シングルコア・プロセッサーと、クアッドコア・プロセッサーの違い

クアッドコア・プロセッサーは、複数の作業が同時に行われるマルチタスク環境や、マルチコア対応アプリケーションに、優れたパフォーマンスを発揮します。インテル® Core™ i7 プロセッサーでは、ハイパースレッディング・テクノロジーによりCPU1コアあたり2スレッドの同時処理が可能。計8スレッドの高度な処理性能で、業務効率アップに貢献します。
また、本モデル採用のインテル® Core™ i5 プロセッサーの場合は4コア/4スレッド、インテル® Core™ i3 プロセッサーの場合は2コア/4スレッドで動作します。

【画像】シングルコアCPUとCore™ i7の比較イメージ