ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. ACOSシリーズ
  5. 導入事例
  6. 株式会社エフピコ 様
ここから本文です。

導入事例

株式会社エフピコ 様

プロフィール

プラットフォームをユーザに意識させない、フラットなシステムを目指す

電子帳票やリモート印刷への取り組みについてはいかがでしょうか。

  • 井上請求書の控えや売掛元帳など、販売の明細を紙に打ち出す場合は行数が多いので、以前は相当な伝票のボリュームになっていました。現在ではOLF/DL-OWPrintviewを活用することですべて電子化しており、保管スペースや輸送、廃棄などのコスト削減、更にはCO2の削減にも貢献しています。また、PrintPortの活用で、全国の各拠点へのデリバリーに要していたコストも削減できています。

「iFAIR」を今後、どのように発展させていくお考えでしょうか?

  • 井上ACOSとBIツールが緊密に連携し、融合していくことで、「この商品は今なぜ売れているのだろう?」とか「販売の現場ではどのような売り方をしているのだろう?」といったことが見える化できるようなしくみを作り上げたいですね。ACOSやオープンといったプラットフォームをユーザに意識させない、フラットなシステムを目指したいと考えています。
    NECに対しては、ACOSに関する疑問点などをお聞きするとすぐに反応が返ってきますし、80年代からずっと頼りになる会社という印象を持っています。今後もACOSシリーズを一貫した考え方のもとに開発を継続して、我々の基幹システム運用を支援していただきたいですね。

OLF/DL-OWとPrintviewで電子帳票化され、複数拠点への分散配信を可能にした「仕入入庫伝票」。

[取材日:2009年1月28日]

企業訪問を終えて―――「ACOS Club」から

食品トレーを回収してふたたびトレーに生まれ変わらせる、エフピコ様の「エコトレー」。トレーtoトレーを実現したこの方式は、ごみ減量や資源の有効利用にとどまらず、運用面ではCO2の削減にも貢献されています。スーパーや問屋へ納品に行った帰りのトラック、つまり静脈物流を使ってトレーを回収されているからです。
コスト抑制と環境対応を両立するエフピコ様の取り組み・・・。ACOSシリーズも、さらなる省電力化や、電子帳票・リモート印刷などのソリューション提供によって、お客様が志向される環境配慮型のITプラットフォームの構築をサポートしていきます。

導入事例一覧に戻る

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ戻る