ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. パソコン/ワークステーション/タブレット
  4. ビジネスPC
  5. Mate/Mate J
  6. スペック詳細補足<T世代>
ここから本文です。

スペック詳細補足<T世代>:Mate/Mate J

前のページに戻る

本体部分

  • *1:光学ドライブ選択可能モデルとなります。
  • *2:ハイパー・スレッディング・テクノロジーに対応します。
  • *3:グラフィックアクセラレータの持つ最大発色数です。
  • *4:グラフィックアクセラレータの持つ解像度および色数の能力であり、接続するディスプレイまたはリフレッシュレートによっては、表示できないことがあります。
  • *5:ビデオRAMは、メインメモリを使用します。本機のハードウェア構成、ソフトウェア構成、BIOSおよびディスプレイドライバの更新、パソコンの動作状況によりビデオRAM容量が変化します。また、搭載するメインメモリの容量によって利用可能なビデオRAMは異なります。
  • *6:音源再生には外付スピーカまたはスピーカを搭載したディスプレイが必要です。(本体ライン出力端子使用)
  • *7:拡張版 Intel SpeedStep® テクノロジーを搭載しています。
  • *11:Windows 8.1 Updateでは解像度800×600ドットは使用できません。
  • *12:本製品はPC3R「PCグリーンラベル制度」の審査基準(Ver.13)を満たしています。詳細は、[新規ウィンドウ]パソコン3R推進協会のWebサイトをご覧ください。環境性能レーティング(★マーク)とは、加点項目の達成状況に応じて格付けしたものです。★☆☆は達成率35%未満、★★☆は35%以上70%未満、★★★は70%以上を示します。
  • *13:OSはWindows 10 Pro、メモリ4GB、HDD 500GB(タイプMEは増設HDDなし)、DVDスーパーマルチドライブ(タイプMCは光学ドライブなし)、PS/2 109キーボード(タイプMCではUSB 109キーボード)、USB光センサーマウス、タイプMEではグラフィックボードなしの構成で測定しています。
  • *14:エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定した消費電力を省エネ法で定める複合理論性能(ギガ演算)で除したものです。省エネ基準達成率の表示語Aは達成率100%以上200%未満、AAは達成率200%以上500%未満、AAAは達成率500%以上を示します。
  • *15:OSはWindows 10 Pro、メモリ4GB、HDD 500GB、DVDスーパーマルチドライブ(タイプMCは光学ドライブあり・なし)、タイプMEではグラフィックボードなし、タイプMEおよびタイプMBではパラレルポートなしの構成での質量です(キーボード、マウスの質量は含みません)。
  • *16:縦置時の足以外の突起物は含みません。
  • *17:提供しているドライバは、Windows 10ではWindows 10,version 1607、Windows® 7ではSP1にてインストール手順の確認を行っているものです。アップデートをご利用の場合は別途入手が必要となります。
  • *18:ドライバは本体に添付していません。「ドライバ提供対象OS」に順次掲載します。なお、ドライバを利用する際に、インストール/添付アプリケーションや一部の機能が使用できない等、いくつか制限事項があります。必ずご購入前に、「ご利用前に必ずお読みください」をご覧になり、制限事項を確認してください。
  • *20:Windows 10モデルを選択できないほか、セレクションの一部が異なります。
  • *22:最大構成時の値は、セレクションメニューで選択可能な最大構成(タイプMG以外ではディスプレイを除く)に加え、拡張ポートおよび拡張スロットをすべて占有した状態で算出した値です。
  • *24:NVIDIA® Quadro® K420を選択した場合はDisplayPort×1&DVI-D×1の構成となります。
  • *26:CPUのCTP値が200,000を超えるため、本製品は省エネ法の対象外となります。
  • *28:32ビット版OSでは、メモリ4GB以上搭載時でも仕様上、メモリの物理アドレス空間は4GBまでしか扱えません。また、実際にOSで使用可能なメモリ領域は装置構成により異なります。
  • *29:ディスプレイの最大解像度より小さい解像度を選択した場合、文字や線などの太さが不均一になることがあります。
  • *30:表示素子(本体液晶ディスプレイ)より低い解像度を選択した場合、拡大表示機能により、液晶画面全体に表示が可能です。拡大表示によって文字などの線の太さが不均一になることがあります。
  • *31:搭載可能なボードサイズは、PCIスロット:64.5(W)mm×167.7(D)mm以内、PCI Expressスロットの場合:68.9(W)mm×167.7(D)mm以内となります。
  • *33:2.5型ベイは、ミラーリングまたは増設HDDを選択しない場合はありません。
  • *34:ドット抜け割合の基準値はISO13406-2の基準に従って、副画素(サブピクセル)単位で計算しています。詳細はドット抜けについてをご参照ください。
  • *35:グラフィックボード選択時はインテル® AMTの一部機能はご利用になれません。
  • *36:録音中にスピーカが引き起こすハウリングを軽減する機能です。
  • *38:パソコン用マイクとして市販されているコンデンサマイクやヘッドセットを推奨します。
  • *40:ヘッドフォンや外付けスピーカ(3極ミニプラグ)、スマートフォン用ヘッドフォンマイク(4極ミニプラグ)が使用できます。パソコン用マイクとして市販されているステレオマイクやモノラルマイクは使用できません。
  • *41:Intel® PTTはWindows® 7では利用できません。
  • *44:使用できる量子化ビットやサンプリングレートは、OSや使用するアプリケーションなどのソフトウェアによって異なります。

セレクションメニュー部分

  • *52:セレクションによっては、再セットアップ用媒体は添付されていません。再セットアップ用媒体の購入方法は環境対応:添付品/再セットアップ用媒体の省資源化を、セレクションメニューにてご購入の場合は、再セットアップ用媒体を選択してください。
  • *55:メモリを拡張する場合は、標準搭載されている増設RAMボードを取り外す必要がある場合があります。
  • *57:デュアルチャネルに対応します。
  • *58:お客様が使用可能な領域は、1パーティションとなり、NTFSでフォーマット済みです。タイプMEで2台目HDDをデータ領域として使用する場合、1ドライブ1パーティション、NTFSフォーマットとなります。各機種ごとの領域サイズの詳細は、環境対応:添付品/再セットアップ用媒体の省資源化をご覧ください。
  • *62:ビデオRAMはメインメモリおよびグラフィックボード上のメモリを使用します。本機のハードウェア構成、ソフトウェア構成、BIOSおよびディスプレイドライバの更新、パソコンの動作状況によりビデオRAM容量が変化します。また、搭載するメインメモリの容量によって利用可能なビデオRAMは異なります。
  • *81:Wi-Fi Direct™およびMiracast®はWindows® 7では利用できません。またBluetooth®はWindows 8.1およびWindows® 7ではVer.4.0で動作します。
  • *85:ビデオRAMは、メインメモリを使用します。本機のハードウェア構成、ソフトウェア構成、BIOSおよびディスプレイドライバの更新、パソコンの動作状況によりビデオRAM容量が変化します。また、搭載するメインメモリの容量によって利用可能なビデオRAMは異なります。
  • *89:ビデオRAMのうち、2,048MBはグラフィックボード上のメモリを使用します。

前のページに戻る

ここからページ共通メニューです。
ページ共通メニューここまで。