ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 周辺機器
  4. プリンタ
  5. ページプリンタ
  6. サポート
  7. OS対応状況
  8. ターミナルサービス、Citrix XenApp対応について
  9. Print Utility for Citrix XenApp のご紹介
ここから本文です。

Print Utility for Citrix XenAppのご紹介

Print Utility for Citrix XenApp とは

Print Utility for Citrix XenApp(MultiWriter版)は、Citrix XenApp環境のプリント機能を強化するツールです。

Print Utility for Citrix XenApp(MultiWriter版)のダウンロードはこちら。

Print Utility for Citrix XenApp(MultiWriter版)

Citrix XenApp環境での印刷の問題と解決

Citrix XenApp環境では多くの場合ACCP(オートクリエイトプリンタ)を使用します。

ACCP:Auto Created Client Printer(オートクリエイトプリンタ)とは
クライアントPCからサーバへログオンした時、サーバはクライアントPCにインストールしてあるプリンタのコピーを自動的にサーバ内に作成します。このクライアントプリンタの自動作成機能のことを ACCP と呼びます。

ACCPでは、こんな問題が・・・
●両面プリントの機能が使えない
●指定した用紙サイズで出力されない
●毎回ホッパ指定をしなくてはいけない
●増設ホッパが使えない

これらの問題はクライアント側のドライバの設定が、サーバに自動生成されたプリンタに正しく反映されないために発生する現象です。

Print Utility for Citrix XenApp(MultiWriter版)を導入することで、これらの問題を解決できます!

ユーザのプリント環境を向上させ、システム管理者の管理負荷を軽減します。

  • プリンタのオプション構成(両面機能、ホッパ指定、搭載メモリなど)を全て自動的に反映・設定します。
  • プリンタの印刷設定(原稿サイズ、出力用紙サイズ、両面、2UPなど)を自動的に反映・設定します。
  • 複雑な設定は一切なしで、設定ツールをインストールするだけです。

その他に、Print Utility for Citirx XenApp(MultiWriter版)はこのように使えます。

正しい文書名の取得

印刷したジョブの正しい文書名を取得できます。

■ 印刷したジョブの正しい文書名を取得できます。

印刷データの圧縮・解凍

印字品質を劣化させることなく、サーバで印刷データを圧縮してクライアントへ送信します。

■ サーバ/クライアント間のネットワーク負荷を軽減できます。
■ 印刷パフォーマンスの改善がはかれます。

クライアントモジュールの自動バージョンアップ

クライアントのモジュールを自動でバージョンアップします。

  • クライアントのユーザバージョンアップの可否を選択させる方法。
  • 暗黙のうちにバージョンアップを実行する方法。

クライアントはユーザ権限のままでバージョンアップが可能です。

■ 全クライアントにインストールする手間が省けます。
■ 大規模ネットでもクライアントへのインストール漏れが無くなります。

  • 管理者権限でのログイン不要の自動バージョンアップ処理は、サーバ上のPrint UtilityがVer.3.1.0以上で、クライアント上のPrint UtilityがVer.2.1.0以上の場合に機能します。

解像度と印刷モード(カラー/モノクロ) の管理者による強制固定化

ドライバの印刷モードと解像度を管理者が指定した値に強制的に変更することができます。

■ 印刷データをより小さく抑え、印刷パフォーマンスの更なる改善がはかれます。
■ 印刷時のほかのアプリケーションのパフォーマンス低下を軽減できます。

ページの先頭へ戻る