ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. ACOSシリーズ
  5. 導入事例
  6. 株式会社スターインフォテック 様
ここから本文です。

導入事例

株式会社スターインフォテック 様

プロフィール

生産管理を一手に支えているACOS

スターインフォテック様の沿革をご紹介いただけますか。

株式会社スターインフォテック 技術部
辻部長様

  • 大同特殊鋼の情報システム部門として、1964年に総務部事務機械室が発足して約半世紀、その後、2000年の4月に機能分社、独立して現在に至ります。大同特殊鋼のグループ企業を中心に、各種システムの企画・設計から運用業務の受託、ソフトウェアの開発・販売が主力事業です。

ACOSは、どのような業務でご利用されていますか?

  • 大同特殊鋼の基幹システム、特に工場の生産管理システムを一手に引き受けています。大同特殊鋼は素材メーカーであり、製品である「特殊鋼」は、そのままの姿でみなさまの目に触れることが少ないのですが、自動車や航空機のエンジン部品の素材で高いシェアがあります。また、スマートフォン等の電子機器へのノイズ抑制シートなど様々な分野で利用されています。そして、特殊鋼の生産ラインは24時間、360日ほぼ正月以外は稼働しています。システムは生産ラインに直結しており、システムの停止は生産に大きなダメージを与えます。

ACOSの安定性が必要だったのでしょうか?

  • 中村その通りです。鉄を造る工程・ラインは24時間操業、その制御には「止められない仕組み」が求められます。ですから「可用性」に優れたACOSは、当然の選択でした。当社では前身のNEACから導入を始め、ACOSは1977年以降、徐々に増やしていき、最大時7台が稼働していました。それらを統合・集約しながら現在に至るまで、長年安定稼働を続けています。

導入事例一覧に戻る

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ戻る