ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 周辺機器
  4. プリンタ
  5. ページプリンタ
  6. その他
  7. マルチライタ 2360N/2360
ここから本文です。

MultiWriter 2360N/2360 (型番:PR-L2360N/PR-L2360)

MultiWriter 2360

本商品は販売終了致しました。

【ネットワーク標準対応モデル】
MultiWriter 2360N (型番:PR-L2360N)
希望小売価格 128,000円(税別)(プリンタ本体+EPカートリッジ1個)

【ネットワークオプション対応モデル】
MultiWriter 2360 (型番:PR-L2360)
希望小売価格 108,000円(税別)(プリンタ本体+EPカートリッジ1個)

  • 写真はマルチライタ2360です。
  • 販売終了製品の情報は、販売終了時点の内容となります。予めご了承ください。
  • 価格は弊社の希望小売価格(税別)であり、法人のお客様への販売を対象に価格を表示しております。

特長

  • 21頁/分(A4横)の印刷速度
  • ファーストプリント約7秒
  • ウォームアップ時間は8秒以下(節電モード時)
  • 最大30枚の手差しトレイ給紙が可能
  • USB2.0(Hi-Speed)インタフェースを標準装備
  • 両面印刷機能に標準対応
  • 本体前面操作でメンテナンスが容易
  • ネットワークスキャナ&簡易コピー機能を実現可能(オプション) ※2360はスキャナユニットに対応しません。
  • 複数ページレイアウト機能に対応
  • 複数文書の一括再印刷が可能なPrintAgentリプリント2に対応
  • リアル1,200dpiの解像度
  • ネットワークに標準対応(マルチライタ2360はオプション)

