ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 周辺機器
  4. プリンタ
  5. ページプリンタ
  6. モノクロページプリンタ
  7. モノクロA3 スタンダード
  8. ・8300
  9. 仕様概要
ここから本文です。

マルチライタ 8300

8300

仕様概要

商品名 A3対応モノクロプリンタ
MultiWriter 8300
型番 PR-L8300
希望小売価格(税別) 98,000円
プリント方式 レーザビーム乾式電子写真方式(半導体レーザ)
解像度*1 1,200dpi×1,200dpi*2、600dpi×600dpi★
★スムージング機能により2,400dpi相当の印刷が行えます
階調/表現色 256階調
ウォームアップ時間 電源投入から14秒必要 (23℃) (スリープモード時は12秒以下)
連続プリント速度*3 片面 A4ヨコ:32頁/分、A3:17.4頁/分
両面 A4ヨコ:21.4頁/分、A3:12.2頁/分
ファーストプリント時間*4 約8.6秒
プリンタ内蔵フォント 平成明朝体TM W3、平成角ゴシック体TM W5、欧文21書体、OCR-Bフォント*5、バーコードフォント*5
バーコード印刷*5(内蔵*6 カスタマバーコード、JAN(8桁、13桁)、Code39、NW-7、Industrial 2 of 5、Interleaved 2 of 5、GS1-128(旧称:UCC/EAN-128)*7、Matrix 2 of 5*8、QRコード*9
用紙サイズ 標準 トレイ A3、B4、A4、B5、A5、レター、自由サイズ*2*10(幅76.2〜297mm×長さ148〜431.8mm)
手差しトレイ A3、B4、A4、B5、A5、レター、ハガキ/往復ハガキ*2*11、封筒*2*12(洋形4号、長形3号)、自由サイズ*2*10(幅75〜297mm×長さ98.4〜431.8mm、幅297×長さ900mm)
オプション

トレイモジュール:A3、B4、A4、B5、A5、レター、自由サイズ*2*11(幅76.2〜297mm× 長さ148〜431.8mm)

