ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. ACOSシリーズ
  5. 使ってみよう!NECのACOSサービス
  6. 関西ソリューションセンター
ここから本文です。

使ってみよう!NECのACOSサービス

関西ソリューションセンター

プロフィール

信頼性の高いファシリティと、マネジメント体制

関西ソリューションセンターがご提供する更新検証機能や、ハウジングサービスを支えている重要な要素のひとつはファシリティですね。センター設備の信頼性を高めるために現在、どのような取り組みを進めているのでしょうか?

  • 河中関西ソリューションセンターのファシリティは、かつてNEC BIGLOBE VANセンターで利用していた施設を改修・強化したものです。ですから元々、汎用機の運用を前提とした電源・空調・耐震荷重などの設計が施されているのです。停電対策について言いますと、地下3階に設置している自家発電装置とは別に専用の自家発電装置を擁しており、長時間の停電時でも稼働を継続できる体制を整えています。マシンの高密度化、電力消費量の増加といった、最近の傾向を睨んだ取り組みも進めています。大量の発熱に対応する新たな冷却方式の開発や耐震荷重の強化など、センターとしてのノウハウを蓄積してきており、お客様向けサービスとしてファシリティの最適化支援をメニュー化すべく、現在準備中です。例えば、データセンターの内部で、発熱の集中する箇所に絞って効率的に冷却を行うためのシミュレーションサービスなどです。こうした活動は、NECフィールディングと連携して、熱シミュレーション(サイトサーベイ)サービスとしてご提供する予定です。
  • 田中オンラインでのバックアップサービスや障害対策サポートについては、最新の機種はもちろん、可能な限り古い機種もカバーできるノウハウを培っています。今後は、自社のシステム環境では難しい実証/検証に加えて、センターの豊富なサポートメニューをご活用いただくことで生み出せる運用コスト面のメリットなどを、お客様へアピールすることができます。とにかく一度センターをご利用いただければ、そのメリットをおわかりいただけるのではないかと思います。
  • 河中関西ソリューションセンターは2005年の開設以来、おかげさまでご来場者が順調に増えています。そこで、マネジメント体制や監視設備などを強化し、センター内のセキュリティをいっそう厳格化するためにISO/IEC27001(ISMS/情報セキュリティマネジメントシステム)を認証取得し、メンバーがISMS審査員補の資格を取得しています。今後もACOSの更新ニーズに対するご支援を行うとともに、24時間365日稼動する安定電源、そして厳重なセキュリティのもと、信頼性の高いソリューションを提供してまいります。

関西ソリューションセンター内のハウジングエリアで稼働する
i-PX9000と、仮想テープ装置

「使ってみよう!NECのACOSサービス」に戻る

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ戻る