ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 周辺機器
  4. プリンタ
  5. ページプリンタ
  6. 消耗品
  7. 純正消耗品ご使用のおすすめ
ここから本文です。

純正消耗品ご使用のおすすめ

マルチライタは、NECの純正消耗品をご使用いただくことにより、印刷品質や本来の性能を安定して発揮できるよう設計しております。

NECの純正消耗品以外の消耗品(再生品等)を使用した場合、印刷品質低下等の不具合やプリンタ本体の故障が発生する場合があります。

純正消耗品以外の消耗品の使用が原因で不具合や故障が発生した場合、無償保証期間内や保守契約内であっても有償修理となります。

プリンタ性能を最大限に発揮

厳重な動作・品質チェックを実施して出荷されたNEC純正カートリッジは、設計本来の印刷品質や性能を発揮。
カラープリンタの場合はカラーマッチングも安心です。

安心のメーカ保証

ご使用に際し、プリンタ本体の保証規定により、万一のトラブル のときも安心してサポートを受けることができます。

MultiWriter 2900C 非純正消耗品使用時の不具合事例

実際に、非純正消耗品を使用した場合、下記の現象が発生いたしました。

本事例は、非純正消耗品を使用した場合の一例を紹介しております。
また、すべての非純正品で、これらの現象が必ず発生するわけではありません。

現象 障害原因
定着ユニットでの紙詰まり 非純正トナーは低い温度で十分溶けない可能性があるため、トナーが定着ユニット内の加熱ロールに固着して、定着ユニットでの用紙の紙詰まりが増える可能性があります。
紙詰まりを取り除く際に加熱ロールを傷つけたり、ジャバラ状に用紙が詰まって加熱ロールに傷がつき、部品交換が必要になる可能性があります(詳細は後述)。
トナーの定着不良 非純正トナーは低い温度では十分に溶けない可能性があるため、トナーが用紙に定着せずに、印刷画質の不良につながる場合があります(詳細は後述)。
印刷可能枚数が減少 印刷可能枚数は、トナーのプリンタへの適合性やカートリッジに充てんされているトナー量によって変化します。
トナーの適合性が低いと、印刷に必要なトナー量が多くなり、印刷可能枚数が減る場合があります。
印刷に使用されないトナーのあふれ 非純正トナーの中には、印刷1枚当たりのトナー消費量が多く、また、トナーのプリンタへの適合性が低いことで、プリンタ内部が印刷に使用されないトナーであふれる可能性があります。

MultiWriter 2900C 定着ユニットの不具合事例(紙詰まりと加熱ロール損傷)

本事例は、非純正消耗品を使用した場合の一例を紹介しております。
また、すべての非純正消耗品で、下記の現象が必ず発生するわけではありません。

定着ユニットの不具合事例(紙詰まりと加熱ロール損傷)

非純正トナーは低い温度で十分に溶けない可能性があるため、トナーが定着ユニット内の加熱ロールに固着して、用紙が加熱ロールに巻き付き、または定着ユニット出口でジャバラ状になり、紙詰まりが増える可能性があります。
紙詰まりが発生後、紙詰まりを取り除く際に加熱ロールを傷つけたり、ジャバラ状の紙詰まりによって加熱ロールに傷がつくことで、定着ユニットの交換が必要になる可能性があります。

MultiWriter 2900C トナーの定着不良の例

本事例は、非純正消耗品を使用した場合の一例を紹介しております。
また、すべての非純正消耗品で、下記の現象が必ず発生するわけではありません。

トナーの定着不良の例

非純正トナーは低い温度では十分に溶けないため、トナーが用紙に定着せずに、印刷画質の不良につながる場合があります。
上図の事例では、定着ロールの回転周期で汚れが発生しています。

MultiWriter 2900C 白すじの発生の例

本事例は、非純正消耗品を使用した場合の一例を紹介しております。
また、すべての非純正消耗品で、下記の現象が必ず発生するわけではありません。

非純正トナーの中には、印刷1枚当たりのトナー消費量が多く、また、トナーのプリンタへの適合性が低いことで、プリンタ内部が印刷に使用されないトナーであふれる可能性があります。
下記例では、あふれたトナーがレーザ露光窓に飛散し、レーザ露光が不十分となり現像が正しく行なわれず白抜け現象が発生しています。

非純正トナー使用時の飛散例

テストパターン上に細かい白抜けが発生。印刷枚数の増加に伴い悪化していく。

印刷サンプル


他機種の非純正消耗品使用時の不具合事例

ページの先頭へ戻る