Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

仕分け印刷<ジョブセパレート機能>

ここではMultiWriter 8400N(型番:PR-L8400N)を例にしてご説明します。

※プリンタによってはこちらに記載している内容、画面、設定方法が異なる場合があります。

機能概要

ジョブセパレート機能

A4サイズの用紙をお使いの場合、印刷ジョブ(ひとつの文書)ごとに縦置きと横置きで交互に印刷させて、排出される用紙を排出トレイ上で仕分ける機能です。A4用紙が、縦方向にセットされているホッパと横方向にセットされているホッパが必要です。

設定方法

設定方法はMultiWriter 8400N用 標準プリンタドライバ(NPDL)を使用した場合のものです。
ジョブセパレート機能はNPDLモードのみ使用可能です。

チェック

  • [給紙選択]で[自動]が選択されていて、[基本]タブの[出力用紙サイズ]が[A4]の場合のみ、この機能が有効になります。
  • [詳細設定]タブの[用紙サイズエラー]で、用紙サイズエラーを検出するホッパ/手差しトレイの数が2つ以上の場合に、この機能が有効になります。
ジョブセパレート機能を有効にするには、次の条件も満たしている必要があります。
  • 2つ以上のホッパにA4サイズの用紙がセットされている。
  • 2つ以上のホッパの用紙が、それぞれA4縦方向、A4横方向としてセットされている。
  • 2つ以上のホッパの用紙の種類が同じである。

ホッパ1、手差し、あるいは増設ホッパ(ホッパ2~4)にA4用紙を縦置き、横置きにそれぞれセットする。

プリンタドライバのプロパティダイアログボックスの[給紙/排出]シートを開く。

給紙方法が[自動]になっていることを確認する。

ジョブセパレート機能を有効にする。

[給紙/排出]ダイアログボックスの[ジョブセパレートする]ボタンを選択します。

[印刷]ダイアログボックスで印刷範囲を指定して[OK]をクリックする。

印刷が始まり、給紙設定されている(プリンタのディスプレイに表示されている)給紙部から給紙され、排出トレイ上に排出されます。

ソートや印刷部数はプリンタドライバのプロパティダイアログボックスで設定してください。

次の文書の印刷部数を指定して印刷する。

前に印刷された用紙の置き方と別の向きにセットされている給紙部から給紙され、スタッカー上に排出されます。

ジョブセパレートを使った仕分け印刷

ジョブセパレートを使った仕分け印刷とは、ジョブセパレート機能とソート機能を組み合わせた場合の使い方のことです。ジョブセパレート機能とソート機能を組み合わせて使用すると、部単位ごとに印刷するとともに、用紙を縦置き、横置きと交互に排出トレイ上に仕分けて排出します。

ジョブセパレート機能とソート機能を組み合わせた使い方

ジョブセパレート機能とソート機能を組み合わせて使うと、部単位ごとに用紙が縦置き、横置きに仕分けされながら排出トレイ上に排出されます。

ジョブセパレート機能とソート機能は標準で有効になっています。

ジョブセパレート機能とソート機能を組み合わせて使う場合、ソート機能の設定とジョブセパレート機能」手順の設定をしてから印刷を行ってください。

アプリケーションの印刷機能で「ソート」もしくは「部単位で印刷」の指定ができる場合がありますが、アプリケーションのソート機能は使用せずにプリンタのプロパティでソート機能を有効にしてください。


本機能をサポートしているプリンタについては、「対応機能一覧」をご参照願います。