ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. ACOSシリーズ
  5. ACOS-4
  6. 本体
  7. 高運用性基盤
  8. テープ装置を仮想化し、高速バックアップを実現
ここから本文です。

テープ装置を仮想化し、高速バックアップを実現

既存のアプリケーションを用いて高速なテープ入出力を実現します

仮想テープ装置は、内蔵するディスク上にテープ媒体を仮想化したもので、RAID構成のディスクによって高性能・高信頼性を実現します。業務間のデータ引渡しなど、テープ媒体を使用していたバッチ処理の中間ファイルに利用することにより、大幅な性能改善が図れます。ディスク上に仮想化したテープ媒体は、LTOテープへの出力も可能で、LTOテープにはデータの暗号記録が可能です。バックアップやアプリケーションなどの既存資産を用いて仮想テープ装置を利用することができ、従来の磁気テープ装置との運用性も同等なため、移行が容易です。また、筐体サイズがコンパクトなので、磁気テープ装置に比べ大幅な省スペース化と低電力化を実現できます。

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ戻る