PCUSER2(Windows Vista® 、Windows® 7の場合)
    パスワード:(無し)
  • HDD内の256MB以下のパーティションは正常にコピーされないため、もし該当するパーティションが存在する場合は、マスターPC作成時にこのパーティションを削除してください。

    <削除方法>
    1. 管理者権限でログイン
    2. [コントロールパネル]→[管理ツール]→[コンピュータの管理]→[ディスクの管理]を選
    3. 該当するパーティションを削除する。
  • ご提供いただくマスターPCにお客様であらかじめSysprepを適用される場合は、Sysprepは1回のみとしてください(Sysprep未適用でHDDコピーを行うと、SIDなどの本来は装置毎に別々のIDが同一のままコピーされます)。Sysprepについてはこちらをご参照ください。
  • OSがWindows® XPで、お客様にてSysprepのminisetupを適用したマスターを作成される場合は、「応答ファイル」に下記の通り設定いただきますようお願いします。
    • OS ProductID :
      • ボリュームライセンスのOSを用いた場合:
        ボリュームライセンスのプロダクトキー
      • 工場出荷時にインストールされているOSを用いた場合:
        Windows® XP Professional MVF4D-W774K-MC4VM-QY6XY- R38TB
    • 管理者名及びパスワードは、下記弊社指定値で設定ください。納入後、お客様でご変更ください。

      <弊社規定値>
      管理者名: NEC_PCUSER
      パスワード:(無し)
    • その他詳しくはマイクロソフトのホームページをご確認ください。
  • 「サービスに関する注意、制限」もご確認のうえ、注意や制限などをあらかじめご承知おきください。

サービスに関する注意、制限

  • OSダウングレード代行サービスとの同時発注はできません。
  • 初回発注時のみ、マスターPC確認のため、1営業日いただきます。次回以降の発注では、保管マスターを利用するため、0営業日での出荷となります。
  • マスターとなるPCの動作確認はお客様におきまして、十分に行っていただきますようお願いいたします。特にHDDのコピーを受けたPCの出荷後の再コピーは出来ませんのでご注意ください。
  • 本サービスの作業範囲は、HDD内容のコピーとOSの起動確認までです。ネットワーク設定などインストール後の作業は行いません。ネットワーク設定が必要必要の際には併せて「個別ネットワーク設定サービス」をご利用ください。「個別ネットワーク設定サービス」をご利用しないで「初回セットアップを行う」を選択された場合には、「コンピュータ名= COMPUTERNAME 」、「ユーザー名=NEC_PCUSER(マスターPCのOSがWindows® XPの場合)、 NEC_PCUSER2(マスターPCのOSがWindows Vista®・Windows® 7の場合)」でセットアップを行います。
  • Windows® 7 にXPモードをインストールしたマスターを提供いただく場合、本サービス内で「弊社にてSysprep適用を希望する」を選択いただいても、XPモードに対するSysprep適用は行いません。
    お客様にて、XPモードに対しても、Sysprepを含めた設定およびマスター展開後の環境に対して動作上問題が無い事を事前に確認願います。
  • 弊社における設定操作と動作確認の作業を行う際、本体に添付されるキーボード/マウス/ディスプレイは利用せず、カスタマイズ作業専用の機器を利用するため、オペレーティングシステムの履歴情報に本体添付と異なる機器の接続情報が記録されることをご承知おきください。
  • お預かりしたマスターPCの内容に関しては、該当機種の販売期間中は保存いたします。(ただし、マザーボードなどのリビジョン変更などにより保存してありますマスターPCの内容が適用できない場合があり、その場合には改めてマスターPCのご提供が必要となる可能性がありますことをあらかじめご承知おきください)
  • ボリュームライセンスのOSなどプリインストールでないOSでマスターPCを作成される場合は、添付アプリケーションや一部機能が使用できないなど、いくつか制限事項があります。必ずご注文の前に、「各OS用ドライバ検索ページ」より対象装置をお選びいただき、「インストール可能OSをご利用になる前に必ずお読みください」をご覧になり、制限事項を確認ください。
  • 弊社にご提供いただいたマスターとなるPCに異常・故障がある場合は、お引き受けできませんので予めご承知おき願います(マスターPCは、そのままの状態で返却させていただきますので、別途お客様より修理をご依頼願います)。本サービスを「BIOS設定変更サービス」と同時にご利用の場合には、マスターとなるPCのBIOS設定を「BIOS設定変更サービス」で選択する内容に変更をした状態での動作確認をお願いいたします。
  • 2台のHDDが内蔵された装置では、1stHDDのみが本サービスの対象となります。(2ndHDDのコピーは行いません)
  • 本サービスをご利用いただくと、OSがWindows Vista®の場合HDD内の再セットアップ用バックアップイメージの領域にドライブ文字が付与されます。 これにより、DVD-ROMドライブなどのドライブ文字がずれる場合があります。DVD-ROMドライブのドライブ文字を本サービス無しでの出荷時と同等とするためには、お客様で下記の作業が必要となります。

    <作業内容>
    初回セットアップ後、管理者権限でログインし、[コントロールパネル]→[管理ツール]→[コンピュータの管理]→[ディスクの管理]から[再セットアップ領域]を隠し領域に設定し、DVD-ROMドライブのドライブ文字の設定を変更。
  • Windows® XPで本サービスをご利用の場合、OS初回起動時のユーザアカウント設定画面が省略され、弊社規定値のユーザアカウントが登録されたままとなります。このため、納入後、お客様でご変更ください。

