ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 周辺機器
  4. プリンタ
  5. ページプリンタ
  6. サポート
  7. 注意制限事項
  8. iPrinting.Secu@4.0 注意事項
ここから本文です。

注意制限事項

iPrinting.Secu@4.0 注意事項

2008年12月5日現在

Windowsインストーラについて

「iPrinting.Secu@認証印刷」は、.NET Framework 2.0を利用しています。このため、「iPrinting.Secu@認証印刷」のインストール時に、PCによっては「Windowsインストーラ3.0が必要」の旨が表示される場合があります。
このときは、「iPrinting.Secu@認証印刷」のインストールを中止して、先にWindowsインストーラ3.0をインストールしてください。Windowsインストーラの入手方法については、マイクロソフト社のWebサイトでご確認ください。

デジタル署名について

「iPrinting.Secu@認証印刷」では、プログラムファイルにコードサイニング証明書によるデジタル署名を行なっています。Windowsは証明書が失効していないかを確認するため、定期的に証明機関へアクセスしますので、「iPrinting.Secu@認証印刷」はインターネットに接続できるPCでご利用ください。PCがインターネットへ接続できないときは、一部の動作が遅くなる場合があります。

認証印刷アダプタのIPアドレス設定

認証印刷アダプタのIPアドレスは、「iPrinting.Secu@認証印刷管理ツール」を使用して設定します。このときIPアドレスの設定を誤ると、その後、認証印刷アダプタを検索できない場合がありますので、ご注意ください。
IPアドレスの設定後、認証印刷アダプタを検索できなくなった場合は、認証印刷アダプタを初期化し、再度IPアドレスを設定してください。

●認証印刷アダプタの初期化手順

  1. 認証印刷アダプタの電源をオフにします(電源プラグを抜きます)。
  2. 「認証印刷アダプタの背面にあるプッシュスイッチを押したまま、電源をオンにします(電源プラグを差します)。
  3. 認証印刷アダプタ背面のLANコネクタ部にある橙色のLEDが点灯したら、プッシュスイッチを戻します。
  • LED点灯前にスイッチを戻すと警告音がします。その場合は手順(1)から再度操作してください。

ジョブ削除時間の設定

「iPrinting.Secu@認証印刷」には、印刷されないままで一定時間が経過したジョブを、自動的に削除する機能があります。
この時間を設定する画面は複数あり、次のように表記が異なりますが、いずれも同じ機能を指しています。

  • 自動ジョブ削除時間
  • 印刷待ちジョブの自動削除
  • 自動削除時間設定

また、この時間設定は、ジョブをスプールするPCのものが有効となります。例えば、サーバスプールの場合はサーバの設定時間が有効であり、クライアントで設定を変更しても有効にはなりません。

CSV出力監視間隔の設定

「iPrinting.Secu@認証印刷」のシステム内部に蓄積したログは、「iPrinting.Secu@認証印刷管理ツール」の[動作ログ情報]や[アダプタログサーバー情報]の設定画面にある[CSV出力件数]の設定件数を超えたときに、CSVファイルで外部へ出力されます。
[CSV出力件数]と同じ設定画面にある[CSV出力監視間隔]は、ログの蓄積件数がCSV出力件数を超えたかどうかを確認する間隔を設定するものです。

プリンタドライバまたはプリンタの名前について

「iPrinting.Secu@認証印刷」には、使用するプリンタについて、名前の設定や確認を行なう画面がいくつかあります。画面によって表記が異なる場合がありますが、プリンタドライバのモデル名かWindowsに作成したプリンタの名前か、どちらかを指しています。
「プリンタドライバ名」、「ドライバ名」、「ドライバ」⇒プリンタドライバのモデル名
「プリンタ名」「機種名」⇒プリンタフォルダ([プリンタとFAX])上のプリンタの名前

ジョブ削除の操作

蓄積したジョブを削除する場合は次の操作を行なってください。

  1. タスクトレイの[常駐クライアントエージェント]をダブルクリック、または右クリックして[ジョブ状況表示]画面を開きます。
  2. [自動更新]のチェックを外します
  3. 削除するジョブを選んで[印刷待ちジョブの削除]ボタンをクリックします。

プリンタを削除したとき

「iPrinting.Secu@認証印刷」で使用しているプリンタを誤ってプリンタフォルダから削除した場合は、次のように処置してください。

●削除したプリンタが[iPS Virtual Printer]ではない場合
タスクトレイの[常駐クライアントエージェント]を使用して、もう一度プリンタの登録を行なってください。

  1. [常駐クライアントエージェント]から[コンフィグレーション設定]を起動します。
  2. [プリンタ編集]をクリックします
  3. プリンタ名が[プリンタポートのみ存在]となっているプリンタを選び、登録操作を行ないます。

●削除したプリンタが[iPS Virtual Printer]の場合
「iPrinting.Secu@認証印刷」を再インストールしてください。

  1. インストールに使用した「iPrinting.Secu@認証印刷クライアントインストーラ」のsetup.exeを実行します。
  2. アンインストールが行なわれます
  3. アンインストール完了後、再度setup.exeを実行してインストールを行なってください。

ページの先頭へ戻る