Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

リレー給紙

ここでは MultiWriter 8400N(型番:PR-L8400N)を例にしてご説明します。

※プリンタによってはこちらに記載している内容、画面、設定方法が異なる場合があります。

機能概要

リレー給紙設定とは、用紙がなくなったときに、印刷していた用紙とサイズや向き、および用紙種類が同じ用紙がセットされている別のホッパまたは手差しトレイを選択し、印刷を継続する機能です。
各ホッパおよび手差しトレイごとに、[ON](切り替えて印刷を継続する)、または[OFF](継続しない)を設定します。
初期値は、すべてのホッパおよび手差しトレイで[ON]です。

設定方法

設定方法はMultiWriter 8400N用 標準プリンタドライバ(NPDL)を使用した場合のものです。

リレー給紙機能を使うには次のステップで設定する必要があります。

【Step1】 リレー給紙を有効にする
【Step2】 給紙方法を設定する

Step 1 リレー給紙を有効にする

リレー給紙を有効にするために、プリンタの設定を行います。

メニューモードに入る。

[印刷可]ランプが消灯します。

NPDLモードメニューに入る。

NPDLモードメニューへの入り方は「こちら」を参照してください。

「テストメニュー →」が表示されている状態からパネルの[▼]ボタンを2回押します。

「ヨウシメニュー →」が表示されます。

]ボタンを押下します。

[ヨウシメニュー ホッパ ショキセッテイ →]が表示されます。

[▼]ボタンを4回押下します。

「ヨウシメニュー リレーキュウシ セッテイ →」が表示されます。

]ボタンを押下します。

「リレーキュウシ セッテイ ホッパ1 リレー OFF*」が表示されます。

*:初期値は「OFF」です。

該当の給紙口を選択し、ストップ/排出(設定変更)ボタンにて、設定を「ON」とし、印刷可ボタンで設定を確定します。

チェック

リレー給紙させるホッパ全ての“リレーキュウシ”をONにしてください。

〔メニュー終了〕スイッチを押して、メニューモードを終了する。

プリンタはセレクト状態になり、〔印刷可〕ランプが点灯し、ディスプレイは通常表示に戻ります。

設定が終わったら、リレー給紙を有効にしたホッパーの用紙サイズ、用紙の種類、用紙のセット方向が同じになっているか確認する。

Step 2 給紙方法を設定する

印刷を開始するときに[給紙方法]で[自動]を選択します。

プリンタドライバのプロパティダイアログボックスの[給紙/排出]シートを開く。

給紙選択が[自動 普通紙]になっていることを確認する。

[印刷]ダイアログボックスで印刷範囲、印刷部数を指定し、[OK]をクリックして印刷する。


本機能をサポートしているプリンタについては、「対応機能一覧」をご参照願います。