ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 周辺機器
  4. プリンタ
  5. ページプリンタ
  6. サポート
  7. MultiWriter使いこなしガイド
  8. プリンタ機能一覧
  9. アクセス制限(IPアドレスでの受付制限)
ここから本文です。

アクセス制限(IPアドレスでの受付制限)

ここではMultiWriter 8450N(型番:PR-L8450N)を例にしてご説明します。

  • プリンタによってはこちらに記載している内容、画面、設定方法が異なる場合があります。

機能概要

LPDプロトコル、またはPort9100プロトコルを使用して印刷する場合、コンピュータのIPアドレスを使って、印刷ができるユーザを制限できます。
制限したいIPアドレス、アドレスマスクを入力し、モード(許可/拒否/しない)を設定します。設定する前に、LPDおよびPort9100以外の印刷ポートを停止してください。

チェック

受信制限の設定は、LPDとPort9100だけ有効です。その他のポートを使った印刷の場合は、無効です。

設定方法

アクセス制限設定には、CentreWare Internet Services を使用した設定方法と、操作パネルを使用した設定方法があります。

CentreWare Internet Services を使用した設定方法

Webブラウザを起動し、CentreWare Internet Servicesにアクセスします。

[プロパティ]タブをクリックします。

左側のメニューから[プロトコル設定] > [LPD] または [Port9100]をクリックします。

[受信制限の設定]をクリックします。

受信制限をしたいIPアドレス、アドレスマスクを0~255の数値で入力し、アクセス制限の種類 (許可、拒否、しない)を選択します。現在の設定値には、*が付きます。

アクセス制限設定例を参考にしてください。

各項目の設定ができたら、右側フレームの下部に表示されている[新しい設定を適用する]をクリックし、本機を再起動します。

チェック

  • 設定内容を適用しないで、表示を元に戻す場合は、[元に戻す]をクリックします。
  • 操作中に機械管理者のユーザー名とパスワードを求める画面が表示された場合は、各項目を入力し、[OK]をクリックしてください。

操作パネルを使用した設定方法

操作パネルメニューの[ウケツケ セイゲン]で設定します。

設定項目 説明
フィルター1~5
IPアドレス
受信制限を設定するIPアドレスを0~255を数値で入力します。
ただし、先頭のxxxに限り、127と224~255は無効です。

※設定変更後はプリンタを再起動してください。
フィルター1~5
マスク
サブネットマスクを、0、128、192、224、240、248、252、254、255の数値で入力します。

※設定変更後はプリンタを再起動してください。
フィルター1~5
モード
設定したアドレスに対する制限を設定します。
  • [シナイ](初期値)
    制限しません。
  • [キョカ]
    設定したアドレスから印刷を受け付けます。
  • [キョヒ]
    設定したアドレスからの印刷を受け付けません。

※設定変更後はプリンタを再起動してください。

IPアドレス 192.168.100.10 からの印刷だけを許可する場合を例に説明します。

<メニュー>ボタンを押して、メニュー画面を表示します。

[キカイ カンリシャ メニュー]が表示されるまで<>ボタンを押し、<>ボタンで選択します。

[ネットワーク/ポート セッテイ]が表示されるまで<>ボタンを押し、<>ボタンで選択します。

[ウケツケ セイゲン]が表示されるまで<>ボタンを押し、<>ボタンで選択します。

[フィルター1 IPアドレス]が表示されていることを確認し、<>ボタンで選択します。

<> <>ボタンで、受信したいIPアドレス(192.168.100.10)を入力します。フィールドを移動するときは、<>ボタンを押します。

IPアドレスが入力できたら、[ストップ/排出]ボタンで決定します。

<>ボタンで[フィルター1 IPアドレス]に戻ります。

<>ボタンで、[フィルター1 マスク]を表示し、<>ボタンで選択します。

IPアドレスと同様にアドレスマスク(255.255.255.255)を入力し、[ストップ/排出]ボタンで決定します。

<>ボタンで、[フィルター1 マスク]に戻ります。

<>ボタンで、[フィルター1 モード]を表示し、<>ボタンで選択します。

<>ボタンで、[キョカ]を表示し、[ストップ/排出]ボタンで決定します。

設定が終わったら、[メニュー]ボタンを押します。

アクセス制限設定例

MultiWriter 8450Nの場合、アドレスは、5件まで設定でき、いちばん上の設定が最も優先されます。
複数の制限を設定する場合は、範囲が狭いアドレスに対する制限から順に設定していきます。

■設定例1. 特定のユーザからの印刷を許可する場合

【192.168.100.10 からの印刷を許可する】

■設定例2. 特定のユーザからの印刷を拒否する場合

【192.168.100.50 からの印刷を拒否する】

■設定例3. 特定のネットワークアドレスからの印刷は許可、その中の一部のネットワークアドレスからの印刷は拒否、拒否を設定したアドレスの中の、特定のユーザからの印刷は許可する場合

(1) 192.168.200.10 からの印刷は許可する
(2) (1)を除く、192.168.200.xxx からの印刷は拒否する
(3) (2)を除く、192.168.xxx.xxx からの印刷は許可する

本機能をサポートしているプリンタについては、「対応機能一覧」をご参照願います。

ページの先頭へ戻る