グローバルビジネス向けモデル導入事例

住友重機械工業管理(上海)有限公司様

中国でもNECならではの安心感!
中国グループのセキュリティ厳格化に米沢市生産の「日本品質」PCが貢献

導入の背景

好景気・建設ラッシュの中国で事業を順調に拡大

創業以来120年にわたり、日本の重工業の一翼を担って来られた住友重機械グループ。
近年では将来を支える環境・エネルギー系へ力を入れられており、グループ全体としてグローバル市場にも展開されています。中国では1994年に初めて天津に工場を建設され、現在ではグループ会社20社の規模に達しています。

長年、住友重機械中国グループではIT資産各々の基準で選んできましたが、Windows® XP保守サポート切れを目前にした2013年に、様々な要因からグループとして統一した方針を打ち出さざるを得ない状況となっていました。

導入の経緯

セキュリティの高さ・堅牢性の安心感から選ばれたNECのPC

住友重機械工業株式会社 情報システム部 部長 山野内様

住友重機械工業管理(上海)有限公司
情報システム部 部長
山野内様

中国ではご存じの通り、こだわらなければ安価なPCを入手する事は出来ます。その様な調達を行っている日系企業も多いです。
しかし、調達の都度、廉価なローカルPCを求めた結果、セキュリティポリシーは日本基準に合わせるどころか、中国国内でも基準統一を図る事は出来ず、情報漏洩の危険に、常時、晒されています。
セキュリティ問題だけでなく、廉価なPCは故障率も高く、保守・修理を依頼する事は多々あり、関連する要員の工数等を考えると本当に廉価なPCを購入して良いのか?と疑問を持つ日本人も多いです。
また、廉価なモバイルPCは重く、ユーザにとって好ましいものとは言えませんでした。更に、各法人の個別購入により、購入額も異なり、中国ならではの潜在的な問題を多く発生させています。

この様にセキュリティ・品質・堅牢性の安心感を、集中購買する事により更に完全なものにする為、今回、NECのパーソナルコンピュータを採用するに至りました。

NECを選んだポイント

山形県米沢市で生産された「日本品質」で安心!

集中購買にあたっては住友重機械工業管理(上海)有限公司では、先ず、グループ内の全PC資産を調査する事から始まり、各拠点の買い替え計画を精査しました。 その結果、計1,000台超のPCを数年内に買い替える必要のあることが判明し、前述の通りセキュリティの高さ、品質・堅牢性の安心感から日本メーカのPCを購入する事に的を絞りました。

NECの場合、中国で販売しているモデルは他の日系各社と異なり、全て日本の『山形県米沢市』で生産されており、中国国内で販売されているPCとは比べものにならない程、高品質・堅牢性を持った安心感のある商品である事を、同社は以前より認識しており、グループ会社5社でNECを選定するに至りました。保守に関しても、内陸部を含む中国全土を対象としている事もNECを選定した理由の一つでもあります。

各地域のNEC現地法人、販売店のネットワークによりお客様のPC導入をサポートします

各地域のNEC現地法人、販売店のネットワークによりお客様のPC導入をサポートします

各地域のNEC現地法人、販売店のネットワークによりお客様のPC導入をサポートします

NECビジネスPCの品質への取り組みはこちら

導入効果と今後

在中国グループセキュリティ厳格化の第一歩

納品は2013年11月から開始され、第一期切替は2014年3月末に終了予定です。引き続き、2014年4月以降は第二期切替が開始されます。
既に導入されたユーザからは「今迄のPCと異なり、品質問題は全くない。」「何よりモバイルPCとして『軽さ』は大きな魅力。出張時の負担が大幅に軽減された。」と言った声が聞かれます。
集中購買を決められた 山野内情報システム部部長からは「全ての面で満足している。」、「NECを選択したのは中国グループ全体のセキュリティの厳格化を始める為の大切な第一歩だった。」との評価を頂きました。

(左)董事総経理 小幡様 (右)情報システム部 部長 山野内様

ページの先頭へ戻る

NECのグローバルビジネス向けモデル
NECのグローバルビジネス向けモデル

企業プロフィール

住友重機械工業管理(上海)有限公司様

所在地 10F, SMEG Plaza, No.1386, Hongqiao Road, Shanghai 200336, People's Republic of China 社屋

住友重機械工業株式会社様

所在地 〒141-6025 東京都品川区大崎2丁目1番1号(ThinkPark Tower)
設立 昭和9年11月1日
URL http://www.shi.co.jp/index.html

ページの先頭へ戻る