Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

仕分け印刷<オフセット排出>

ここではColor MultiWriter 9900C(型番:PR-L9900C)を例にしてご説明します。

※プリンタによってはこちらに記載している内容、画面、設定方法が異なる場合があります。

機能概要

オフセット排出

オフセット排出は、ジョブ(印刷指示) / 部(セット)単位に位置をずらしてフィニッシャに用紙を排出する機能です。
他の人のドキュメントと区別されてスタックされるので、自分のドキュメントを簡単に見つけることができる便利な機能です。

設定方法

設定方法はColor MultiWriter 9900C用 標準プリンタドライバ(ART EX)を使用した場合のものです。

プリンタドライバのプロパティダイアログボックスで、オフセット排出機能を設定する手順を説明します。

用紙の排出方法を[大量排出]に設定する。

[トレイ/排出]シートを開き、[排出方法]のリストから[大量排出*]を選択する。

*:[大量排出]は、フィニッシャートレイを装着しているときのみ選択できます。

オフセット排出機能を有効にする。

[オフセット排紙]のリストから、[セットごとにずらす]、または[ジョブごとにずらす]を選択する。

  • [セットごとにずらす]:「印刷指示」単位に位置をずらして用紙を排出します。
  • [ジョブごとにずらす]:「部」単位に位置をずらして用紙を排出します。

プロパティダイアログボックスで、[OK]をクリックする。

アプリケーションから印刷を実行すると、印刷が始まり、給紙設定されている(プリンタのディスプレイに表示されている)ホッパ(またはトレー)から用紙が給紙され、排紙トレー上に排出されます。

チェック

  • ソートや印刷部数は、プロパティダイアログボックスで設定してください。アプリケーションが持つソート機能、部数設定は使用しないでください。
  • アプリケーションの[印刷]ダイアログボックスで[部単位で印刷]がチェックされている場合には、チェックを外してください。


本機能をサポートしているプリンタについては、「対応機能一覧」をご参照願います。