Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

定形外用紙サイズの用紙に印刷

ここでは MultiWriter 8400N(型番:PR-L8400N)を例にしてご説明します。

※プリンタによってはこちらに記載している内容、画面、設定方法が異なる場合があります。

機能概要

定形外サイズの用紙に印刷します。

設定方法

設定方法はMultiWriter 8400N用 標準プリンタドライバ(NPDL)を使用した場合のものです。

重要

  • 手差しに定形外の用紙をセットする場合はあらかじめ使用できる用紙の種類、用紙サイズを確認しておいてください。
  • 手差しトレイ、またはホッパ1~4にセットできる用紙サイズは、幅75~297mm、高さは148~431.8mmです。

Step 1 定形外用紙をセットする

手差しに用紙をセットする。

  • 手差しトレイの用紙に印刷する場合は、印刷時にプリンタドライバで、セットした用紙のサイズと種類を設定する必要があります。
  • 操作パネルの[テザシ セッテイ モード]が[ソウサ パネル カラ シテイ]に設定されている場合や、[ヨウシ サイズ]の設定を[ドライバー] から変更している場合は、あらかじめ操作パネルで、ホッパのヨウシ種類やサイズを設定しておく必要があります。この場合、印刷時にプリンタドライバで設定したサイズと用紙種類が、操作パネルでの設定と一致しているときだけ、印刷されます。

Step 2 定形外用紙(ユーザ定義)の用紙サイズの割り付けを設定する

設定する出力用紙サイズは、印刷をする前に、定形外用紙の用紙サイズをユーザ定義サイズとして登録します。
ユーザ定義サイズの登録は、コントロールパネル → デバイスとプリンタ → プリントサーバーのプロパティ → 用紙 のタブで 「□新しい用紙の作成」から登録します。

  • Windows 2000/Windows XP/Windows Server 2003では、管理者の権利があるユーザの場合にだけ、設定変更できます。権利がない場合は、内容の確認だけできます。
  • [ユーザー定義用紙]ダイアログボックスの設定は、Windows 2000/Windows XP/Windows Server 2003 の場合、ローカルプリンタではコンピュータのフォームデータベースを使用するため、コンピュータ上のほかのプリンタにも影響します。ネットワーク共有プリンタではプリントキューが存在するサーバ上のフォームデータベースを使用するため、別のコンピュータ上の同じネットワーク共有プリンタにも影響します。

[スタート]メニューから[プリンタとFAX]をクリックし、使用するプリンタのプロパティを表示します。

[初期設定]タブをクリックする。

[出力用紙割付]をクリックする。

上部リストボックスから、設定するユーザ定義を選択します。

[設定する出力用紙サイズ]から、用紙サイズを選択します。

必要に応じて、手順を繰り返して、用紙サイズを定義します。

[OK]をクリックします。

Step 3 定形外用紙(ユーザ定義)の用紙サイズで印刷する

Step2で設定した用紙サイズで印刷する手順を説明します。

各OSとも、プロパティダイアログボックスはアプリケーションのメニューから開く方法と[プリンタとFAX]フォルダ(Windows XP以外は[プリンタ]フォルダ)から開く方法があります。アプリケーションメニューから開いた場合は、一般的にそのアプリケーションでのみ有効な設定になります。また、[プリンタとFAX]フォルダ(Windows XP以外は、[プリンタ]フォルダ)から開いた場合は、すべてのアプリケーションの基本設定になります。

アプリケーションの[ファイル]メニューで[印刷]をクリックし、[印刷]ダイアログボックスを開く。

アプリケーションによっては、この手順後に[印刷]ダイアログボックスの[プロパティ]をクリックします。

[給紙/排出]タブをクリックし、[給紙選択]から、Step2で追加した非定型サイズの用紙がセットされているトレイを選択します。

[給紙選択]で[手差しトレイ]を選択した場合で、用紙種類を変更するときは、[手差しの用紙種類]をクリックして[手差しの用紙種類]ダイアログボックスを表示します。[手差し用紙種類]を設定し、[OK]をクリックします。

[基本]タブをクリックします。

[原稿サイズ]から、任意の原稿サイズを選択します。

[出力用紙サイズ]から、登録したユーザ定義サイズの用紙を選択し、[OK]をクリックします。


本機能をサポートしているプリンタについては、「対応機能一覧」をご参照願います。