ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. ACOSシリーズ
  5. ACOS-4
  6. 周辺装置
  7. iStorage A4900(N3780)
ここから本文です。

iStorage A4900(N3780)

高性能、高スケーラビリティと多彩なソリューションを提供する
ハイエンドディスクアレイ装置

  • データ転送速度400バイト/秒の高速光ループチャネルに最大128チャネルまで接続可能。また、内部バスには強化されたX-BAR(クロスバー)スイッチテクノロジを導入、15,000回転/分の高速ディスクドライブや高速RAIDエンジンとの組み合わせにより、スケーラブルな高性能を実現します。

  • 物理ディスクは最小14台から最大780台※1が搭載可能で、キャッシュ容量は最小4Gバイト※2から最大128Gバイト※3が搭載可能です。
  • 全コンポーネントの完全冗長構成とホットスペアディスクの標準搭載で、高可用性を実現しています。
  • データレプリケーション、統合バックアップ、キャッシュ常駐ディスク化機構、オンライン無停止バックアップなどの拡張機能により、多彩な運用を可能にします。
  • 災害対策ソリューションとして、リモートデータレプリケーションを提供。用途により、同期/セミ同期順序保証/非同期のデータ転送モードを選択し、遠隔地のディスクアレイ装置との間でレプリケーション運用を可能にします。
  • リモート保守サービスにより、ディスクアレイ装置を24時間365日監視し、電話回線で直結されたサポートセンターよりクオリティの高い保守サービスを提供します。*4

*1 ホットスペア含む *2 有効容量2Gバイト *3 有効容量64Gバイト *4 オプション機能

規格・性能

型名 N3780-411 N3780-412 N3780-431 N3780-432
物理ディスク容量
〈15,000rpm〉(Gバイト*1
73
(物理互換フォーマット4.2)
73
(物理互換フォーマット9)
RAIDタイプ RAID-1
最大記憶容量/
サブシステム(Gバイト*1*2
1,534 3,068
最大記憶容量/
サブシステム(Gバイト*1*3
33,300 33,418
最大物理キャッシュ容量
(Gバイト*1
128(有効容量64)
最大接続数(論理ディスク)/
サブシステム*2
728 364 1,456 728
データ転送速度
(Mバイト/秒)*4
400
消費電力/
サブシステム(KVA)*2
23.4
省エネ法(2011年度
基準)*5に基づく表示
区分 M
エネルギー消費効率*6 0.35
型名 N3780-451 N3780-452 N3780-453
物理ディスク容量
〈15,000rpm〉(Gバイト*1
73
(物理互換フォーマット18)
RAIDタイプ RAID-1 RAID-5
最大記憶容量/
サブシステム(Gバイト*1*2
6,137 9,645
最大記憶容量/
サブシステム(Gバイト*1*3
33,654 33,924
最大物理キャッシュ容量
(Gバイト*1
128(有効容量64)
最大接続数(論理ディスク)/
サブシステム*2
2,912 1,456 2,288
データ転送速度
(Mバイト/秒)*4
400
消費電力/
サブシステム(KVA)*2
23.4
省エネ法(2011年度
基準)*5に基づく表示
区分 M
エネルギー消費効率*6 0.35
型名 N3780-471 N3780-472 N3780-473
物理ディスク容量
〈15,000rpm〉(Gバイト*1
73
(物理互換フォーマット36)
RAIDタイプ RAID-1 RAID-5
最大記憶容量/
サブシステム(Gバイト*1*2
12,274 19,289
最大記憶容量/
サブシステム(Gバイト*1*3
33,047 34,126 33,587
最大物理キャッシュ容量
(Gバイト*1
128(有効容量64)
最大接続数(論理ディスク)/
サブシステム*2
5,824 2,912 4,576
データ転送速度
(Mバイト/秒)*4
400
消費電力/
サブシステム(KVA)*2
23.4
省エネ法(2011年度
基準)*5に基づく表示
区分 M
エネルギー消費効率*6 0.35
型名 N3780-491 N3780-492 N3780-493
物理ディスク容量
〈15,000rpm〉(Gバイト*1
73
(物理互換フォーマット73)
RAIDタイプ RAID-1 RAID-5
最大記憶容量/
サブシステム(Gバイト*1*2
15,107 29,676
最大記憶容量/
サブシステム(Gバイト*1*3
32,103 33,991 34,126
最大物理キャッシュ容量
(Gバイト*1
128(有効容量64)
最大接続数(論理ディスク)/
サブシステム*2
7,168 5,824 7,040
データ転送速度
(Mバイト/秒)*4
400
消費電力/
サブシステム(KVA)*2
15.9 23.4 18.9
省エネ法(2011年度
基準)*5に基づく表示
区分 M
エネルギー消費効率*6 0.35

(*1)1Gバイト=1,000,000,000バイトとして計算した数値。
(*2)全て同一の物理フォーマットで構成した場合の最大値。
(*3)サブシステムでの最大値。
(*4)瞬時最大値でありシステム構成、システム動作条件等に依存します。
(*5)正式にはエネルギーの使用の合理化に関する法律。
(*6)エネルギー消費効率とは、省エネ法で定める測定方法により測定した消費電力を省エネ法で定める記憶容量で除した数値。

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ戻る