ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. サーバ・ストレージ
  4. ACOSシリーズ
  5. ACOS-4
  6. 本体
  7. i-PX9800の特長
  8. Dependable
ここから本文です。

i-PX9800 / 高信頼性

高信頼性

i-PX9800は、NECが長年にわたり培ってきた堅牢な高信頼性技術をベースに、新たな高信頼機能、柔軟性機能を付加し、高次元の信頼性と運用性を実現しました。24時間365日連続稼働、爆発的に増加するデータ量に対応する情報処理など、過酷な環境下でも、常に高信頼・高可用な企業情報基盤として活躍し続けます。

以下の機能により、システムダウンを最小限に止めています。

コンポーネントの冗長化

電源二重化、クロック二重化、診断専用プロセッサ(DGP)二重化、システムバス二重化などを、i-PX9800/A100では標準装備として提供します。また、電源モジュールやFANも冗長構成となっています。万一のアクシデントに備えて、従来のACOSシリーズより、一段と高いレベルでの可用性・信頼性を目指しています。
*DGP:Diagnostic Processor

メモリミラー機能

メモリ系の訂正不可障害発生時でも、業務継続を可能にする「メモリミラー機能」を採用。同一のデータを常に2つのメモリブロックへ書き込むことにより、1つのブロックで障害が発生しても他のブロックのデータにより継続動作を可能にします。さらに、i-PX9800/A100では稼働中でも無停止でメモリモジュールの保守交換が可能です。

オンラインFW置換

システムを止めずにファームウェアの更新が可能で、可用性を向上させます。
*一部のFWは構成条件に依存します。

CPUチップの高信頼化

放射線耐性半導体の採用や内蔵一次キャッシュのECC化、構成部品数の削減により、信頼性を向上しています。

プロセッサリリーフ

プロセッサが故障した場合、そのプロセッサで処理していた業務を他のプロセッサに引き継ぎ、障害プロセッサを切り離し、システムを停止させることなく、縮退構成で業務を継続します。
*1EPUモデルは除きます。

命令リトライ

CPUが命令を処理する際に間欠障害が発生した場合、自動で命令を再実行し、処理を継続します。

予備プロセッサ/メモリ

予備のプロセッサやメモリを搭載し、プロセッサやメモリが故障により縮退した際に予備装置を組込むことにより、システムの性能低下を防ぎます。 *モデルA1WY、S1A4には予備プロセッサはありません。

クラスタ構成

i-PX9800は、クラスタ構成を組むことにより、予期せぬ障害が発生し、万一ホストが停止した場合でも残りのホストで縮退運転を行い、業務を継続します。データベースを更新中のホストが障害により停止した場合は、他のホストで自動的に復旧され、データベースは保全されます。マルチシステム制御機構(MSCF)は二重化され、障害発生時には直ちに待機系に切り替わり正常運用を続行します。

i-PX9800は、1ホストを論理的に分割する「論理分割機能」に加えて、新たに「物理分割機能」、「仮想計算機(VM)機能」を提供します。お客様は、論理分割と物理分割、仮想計算機(VM)を自由に選択でき、運用性の高いシステム構築が可能です。
*Sモデルでは物理分割はできません。

システム利用やアクセスを検証し、不正利用を防止

事前にi-PX9800の利用者と利用範囲を設計・登録し、未登録者からの不正利用や利用許可範囲を超えた不正アクセスを防止します。システム利用の検証では、利用者毎に利用許可期間やパスワード、サブシステムやコンソールの利用権限を検証し、不正な利用者からの利用を拒否します。また、ファイルやディスク毎に、Read/Write/Deleteなどのアクセス属性と利用者の組み合わせでアクセスを許可する範囲の設定が可能。各種データ資源に応じた適切なアクセス権限を与えることで、不正アクセスからデータ資源を保護します。

不正利用や不正アクセスを記録

i-PX9800の利用におけるパスワード不正、利用許可期間外のアクセスなどのシステム不正利用、さらにはアクセスを許可されていないデータ資源への不正アクセスが生じた際に、その情報を記録します。

搬出データを暗号化し、不正アクセスや媒体紛失しても、データ資源を秘匿

仮想テープやディスク内のファイルのデータを暗号化することで、不正アクセスや媒体廃棄などでも、大切なデータを秘匿することができます。暗号鍵は自動生成することもでき、暗号方式は電子政府推奨のAES*方式にも対応しています。仮想テープ装置では、LTOの排出時に暗号化することも可能です。
*AES:Advanced Encryption Standard

資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ戻る