Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

食品製造業向け生産管理ソリューション

従来の製造業向け生産管理パッケージは、部品表にもとづく組立て製造に合わせて設計されたものが殆どでした。こうした生産管理システムでは食品メーカの生産現場の実態を反映することができず、システムで管理できるのはごく一部の情報に留まっていました。しかしながら、コストの飽くなき低減と食の安全を実現する上で生産実態把握の必要性は日増しに高まっています。

概要

食品業の生産現場に特有のニーズに合わせたERPパッケージとして「FlexProcess」をご提供致します。原料の成分値や濃度の違い、検査待ち等様々な在庫状態、生産工程において生成される副産物や廃棄物など多様な情報を管理できます。従来は難しかった、精度の高い原価管理やトレーサビリティを可能にします

生産の実態を表現できるシステム

  • 複数レシピへの対応(品質管理、計画立案、コスト把握)
  • 再生品、廃棄物の取り扱い(在庫移動、コスト把握)
図1:部品表と工程表 従来の生産管理パッケージ
図2:生産モデル FlexProcess
図3:コーヒー製造の生産モデルでの表現例

原材料、中間品、製品の多彩な在庫管理が可能

  • 原材料使用可否、製品出荷合否判定の可否、等級(グレード)、格付、有効期限の管理
  • 荷姿(ケース、袋)、出来高、入れ目、濃度の管理と単位の取り扱い
  • 成分特性、季節品、再生品を考慮した混合(配合)指示、ロス管理
  • 品質保証におけるロット単位の正逆履歴追跡
図4:原材料、中間品、製品の多彩な在庫管理が可能

環境変化への迅速かつ柔軟なシステム変更が可能

  • データベースの項目追加・変更(管理基準項目の追加)
  • 管理ルールの変化によるデータ入力方式や出力方式、集計方式の変更
  • 外部(経理系、販物系、操業系)システムの変化、連携方法の変化