Case01 通常利用におけるさまざまな負荷

印刷用PDF

通勤時間帯の電車内は、つり革も持てないほどの状態。人の波に押され、立っているのもやっとという状況の中で、急ブレーキなどによって周りの乗客の圧力・衝撃がPC入れた鞄に一気に加わったとしたら・・・。NECのビジネスPCは、日常の中で起こりうる突然の圧迫や衝撃、振動を想定して、加圧試験や長時間に及ぶ振動試験を行うなど、堅牢性を判断する検査を徹底して実施。安心してお使いいただける製品の提供を目指しています。


・満員電車で鞄ごと押しつぶされた
・電車や車の移動での振動や衝撃を受けた

品質向上のための主な試験項目

満員電車で鞄に入れて持ち運んだ場合を想定し、 天面全体に1470N(150kgf)の加圧を実施。圧迫されても、装置に損傷がないことを確認します。
※機種により実施する試験内容が異なります。

天面部に手や肘をつく場合、手や物がぶつかって押される場合などを想定し、天面に直径30mmの円 を245N(25kgf)で加圧。パームレスト部に手をついて立ち上がる場合など、日常の使用で発生する荷重によって、不具合を起こさないかチェックします。
※機種により実施する試験内容が異なります。

電車や車での使用を想定し、パソコンの6面それぞれに対して、連続して振動を加えます。電源ON/OFFの状態で検査を行い、問題なく動作することをチェックします。

鞄に入れて持ち運んだ場合の衝撃を想定して検査を行います。パソコンの6面それぞれに対し連続的に衝撃を与えても、損傷がないことを確認します。

筐体が軽量のため、お客様がLCD側の角を持つことを想定した検査を行います。LCDパネルにキーボード部分の重量よりも高い負荷をかけ、過度のひねりが加わってもLCDに損傷がなく、正常に動作することを確認します。

※全ての試験項目を表示しているわけではありません

※これらの試験は無破損・無故障を保証するものではありません。

※機種により実施する試験内容が違います。

  • ビジネスPCトップ
  • WEBでお求めのお客様 NEC得選街
  • 販売店でお求めのお客様

ページの先頭へ戻る