NEC 学校ICT推進ソリューション

NECは自治体ごとの教育方針や状況に合わせた最適でスムーズな導入を支援。1人1台タブレットに向けてステップアップできる4つの導入スタイルをご提案します。

タブレットPCをコンピュータ教室に導入。普通教室に持ち出しての利活用など、新しい学校ICT環境を実現します。

コンピュータ教室の子ども用の端末をWindows搭載のタブレットPCにすることで、従来のコンピュータ教室で行っていた「学び」を継続できます。さらに、タブレットPCを持ち出せば、普通教室での協働学習や学校外での課外学習の実施など、「学び」におけるICT機器の利活用シーンが広がります。1クラス分のタブレットPC環境の整備は、将来の1人1台タブレットPC環境の構築につながります。

導入における利用効果

既存のPC教室の資産(机や椅子、配線など)を活かしながら端末としてタブレットPCを導入。
タブレットPCにキーボードとマウスを接続することで、これまで通りPC教室での授業に活用できます。
従来より行ってきた情報リテラシー教育を継続して行うことができます。

PC教室に整備したタブレットPCを普通教室に持ち出しての授業も可能です。普通教室の授業でICT機器を利活用することで、子どもたちがICT機器に触れる機会を増やすことが可能となります。
さらに1クラス分のタブレットPCを活用した普通教室での授業以外にも社会科見学での持ち出し学習などにも活用できます。

導入事例

墨田区教育委員会

普通教室での利用も考え、持ち運びに便利なタブレットPCを採用

コンピュータ教室だけで利用するのではなく、普通教室や体育の授業で利用するなど、いろいろなシーンでの活用を考え、タブレットPCを選択しました。さらに、大画面でありながら軽量ということが大きなポイントになりました。

詳しくはこちら

普通教室でのICT活用をまず先生からスタート。電子黒板&タブレットPCを用いた授業を実現します。

将来の普通教室でのICT機器の利活用に向け、まずは先生が電子黒板やタブレットPCを使った授業を実現できます。ICT機器を利用することで、電子教材の動画や音声を取り入れた授業が可能となります。また、タブレットPCなら容易に持ち運べるため、子どもに寄り添った机間授業の実現など、子どもたちの学びへの意欲向上に貢献します。普通教室への電子黒板や無線LAN環境などの整備は、将来の1人1台タブレットPC導入に向けた普通教室のインフラ整備にもつながります。

例えばこんな使い方

算数の授業で先生が机間指導中に生徒のノートをタブレットPCのカメラで撮影。
画像を即座に電子黒板に大きく表示し、全員で考える授業を進めることができます。
ICT機器を活用した即時性により、多くの子どもたちに発表の機会をあたえることができます。

図工の授業において、大画面の電子黒板を用いることで、子どもが作成した工作をクラス全員で鑑賞することが可能です。
それぞれの子どもが自分の創意工夫をクラス全員に伝えるなど、コミュニケーション能力の向上に貢献いたします。

導入事例

豊田市教育委員会

電子黒板とタブレットPCを活用して、よりわかりやすい授業を実現

各教科で効果的にPC内蔵電子黒板とタブレットPCを利用して授業を実践しています。生徒たちにとってはわかりやすい授業、先生にとっては授業の準備の効率化や生徒へ細かなフォローができるなど、双方に大きな効果があります。

詳しくはこちら

タブレットPCを使った協働学習が、グローバル時代に必要な“教え合い、学びあう”情報活用能力を育みます。

子どもそれぞれが考え、教え合いながら学ぶ協働学習にタブレットPCを使えば、自分の考えをまとめる力や仲間と協力しながら問題解決する力が培われます。また、電子黒板に大きく表示して自分の考えを発表するなど、ICT機器の利活用によりこれからの社会で必要となるコミュニケーション能力の向上に貢献いたします。

例えばこんな使い方

海外の子どもたちとの国際交流にタブレットPCを利用。
班でタブレットPCを囲んで協働での調べもの学習など、異文化に接する際にタブレットPCを活用することで子どもたちの興味・関心が高まり、学習意欲も向上に貢献します。

理科の授業で校外にタブレットPCを持ち出し、グループワークで植物を観察。軽量なタブレットPCなら子どもでも容易に持ち運びが可能なうえ、内蔵のカメラでその場で記録。
班ごとに撮影した写真を用いて、電子黒板でグループ発表会の開催ができます。

導入事例

石川県津幡町教育委員会

タブレットPCを使った協働学習で台湾の子どもたちと交流

総合的な学習の時間に、タブレットPCを使って台湾の子どもたちと絵を作る授業を実践しています。生徒一人ひとりが真剣に考え、共に学び合う協働学習でタブレットPCを活用。子どもたちの主体性がアップし、ITスキルや情報リテラシー、学力の向上につながることを期待しています。

詳しくはこちら

1人1台タブレットPCを活用することで、自分のペースで学習でき、ひとりひとりが単元への理解を深められます。基礎学力の向上に寄与し、学ぶ楽しさを実感できます。

1人1台のタブレットPC環境により、個別学習が充実します。一人ひとりのタブレットPCの画面を、教員用タブレットや電子黒板で共有すれば、先生が進捗状況を把握でき、子どもたちをフォローしやすくなります。ICTを効果的に活用した授業で、子どもたちの「わかった!」「できた!」が培われ、将来につながる有機的な学びのスタイルが広がっていきます。

例えばこんな使い方

1人1人がタブレットPCを持つことで、先生が子どものタブレットPCに小テストを一斉に配信し、子どもが解答後に一斉に回収するといった使い方が可能です。従来のプリントを配布し、回収といった授業と比較すると、スピーディーで効率的な授業が実現できます。授業のテンポが上がることで、子どもたちの集中力も高まります。

算数のワークシートを子どものタブレットPCに配信。
書いたり消したりが何回でも自由にできる電子データなら、間違いに尻込みしていた子どももわかるだけ書いてみようとチャレンジする姿勢が見られるようになります。

修学旅行にタブレットPCを持参。
修学旅行先での見学の記録の撮影などをタブレットPCで実現。タブレットPCならば、その場で感想や気づきなどの手書きのメモをとることも容易です。
学校に戻った後は事後学習で修学旅行の内容まとめ。1人1人がタブレットPCを持つことで、班での作業もお互いに作業を分担するなど、1人1人に責任感が芽生えます。

導入事例

目黒区教育委員会

1人1台のタブレットPCを積極的に活用し、授業改善を実現

各教科の授業で、1人1台のタブレットPCを使って授業改善につなげています。修学旅行や農家とのリアルタイムの中継授業など、積極的な活用も行い、子どもたちの主体性や協働学習での問題解決能力が向上しました。

詳しくはこちら

掛川市教育委員会

「かけがわ型スキル」の育成を目指して、1人1台タブレットPCと電子黒板を活用

小学校では電子黒板を使った協働学習を、中学校では1人1台のタブレットPCを活用した授業 を行っています。授業実践をとおして、これからのグローバル社会を生き抜くために子どもたちの 身につけさせたい「かけがわ型スキル」の育成を目指しています。

詳しくはこちら