ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 周辺機器
  4. プリンタ
  5. ページプリンタ
  6. サポート
  7. MultiWriter使いこなしガイド
  8. プリンタ機能一覧
  9. 自動排出設定
ここから本文です。

自動排出設定(タイムアウト)

ここでは MultiWriter 8450N(型番:PR-L8450N)を例にしてご説明します。

  • プリンタによってはこちらに記載している内容、画面、設定方法が異なる場合があります。

機能概要

プリントデータ受信中に、データが受信されない状態が継続したとき、本機内に残っているデータを自動的に印刷して排出する時間を設定します。

設定方法

〔メニュー〕スイッチを押します。

プリンタはメニューモードに入り、ディスプレイに"メニュー プリントゲンゴノ セッテイ"と表示します。
このとき、[印刷可]ランプが消灯します。

メニューモードで[ウンヨウメニュー(運用メニュー)]を表示させ、「ジドウハイシュツ」を選択し、希望の時間を設定します。

チェック

[ウンヨウメニュー]はNPDLモードから選択することができます。NPDLモードメニューへの入り方は「こちら」を参照してください。
尚、[ウンヨウメニュー]の設定内容と項目は、共通メニューの[キカイ カンリシャ メニュー] > [システムセッテイ] > [タイムアウト]と同じです。

時間は、5~300秒の範囲で、1秒単位に設定できます。初期値は、[ムコウ]です。
[ムコウ]の設定は、自動排出の処理を行いません。

チェック

メニューモードは以下の5個のスイッチで項目の選択、設定の変更を行います。

  • 〕〔〕〔〕〔〕スイッチ:このスイッチを押すと、その方向へ進むことができます。
  • 〔ストップ/排出 (設定変更)〕スイッチ:その内容が選択されます。

〔メニュー終了〕スイッチを押して、メニューモードを終了します。

プリンタの〔印刷可〕ランプが点灯し、ディスプレイは通常表示に戻ります。

本機能をサポートしているプリンタについては、「対応機能一覧」をご参照願います。

ページの先頭へ戻る