最大給紙容量*13*14 標準 トレイ 250枚
手差しトレイ 200枚
オプション

トレイモジュール(250):250枚

トレイモジュール(550):550枚

最大 1,550枚(標準トレイ250枚+手差しトレイ200枚+トレイモジュール(550)550枚×2段)
用紙坪量 標準 トレイ 60〜216g/m2
手差しトレイ 60〜216g/m2
オプション トレイモジュール(250)・トレイモジュール(550):60〜216g/m2
最大排紙容量*13 標準 250枚(フェイスダウン)
両面機能*15 可能(オプション)(坪量60〜157g/m2
インタフェース イーサネット<100BASE-TX/10BASE-T><1000BASE-T*16(オプション)>(マルチプロトコル、IPv6対応)、USB2.0(Hi-Speed)、IEEE1284規格準拠双方向パラレル*16(オプション)
対応プロトコル 標準 TCP/IP(IPv4/IPv6:lpd、SMB、Port9100、IPP)、NetWare®(IPX/SPX)
オプション EtherTalk*27
コマンド体系 標準 NPDL Level2(201PLエミュレーション含む)、ART EX
オプション Adobe® PostScript® 3TM*27
エミュレーション 標準 ART IV、ESC/P、PCL5、PCL6、PC-PR201PL、HP-GL*17、HP-GL/2*17、HP RTL*17(HP DesignJet 750C Plus)、TIFF、PDF、XPS(XML Paper Specification)、DocuWorks文書(XDW)
ページ拡大/縮小機能 拡大:B4→A3、A4→A3、A4→B4、B5→B4、B5→A4
縮小:A3→B4、A3→A4、B4→A4(4/5倍、2/3倍)、帳票→B4、帳票→A4、A4×2→A4、A4→B5、B5×2→B5、B4→B5
※NPDLの場合
プリンタドライバ機能により10〜400%の1%刻み ※NPDLの場合
CPU PowerPC® 667MHz
メモリ容量 512MB(最大1.5GB)
ハードディスク*18 30GB以上(オプション)
使用環境*19 動作時:10〜32℃、15〜85%(結露しないこと)、非使用時(保管時):-10~40℃、5~85%(結露しないこと)
電源 AC100V±10%、15A*20、50/60Hz兼用(推奨コンセント容量)
消費電力*21 動作時 最大:1,020W(フルオプション時)
平均:720W ※プリンタ単体時970W
節電モード 1.7W
エネルギー消費効率*22 102kWh/年 区分:プリンターC
大きさ*23 幅531×奥行443★×高さ324mm
★カセット伸長時627mm
質量 約24.0kg(消耗品含む)
約21.0kg(消耗品含まず)
耐久性*24 120万頁印刷時(A4ヨコ)もしくは5年の早い方
動作音*25 動作時:6.8B、54dB、待機時:5.3B、33dB
本体附属品 消耗品 EPカートリッジ(約6,000頁印刷可能*26
電源ケーブル関連 電源ケーブル(2.5m、2極並行型・アース付き)
プリンタソフトウェアCD-ROM Windows用プリンタドライバ、オンラインマニュアル、ダイレクトプリントツール「ContentsBridge」
その他 ユーザーズマニュアル、設置手順書、保証書
EMC VCCIクラスB情報技術装置
  • 普通紙は乾式PPC用紙をご使用ください。
  • 600dpiは23.6ドット/mm、1,200dpiは47.2ドット/mm、2,400dpiは94.5ドット/mmに相当します。
  • 用紙坪量60g/m2は連量52kg、64g/m2は55kg、157g/m2は135kg、216g/m2は186kgとなります。
  • *1:解像度は主走査方向×副走査方向で表記しています。2,400dpi相当は(9,600×600)=2,400dpi相当。
  • *2:標準対応のMac OS Xドライバでは対応していません。オプションのPostScriptソフトウェアキットが必要です。
  • *3:解像度600dpi時、同一ページ複写印刷時。なお、罫線およびグラフなどが含まれるデータの印刷速度は、データ量、転送方式により低下する場合があります。厚紙(ハガキを含む)、小サイズ紙等、用紙の種類・サイズ・送り方向によっては印刷速度が低下する場合があります。連続印刷時に、プリンタ本体の温度調整や画質調整のため動作を休止もしくは印刷速度が低下する場合があります。
  • *4:印刷動作が始まってから1枚目の用紙が排出されるまでの時間。
  • *5:OCR-B相当印刷やバーコード印刷の読み取りに関しては、OCR装置、バーコードスキャナでの評価が必要です。あらかじめご確認されることをおすすめします。
  • *6:MS-DOSなどのアプリケーションがプリンタの制御コードを発行できる環境で使用可能。
  • *7:流通システム開発センターの標準料金代理収納ガイドラインの範囲での対応となります。
  • *8:ART ⅣおよびESC/Pコマンドを用いて印刷可能です。
  • *9:ART Ⅳ、ESC/P、PCL5、PSコマンドを用いて印刷可能です。
  • *10:ご使用にあたっては、事前に用紙走行性などご確認いただきますようお願いいたします。
  • *11:大きさ・厚さともに郵便ハガキ(日本郵便製)相当のもの。写真付きの厚いハガキやインクジェット用のハガキなどはご使用になれない場合があります。
  • *12:内カマス、のりなし。封筒に関しましては、材質によりご使用になれない場合があります。
  • *13:最大用紙枚数は坪量64g/m2用紙使用時の値です。
  • *14:トレイモジュール、手差しトレイ間のリレー給紙が可能。
  • *15:用紙種類、用紙サイズによっては両面印刷ができない場合があります。あらかじめご確認されることをおすすめします。
  • *16:ギガビットイーサネットカードとパラレルポートとの同時実装はできません。本体標準LANとの併用は不可。
  • *17:すべての機能には対応していませんので事前の出力検証を推奨します。
  • *18:実際のハードディスク容量とは異なる場合があります。
  • *19:高温かつ高湿度時は条件が異なります。
  • *20:機械側最大電流は11A。
  • *21:最大値は瞬間的ピークを除いた値です。
  • *22:省エネ法(平成25年3月1日付)で定められた測定方法による数値。
  • *23:突起部、オプション品を除く。
  • *24:有寿命部品(有償)を定期的に交換した場合の値です。
  • *25:ISO7779に準拠した測定条件による。単位B:音響パワーレベル(LWAd)、単位dB(A):放射音圧レベル(バイスタンダ位置)。
  • *26:JIS X 6931(ISO/IEC 19752)に基づき、A4 ヨコ通紙で片面連続印刷した場合の公表値です。実際の印刷可能頁数は、印刷内容や、用紙サイズ、用紙の種類、使用環境などや、本体の電源ON/OFF に伴う初期化動作や、印刷品質保持のための調整動作などにより変動し、公表値と大きく異なることがあります。
  • *27:オプションのPostScriptソフトウェアキットが必要です。

商標について

ページの先頭へ戻る