ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 周辺機器
  4. プリンタ
  5. ページプリンタ
  6. サポート
  7. 便利機能
ここから本文です。

便利機能

仕分け出力、後処理機能

オフセット排紙機能などにより、印刷ジョブごとに仕分け出力されるので印刷結果が混ざらず、自分の分をさっと取り出せます。

オフセット排紙機能

9950C 9600C 4700

用紙の向きはそのままで、ジョブ単位で用紙を水平方向にずらして出力する機能です。

オフセット排紙機能

簡易仕分け出力

8500N 8450NW 8450N 8250N 8250

ジョブ単位で用紙を縦/横交互に出力する機能です。プリンタのホッパとMPカセット、トレイあるいはオプションの増設ホッパにA4縦置き/横置き両方の用紙をあらかじめセットしておく必要があります。

簡易仕分け出力

マルチステープル機能

9950C 4700

フィニッシャ(オプション)を利用することで、自動でステープル止めが行えます。

マルチステープル機能

パンチ(穴あけ)機能

9950C 4700

フィニッシャ(オプション)を利用することで、自動でパンチ(穴あけ)が行えます。

パンチ(穴あけ)機能

中綴じ機能

9950C 4700

フィニッシャ(オプション)を利用することで、自動で二つ折りや中綴じが行えます。

  • MultiWriter 4700は、ART-EXプリンタドライバ使用時のみ利用可能です。

中綴じ機能

複数ページレイアウト印刷

9950C 9600C 9300C 9110C 9010C 5900C 5900CP 5850C 5800C 5750C 5700C 5650C
5600C 5650F 400F 4700 8500N 8450NW 8450N 8250N 8250 5500 5500P 5300
5150 5140 200F

複数ページレイアウト印刷では、連続した複数ページの印刷データを1枚の用紙に縮小配置して印刷することができます。
機種によっては境界線や、ページ番号を次のとおり設定することができます。

境界線のイメージ(ページ数“4ページ→1ページ”、配置Zに設定した場合)

境界線(実線)、ページ番号付加の場合
境界線(実線)、ページ番号付加の場合
境界線(破線)、ページ番号付加の場合
境界線(破線)、ページ番号付加の場合
境界線(点線)、ページ番号付加の場合
境界線(点線)、ページ番号付加の場合
境界線(カットマーク)、ページ番号付加の場合
境界線(カットマーク)、ページ番号付加の場合
  • 機種によっては上記境界線の設定ができないものもあります。

電子ソート印刷

9950C 9600C 9300C 9110C 5900C 5900CP 4700 8500N 8450NW 8450N 8250N 8250
5500 5500P 5300

電子ソート印刷とは、複数部数を印刷する場合、PCから1部目だけ印刷データを送り2部目以降はプリンタで印刷データ処理を行う機能のことです。オプションの増設メモリまたは、ハードディスクをプリンタに取り付けることにより実現できます。

これにより、プリンタに印刷データを送る時間を短縮することができ、PCの印刷処理を早期に解放できます。また2部目以降はプリンタ内で印刷データを処理し印刷するため必要部数の印刷時間の短縮が可能です。

  • *:印刷時の設定条件によっては2部目以降でもPCからデータを送る場合があります。

電子ソート機能

ページの先頭へ戻る