ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 周辺機器
  4. プリンタ
  5. ページプリンタ
  6. その他
  7. iPrinting.Secu@
ここから本文です。

iPrinting.Secu@ / 認証印刷

本商品は販売終了致しました。

ICカードを利用したユーザ認証で印刷時のセキュリティ対策やTCO削減を実現。

9300C 9300C 2900C 7600C 5750C 5700C
8500N 8450NW 8450N 8250N 8250

ICカード*を利用し、クライアントからの出力指示時とプリンタからの出力時に二重でユーザ認証を行うことが可能。これにより、第三者が機密情報の紙文書を手にすることを防ぎます。しかも印刷の伝送路を暗号化し、ネットワークでの盗み見による情報漏洩も防止。定められた時間が経過しても出力されないファイルを、自動的に削除する機能により不正アクセスによる情報漏洩を未然に防ぎます。

印刷ログの採集機能により、誰が、いつ、何を、どのプリンタを使って出力したかを把握することも可能で、セキュリティ・ポリシーに基づいた出力管理が行えます。

  • *:FeliCa®、MIFAREに対応

iPrinting.Secu@4.0の特長

サーバレスシステムの構築が可能

サーバレスで手軽にシステム構築ができます。また、認証サーバと連携したシステムへの拡張も可能で、お客様のシステム規模に応じた柔軟なシステム構成が可能です。

システム構成例と動作(サーバレス構成/プリント時認証)

  • ※1:LANは有線または無線の選択が可能です。
  • ※2:LAN接続または認定印刷アダプタのUSBポート接続の選択が可能です。

サーバレス構成の説明

システム構成例と動作(サーバ構成/デュアル認証)

  • ※1:LANは有線または無線の選択が可能です。
  • ※2:LAN接続または認定印刷アダプタのUSBポート接続の選択が可能です。

サーバ構成の説明

  • *:設定により、印刷データをクライアントパソコンに蓄積することも可能です。

外部認証サーバとの連携

  • SmartOn® NEO ACL やActive Directory® 、GateSync®との連携
    本商品の認証サーバで認証後、連携する外部認証サービスによって再度ユーザーを認証できます。
  • SmartOn Solo またはSmartOn IDとの同時利用
    SmartOn Soloまたは、SmartOn IDによってWindows へのログオンにもちいているICカードで認証印刷できます。
  • *:SmartOn ID 2.0 で使用できるデータフォーマットは、IDm だけです。

MIFAREに対応

FeliCa® に加えてMIFARE*をサポートし、より多くのお客様のシステムに対応可能となりました。

  • *:プリント時認証のみ。

SSFCフォーマットに対応

FeliCa® のSSFC(Shared Security Formats Cooperation)に対応。入退室ゲートなどSSFC対応機器と連携した運用が可能です。

その他の機能

3種類の認証方法

セキュリティポリシーにあわせた認証方法を選択できます。

■プリント時認証印刷 :プリンタで認証を行います。

■デュアル認証印刷:クライアントコンパソコンとプリンタで認証を行います。

■シングル認証印刷:クライアントパソコンで認証を行います。

  • *:設置はシステム管理者がつくったシステム情報に基づいてインストール時に行われます。

プリンタグループ機能

対応プリンタであれば、異なるプリンタでもグループに登録されたどのプリンタからでも印刷できる機能です。プリンタグループ機能には、2種類あります。

  • グループ機能1:同じ機種のプリンタをグループ化
    ※オプション構成や用紙セットなどの条件が同じである必要があります。
    ※機種個別ドライバ利用
  • グループ機能2:本機能に対応したマルチライタをすべてグループ化
    ※グループ機能2専用の仮想プリンタドライバ利用
    対応機種についてはこちらを参照願います

印刷経路の暗号化通信機能

ユーザ認証だけでなく、クライアントからプリンタまでの伝送路通信の安全も保たれ、ネットワークでの盗聴による情報漏洩も未然に防ぎます。

印刷の各種ログ収集機能

「誰が、いつ、何を、どのプリンタで出力したか」などのログ情報の収集・管理ができます。

例えば、業務を行っていないときに大量のプリントアウトがされているなど、情報漏洩の可能性をいち早く察知することができ、万一の情報漏洩時もその経路を容易に追跡することができます。

商標について

ページの先頭へ戻る