ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. プロセス業ソリューション
  4. 工場制御システムへのウイルス感染を阻止
ここから本文です。

工場制御システムへのウイルス感染を阻止

  • サブカテゴリ:
    • 制御システム
  • 職種・業務:
    • 情報システム
  • テクノロジーテーマ:
    • ファイアウォール
  • 場所:
    • 工場・倉庫

お客さまの課題重要インフラを狙った組織的かつ高度化したサイバー攻撃が多発

近年、ウイルス感染が工場操業系の制御システムにとって非常に大きな脅威となっています。この背景には、従来、オフィス系のネットワークから独立し、独自仕様の機器によって構成されていた制御システムが、徐々にオープンソースや汎用のソフトウェアを利用するようになったため、外部ネットワークと接続するケースが増えているという事実があります。制御システムは24時間365日、停止はおろか遅延することなく稼働しなければならないミッションクリティカルな存在であるため、ウイルス感染からこれを守る仕組みづくりは、事業継続性の担保、社会への責任という観点からも最重要なテーマのひとつです。しかも、近年の制御システムをターゲットにしたサイバー攻撃は、社会インフラを破壊するマルウェアの登場や、突如、顕在化する脆弱性を利用した攻撃、他社経由での攻撃など、従来の愉快犯からプロの犯罪集団によるものにシフトしており、手口が巧妙化しています。こうした脅威に対し、制御系機器のセキュリティ認証制度や制御系システム向けのサイバーセキュリティマネジメントシステム認証など、国際規格・認証の運用が相次いで開始され、サイバーセキュリティ対策の重要性はますます高まっています。しかし、現場では十分な対策や実行計画の立案に落ちていないのが現状です。

制御システムがオープン化し社内ネットワークに接続することによって ウイルスや攻撃などの脅威にさらされることに

NECからのご提案総合的コンサルティングによる管理体制の構築から継続的運用までをサポート

昨今のサイバー攻撃では、攻撃手法の進化が非常に早い上に、既存の脅威からシステムを守るだけでなく、継続的な運用が可能な管理体制の維持が欠かせません。NECでは、こうした工場操業系システムを脅かすウイルス感染を阻止するため、様々なソリューションを用意しています。例えば、次世代ファイアウォール「Palo Alto」の優れた不正通信の検知・防御機能と、SDN(Software-Defined Networking)によるネットワーク制御機能を連携することで、サイバー攻撃に対する検知と初動対応の自動化を可能にしました。「FireEye」は、標的型攻撃やゼロデイ攻撃、未知のマルウェアであっても、感染源のURLやコールバックチャネルを正確に検知することができるソリューションです。様々なソリューションによる多層防御に加え、セキュリティアセスメントやセキュリティポリシーの構築と対応策の立案、ソリューションやソフトウェアの制御システムへの実装、運用、技術サポートなど、トータルにウイルス対策を実行できるアセットを駆使し、顧客企業のパートナーとして技術サポートを行います。

ウイルス対策やファイアウォールなどトータルなサイバーセキュリティ対策をご提供します

ご提案による効果

国際規格の取得支援により事業の継続と社会への貢献を実現

セキュリティ対策の有効性を客観的に担保するために運用が推進されている国際標準規格や第三者認証制度は、内容が極めて専門的であるため、企業が独自に認証を取得し、対策を進めることは容易ではありません。その点、NECの制御系システム領域のセキュリティコンサルティングサービスは、CSMS(Cyber Security Management System)に基づくアセスメントで、工場/制御系セキュリティの現状把握とポリシー作成、対策・計画策定の支援、国際標準規格や第三者認証制度のスムーズな取得を可能にすると同時に、情報システム管理者の労力を軽減することができます。セキュリティ運用体制の確立と継続的な運用により、操業停止や情報漏えいによる損害のリスクを回避できれば、事業継続性の担保やステークホルダーへの社会的責任を果たすことにつながります。

お奨めポイント

  • 国際標準に基づいた工場マネジメントおよび制御システムの特徴を踏まえた対策を策定。
  • セキュリティ対策の継続と最適化により、長い耐用年数と安定稼働を実現。
  • 制御系システム領域のセキュリティに関する豊富なノウハウを活用し、運用体制の構築を支援。

この分野におけるNECの強み

NECでは情報システムで培ったノウハウとネットワーク領域における技術力、入退場管理などのフィジカル領域を含めた総合的な提案力を活かし、制御系システムとITセキュリティの双方に関する深い理解と経験を積み重ねてきました。制御系システム領域のセキュリティコンサルティングサービスもまた、専門的かつ複雑な国際規格や国際基準の作成に数多く関与するとともに、様々なマネジメントプロセスや認証取得プロセスの作業経験を活かす形で提供を開始したサービスです。2000年にはNEC内において組織内の情報セキュリティ問題を専門に扱うインシデント対応チーム「CSIRT」を立ち上げ、社内のセキュリティインシデントへの対応や製品開発部門・運用部門に対する情報提供などを進めています。また、これまで多くのお客さまに対してICTシステムや運用サービスを提供することで培ってきた技術力やノウハウを基に、お客さまが中心となって運用する組織内CSIRTの構築と運用を支援しています。

このソリューション・製品がお客さまの課題を解決します

制御系システムのセキュリティ対策を総合的に推進

お客さまにぜひ参考にしていただきたいソリューション・製品

障害の早期収束や事業被害の最小化を実現

  • インシデント対応ソリューション
    お客さまのシステムへ不正侵入や情報漏えいなどインシデントが発生した場合、NECがお客さまのもとに駆けつけ、ネットワークの切り離しから原因究明、対策までの一貫したサポートを提供

運用監視の専門家による脅威の分析と対処方法の提案によりインシデントを早期解決

  • セキュリティ運用監視ソリューション
    NECが運用するセキュリティオペレーションセンターにて、サイバーセキュリティ専門家がリアルタイムにお客さまのシステムを監視/分析し、異常の検知、報告などセキュリティの運用を支援

未知・既知のマルウェアを漏らさず検知。潜在的な脅威も察知

  • 標的型攻撃対策ソリューション
    マルウェアの社内ネットワーク侵入を検知する「入口対策」、マルウェア感染PCの早期特定やマルウェア駆除を行う「内部対策」、社外への情報流出を検知し遮断する「出口対策」を対策のポイントとし、お客さまのシステム環境に適した対策を提案

お問い合わせ

「プロセス業ソリューション」トップに戻る

「NECからのご提案」トップに戻る

  • サブカテゴリ:
    • 制御システム
  • 職種・業務:
    • 情報システム
  • テクノロジーテーマ:
    • ファイアウォール
  • 場所:
    • 工場・倉庫

ページの先頭へ戻る