Case02 想定外のアクシデント

印刷用PDF

モバイル端末の便利なところは、持ち運ぶことができ、鞄から取り出してすぐに使えるところ。Webサイトの閲覧やメールのチェックをしているそんなときに、誤ってフロアに落としてしまったら・・・。NECのビジネスPCは、落下させてしまった場合など万一のアクシデントを想定して、さまざまな高さ・方向・状態からの落下・衝撃試験を行うなど、堅牢性を判断する検査を徹底して実施。内部データ損傷などのリスクを回避できる製品の提供を目指しています。


・紙コップの水をこぼしてしまった
・膝の上から落としてしまった
・商品を運搬中に箱ごと落としてしまった

品質向上のための主な試験項目

防滴構造のノートPCのキーボード面に水がかかっても、防水シートが本体内部への水滴の浸入を遅らせ、本体裏の排水用の穴から水滴を排出するこ とで、安全にシステムをシャットダウンする時間が確保できることを確認します。
※PC内部への防水を保証するものではありません。水をこぼした場合は、点検と修理(有償)が必要となります。

机の上から落とした場合を想定し、76cmの高さから底面落下の検査を行います。ディスプレイなどの外装に著しい破損がないこと、保存したデータに損傷がないことなどを確認します。

膝の上からの落下と手で持ち運ぶ際の落下を想定し、パソコンの6面と全てのコーナーの10方向からの落下検査を行います。外装に著しい破損や保存したデータに損傷がないこと、さらには火災の発生や装置内部へお客様が接触しないなど、二次 災害が起こらないことを確認します。

輸送時の衝撃や持ち運び時に激しくぶつかるなど、内部構造に意図するような衝撃を与えても、内部のデータに損傷がないかをチェックします。

輸送中に不慮の落下があった場合でも、装置自体及び梱包状態に問題がないこと、添付品に傷などが付かないことを確認します。

※全ての試験項目を表示しているわけではありません

※これらの試験は無破損・無故障を保証するものではありません。

※機種により実施する試験内容が違います。

  • ビジネスPCトップ
  • WEBでお求めのお客様 NEC得選街
  • 販売店でお求めのお客様

ページの先頭へ戻る