    <弊社規定値>
    管理者名:NEC_PCUSER
    パスワード:(無し)
  • Windows® 7およびWindows Vista®で本サービスをご利用の場合、OS初回起動時に通常の初回起動時と同様にユーザアカウント設定画面が表示され、ユーザ名の入力が必要となりますが、これとは別に弊社規定値のユーザアカウントも登録されたままとなっております。このため、納入後、お客様でご変更ください。

    <弊社規定値>
    管理者名:NEC_PCUSER2
    パスワード:(無し)
  • Windows Vista®で本サービスをご利用時にSysprepの適用を実施した場合、 Windows Vista®の仕様により、後1回のみSysprepを適用可能となります。Sysprepについては「Sysprepについて」をご覧ください。
  • セキュリティチップユーティリティをインストールしたマスターをご提供いただく場合、セキュリティチップの初期設定は、納入後お客様で実施をお願いします。
    なお、マスターPCで設定いただいたセキュリティチップの設定内容を、コピーされたPCに反映させる場合には、
    • マスターPCでセキュリティチップの設定のバックアップファイルを作成
    • コピーされたPCで、上で作成したバックアップファイルを用いて設定の復元
    をしていただく必要があります。
  • お客様のご都合により、マスターとなるPCのご提供後、本サービスのご注文をキャンセルされる場合には、送料お客様ご負担にて返送させていただきます。
  • HDD故障など保守でOSを再インストールする場合は、本サービス適用前の環境(プリインストールOS)となります。サービス適用後の状態に戻す場合には、本サービスと併せて「復旧用バックアップ DVD 作成サービス(PC-CM-A011)」をご利用ください。

Sysprepについて

SysprepとはMicrosoft社より提供されているSystem Preparationツールを指し、OSのイメージング(複製)を行う際に、主としてユーザやグループ、コンピュータを識別するSID(SecurityID)の重複を避けるための準備ツールとして使用されます。
Sysprepは使用者の責任に置いて利用可能な未サポートのツールであり、Microsoft社やNECからのサポートはありません。
Sysprepは、複数の同一なハードウェア構成のPCにWindowsを展開する必要がある場合に、1台のPC上でマスター用の初期セットアップを行った後、Sysprepを実行することで、複製用の環境を用意できます。
複製用の環境をイメージング(複製)することにより、セットアップ先のPCが初めて再起動したとき、Sysprepによって、各PCに一意のセキュリティID(SID)が割り当てられます。

SysprepについてはMicrosoft社サイトをご参照ください。
Windows® XPの場合は下記URL
http://www.microsoft.com/japan/windowsxp/pro/using/itpro/deploying/introduction.aspp

本サービス内で、「弊社にてSysprep適用を希望する」を選択された場合、各OSでのSysprepの適用内容は下記になります。弊社での適用はSIDの変更のみを目的としており、Sysprep適用で発生する諸々の現象は事前にお客様にてMicrosoft社サイトをご確認ください。

  • Windows® XPの場合
    sysprep.exe -reseal の実施。
  • Windows® 7の場合・Windows Vista® の場合
    sysprep.exe /generalize /oobe /shutdown /unattend:unattend.xml の実施。
    unattend.xmlの設定内容
    • PnPデバイスドライバを削除しない。
    • 言語および国地域の選択:日本。
    • 日付と時刻の設定:東京。

また、 Windows® XPの場合はSIDだけではなく、ネットワーク設定もクリアされます。Sysprep適用後の初回起動では、OSのセットアップウィザードが立ち上がりますので、これらのクリアされた情報は初回セットアップの中またはその後で設定します。
本サービスでは「初回セットアップを行う」または「初回セットアップを行わない」を選択することが出来ます。「初回セットアップを行う」を選択された場合には、以下の当社規定値でセットアップを完了させていただきます。

  • ネットワーク設定:(未設定)
  • ユーザ名:
    マスターPCのOSがWindows® XPの場合:NEC_PCUSER
    マスターPCのOSがWindows Vista®・Windows® 7の場合:NEC_PCUSER2*
  • パスワード:なし(空欄)
  • コンピュータ名:COMPUTERNAME
  • *:マスターとなるPCのOSがWindows® 7もしくは、Windows Vista®の場合、Sysprep前に登録する管理者ユーザ名にNEC_PCUSER2を使用しないでください(同名のユーザで初回セットアップが出来ないため)。

またSysprepを適用する前から存在するユーザ(Administratorなど)ではOutlook/Outlook Expressのメールパスワードが保存されないという現象が下記に報告されています。
下記サイトでは、Outlook Expressのみの記載となっておりますが、Outlookでも現象が起こることが確認されております。
本現象を回避するには、 Sysprep実行後に「個別ネットワーク設定サービス」またはお客様におきまして新しいユーザを登録する、もしくはお客様におきましてMicrosoft社サイト(http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;416033)に記載の手順を実施する必要があります。
その他にも、Sysprepを適用することによって起こる現象が報告されています。
SysprepをマスターPCに適用するにあたっては下記のサイトやMicrosoft社のサイト(http://www.microsoft.com/japan/)で"Sysprep"を検索して表示される情報をお読みになり、Sysprepの役目/影響などを十分にご理解いただくことをお奨めいたします。

ページの先頭へ戻る