利用環境について

働き方見える化サービスには、
StandardとAdvancedが用意されています

サービス利用料

働き方見える化サービス Standard 500円/ID・月(税別)
働き方見える化サービス Advanced 980円/ID・月(税別)
  • 事前にNEC Cloud IaaSの契約を締結いただく必要があります。

機能比較

機能概要 Standard Advanced
PC、スマホで在宅/外出/オフィス勤務の申請/承認
各勤務時の勤怠管理(開始/休憩/終了)
勤務実績の一覧表示
Windowsログオン時の顔認証機能による本人確認*1
PC利用時に、顔の常時監視機能による本人確認*1
Outlookから予定業務の取り込み
個人の時間の使われ方を見える化
グループの時間の使われ方を見える化  
組織の残業や休出時間を見える化する「ダッシュボード」  
  • *1 :
    別途NeoFace Monitorが必要です。NeoFace Monitorのバージョンによって、取得できる情報が異なります。
    詳しくは、ページ下部の働き方見える化サービスのNeoFace Monitor機能対応表をご覧ください。

クライアントソフトウェア動作環境

OS Microsoft® Windows® 7(32bit/64bit)
Microsoft® Windows® 8.1(32bit*3/64bit)
Microsoft® Windows® 10(32bit/64bit)
Unified Communication*1 Microsoft® Lync 2013
Microsoft® Skype for Business 2015
Microsoft® Skype for Business 2016
スケジュール取込*1 Microsoft® Outlook 2013
Microsoft® Outlook 2016
ファイル集計*1 Microsoft® Word 2013
Microsoft® Excel 2013
Microsoft® PowerPoint 2013
Microsoft® Word 2016
Microsoft® Excel 2016
Microsoft® PowerPoint 2016
顔認証セキュリティソフト
NeoFace Monitor*2
NeoFace Monitor V2*4
NeoFace Monitor V3
画面解像度 必須: XGA(1,024×768)以上
推奨: WXGA(1,280×768)以上
コンポーネント .NetFramework 4.5以上
  • *1 :
    本サービスでは、LyncまたはSkype for Business、Outlook、Word、Excel、PowerPoint等、クライアントアプリケーションから各種情報を取得しています。ブラウザで利用しているアプリケーション(Outlook Web AccessやOffice Onlineなど)をご使用の場合は、各種情報取得ができませんのでご注意ください。
  • *2 :
    別途NeoFace Monitorが必要です。NeoFace Monitorのバージョンによって、取得できる情報が異なります。詳しくは、ページ下部の働き方見える化サービスのNeoFace Monitor機能対応表をご覧ください。
  • *3 :
    NeoFace Monitor V3は、Windows 8.1(32bit)未対応です。
  • *4 :
    Ver2.3以降のリビジョンに対応。
    ※動作環境に必要なOS及びアプリケーション、インターネット環境など、別途ご用意いただく必要があります。

Webブラウザ動作環境

PC
Windows 7/8.1 Internet Explorer 11
Windows 10 Microsoft® Edge / Internet Explorer 11
モバイル端末
Android™ Chrome™ ブラウザ
iPhone® Safari®

通信環境

通信プロトコル https (ポート443利用)
通信速度 1Mbps以上 (推奨)

働き方見える化サービスの NeoFace Monitor
連携機能対応表

  Windowsログオン時の
顔認証機能による本⼈確認
PC利⽤時に、顔の常時監視機能
による本⼈確認
NeoFace Monitor V2
NeoFace Monitor V3

NeoFace Monitorと同時にご利用の場合

NeoFace Monitorの動作環境に準じます。詳細は下記をご参照ください。