ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 周辺機器
  4. プリンタ
  5. ページプリンタ
  6. プリンティング・ソリューション
  7. TCO削減
  8. Multi-model Print Driver 2
ここから本文です。

Multi-model Print Driver 2

複数のプリンタに対し、1種類の機種共通ドライバで出力を可能にするソフトウェアです。共通ドライバをインストールすることで、機種ごとのプリンタドライバをインストールする必要がなくなり、複数のプリンタに対して同じプリンタドライバで印刷できます。

  • Multi-model Print Driver 2のご導入にあたっては機種専用ドライバとの違い、注意制限事項をご理解のうえ事前に充分な印刷評価を実施していただきますようお願い致します。

9950C 9600C 9110C 9010C 5900C 5900CP 5850C 5800C 400F
8500N 8450NW 8450N 8250N 8250 4700 5500 5500P 5300

特長

複数のプリンタから1種類の機種共通ドライバで出力できます

複数のプリンタへの出力に、同じプリンタドライバを使用することができます。複数種類の機種での運用であっても、出力検証をするドライバをひとつだけにでき検証工数を削減できます。

機種代替時にはドライバが継続使用でき、インストール作業が不要

今後発売するプリンタ(一部除く)はMulti-model Print Driver 2に対応していきます。代替のたびにドライバを入れ替えることなく、継続的に同じドライバをお使いいただけます。*1

共通ドライバをそのまま使用

セキュアなプリント環境を提供

機種共通ドライバながらセキュリティープリントやプライベートプリントにも対応。出力文書を本体にいったん蓄積することで、操作パネルで誤ったプリント データを中止することにより、無駄なプリントを減らしながら、第三者に見られるといった危険性を低減することが可能になります。

Citrix XenApp® 環境で使用可能なユニバーサルドライバの提供

Citrix XenApp® 環境でACCP(Auto Create Client Printer)機能を利用する場合には、各クライアントPCに接続されているプリンタの専用ドライバをXenApp®サーバにインストールする必要があります。しかし、Multi-model Print Driver 2を使用すれば、XenApp® サーバに複数のドライバをインストールする必要がなくなり、システムの運用管理コストを削減することができます*2 。しかも、Print Utility for Citrix XenAppとの組み合わせにより、プリンタのオプション装着などの構成情報やクライアント側で設定した印刷設定情報が自動的に反映されますので、通常の ACCPでは対応できないプリンタのオプションに合わせた出力設定が可能となり、認証モードの運用などにも対応できるようになります。

  • *1:不具合修正などにより、プリンタドライバをバージョンアップすることがあります。
  • *2:クライアントPCにもMulti-model Print Driver 2をインストールしておく必要があります。

商標について

ページの先頭へ戻る