仕様概要

印刷方式 レーザビーム乾式電子写真方式(半導体レーザ)
解像度*1 1,200dpi×1,200dpi★、600dpi×600dpi★、
400dpi×400dpi
★SET機能により2,400dpi相当、1,500dpi相当の印刷が行えます
エッジスムージング処理 SET(Sharp Edge Technology)を採用
印刷速度*2 片面 A4横:21頁/分*3(約7秒)
B4:12頁/分*3(約9秒)
A3:11.5頁/分*3(約9.5秒)
両面 A4横:16頁/分*3
B4:9.5頁/分*3
A3:8.5頁/分*3
文字の種類 英数字・記号96種、カタカナ・記号63種、ひらがな55種、各国別15種、CGグラフィック56種、漢字7,014種*4(第1水準2,965字、非漢字665種、第2水準3,384字)、外字登録256字、ダウンロード128字
プリンタ内蔵フォント 明朝体-Lアウトラインフォント、ゴシック体-Mアウトラインフォント、OCR-B相当文字*5
バーコード印刷*5
(内蔵*6
カスタマバーコード、JAN(8桁、13桁)、Code39、NW-7、Industrial 2 of 5、Interleaved 2 of 5、UCC/EAN-128
用紙サイズ 標準 ホッパ/
カセット
標準ホッパ:A3、B4、A4、B5、A5、レター
MPカセット:A3、B4、A4、B5、A5、レター、ハガキ/往復ハガキ*7、封筒*8(洋形4号)、自由サイズ*9(幅100~297mm×長さ148~420mm)
手差し
トレイ
A3、B4、A4、B5、A5、レター、ハガキ/往復ハガキ*7、封筒*8(洋形4号)、自由サイズ*9(幅100~297mm×長さ148~420mm)
オプション 増設ホッパ(250):A3、B4、A4、B5、A5、レター
増設ホッパ(500):A3、B4、A4、レター
用紙種類
最大給紙容量 *10 *11
標準 ホッパ/
カセット
標準ホッパ:普通紙250枚、ラベル紙*12(B4、A4)30枚
MPカセット:普通紙100枚、ハガキ/往復ハガキ*7 30枚、封筒*8 10枚、OHPシート*13 30枚、ラベル紙*12(B4、A4)30枚
手差し
トレイ
普通紙30枚、ハガキ/往復ハガキ*7 *14 10枚、封筒*8 5枚、OHPシート*13 10枚、ラベル紙*12(B4、A4)10枚
オプション 増設ホッパ(250):普通紙250枚
増設ホッパ(500):普通紙500枚
用紙厚 標準 ホッパ/
カセット
標準ホッパ:坪量64~81.4g/m²
MPカセット:坪量64~128g/m²
手差し
トレイ
坪量64~128g/m²
オプション 増設ホッパ(250)・増設ホッパ(500):坪量64~81.4g/m²
最大排紙容量*10 標準 250枚(フェイスダウン)
両面印刷*15 可能*16(坪量:64~81.4g/m²)
インタフェース マルチライタ2360N:IEEE1284規格準拠双方向パラレル、イーサネット<100BASE-TX/10BASE-T>(TCP/IP)、USB2.0(Hi-Speed)、専用拡張スロット×1
マルチライタ2360:IEEE1284規格準拠双方向パラレル、USB2.0(Hi-Speed)、専用拡張スロット×1
コマンド体系 NPDL Level2(NMPS対応,201PLエミュレーション含む)、ESC/Pエミュレーション、HP-GL(7550A)エミュレーション
ページ拡大/縮小機能 拡大:B4→A3、A4→A3、A4→B4、B5→B4、B5→A4
縮小:A3→B4、A3→A4、B4→A4(4/5倍,2/3倍)、帳票→B4、帳票→A4、A4×2→A4、A4→B5、B5×2→B5、B4→B5
※NPDLモード
プリンタドライバ機能により10~400%の1%刻み
CPU RM5231A(200MHz)
メモリ容量 標準 16MB
最大 272MB(増設用スロットは1スロット)
温湿度条件 動作時:10~32.5℃、20~80%(ただし結露しないこと)
ウォームアップ時間 節電モード時:8秒以下(電源投入から最高15秒必要)(20℃)
電源 AC100V±10%、50/60Hz兼用
消費電力*17 動作時 最大830W以下(プリンタ単体時)
平均425W以下
※フルオプション時最大850W以下
節電モード 20W以下
外形寸法*18 459(W)×598(D)×319(H)mm(カセット伸長時)
459(W)×463(D)×319(H)mm(カセット縮小時)
質量 約19.0kg(EPカートリッジ含む)
約17.2kg(EPカートリッジ含まず)
装置寿命*19 60万頁印刷時(A4)もしくは5年の早い方
稼動音*20 動作時 50dB以下
待機時 36dB以下
添付品 消耗品/カセット関連 EPカートリッジ(PR-L2300-11相当品)、標準カセット、MPカセット
電源ケーブル関連 電源ケーブル(2.5m、2極並行型・アース付き)
プリンタ
ソフトウェア
CD-ROM
Windows® 95/98/Me/2000/XP、Windows NT® 4.0、Windows Server® 2003(各日本語版)用プリンタドライバおよびPrintAgent®、iPrinting.DeliveryService、NEC Internet Printing System、NEC TrueTypeバーコードフォント、NEC FontAvenue TrueTypeフォント3書体*21、オンラインマニュアル、帳票エディタ「帳楽®」お試し版*22、ドキュメント・ハンドリング・ソフトウェア「DocuWorks™(体験版)*23
その他 ユーザーズマニュアル、保証書、お客様登録申込書、サービス網一覧
  • 本Webサイト上の価格は弊社の希望小売価格(税別)であり、法人のお客様への販売を対象に価格を表示しております。
  • プログラムにてプリンタを制御する場合には、NPDL Level 2 リファレンスマニュアル(オプション)をご参照ください。
  • 普通紙は乾式PPC用紙をご使用ください。
  • 400dpiは15.7ドット/mm、600dpiは23.6ドット/mm、1,200dpiは47.2ドット/mm、1,500dpiは59.1ドット/mm、2,400dpiは94.5ドット/mmに相当します。
  • *1:解像度は主走査方向×副走査方向で表記しています。2,400dpi相当はdpi相当。
    1,500dpi相当はdpi相当。
  • *2:同一ページ複写印刷時。( )内はファーストプリント時間。(1ページ目のホッパ1からの印刷に必要な最短時間)なお、罫線およびグラフなどのドットデータの印刷速度は、データ量、転送方式により異なります。また、OHP、ラベル紙、厚紙(ハガキを含む)等での印刷時は、同サイズの普通紙に比べて印刷速度が遅くなる場合があります。
  • *3:2,400dpi相当出力時の印刷速度は、約半分の速度となります。
  • *4:漢字はJIS C6226-1978に準拠(JIS X0208-1983、JIS X0208-1990に切り替え可能)。
  • *5:OCR-B相当印刷やバーコード印刷の読み取りに関しては、OCR装置、バーコードスキャナでの評価が必要です。あらかじめご確認されることをお勧めします。
  • *6:MS-DOSなどのアプリケーションがプリンタの制御コードを発行できる環境で使用可能。
  • *7:大きさ・厚さともに官製ハガキ相当のもの。写真付きの厚いハガキなどはご使用になれない場合があります。
  • *8:内カマス、のりなし。封筒に関しましては、材質によりご使用になれない場合があります。
  • *9:ご使用にあたっては、事前に用紙走行性などご確認いただきますようお願いいたします。
  • *10:最大用紙枚数は坪量64g/m²用紙使用時の値です。
  • *11:ホッパ、MPカセット、手差しトレイ間のリレー給紙が可能。
  • *12:ラベル紙は台紙全体がラベルで覆われた乾式PPC用のもの。
  • *13:乾式PPC用で両面とも表面処理されたもの。
  • *14:官製往復ハガキは縦置きのみ使用可能。
  • *15:自由サイズの普通紙、ハガキ/往復ハガキ、封筒、OHPシート、ラベル紙には両面印刷はできません。
  • *16:オプションの増設メモリを増設することをお勧めします。
  • *17:最大値は瞬間的ピークを除いた値です。
  • *18:突起部、オプション品を除く。
  • *19:商品の性能維持のためには有寿命部品(有償)の交換が必要です。
    有寿命部品(有償)の詳細は、こちらをご覧ください。
  • *20:ISO7779に準拠した測定条件による。
  • *21:丸ゴシック体-Mアウトラインフォント、教科書体-Mアウトラインフォント、瑞筆行書体-Mアウトラインフォント。
  • *22:初めて起動した日から90日間ご利用いただけます。
  • *23:インストールした日時から60日間ご利用いただけます。

関連商品

  • 販売終了済みの製品も記載されています。
  型 番 品 名 希望小売価格
(税別)
備 考





PR-L2300-11 PR-L2300-11 EPカートリッジ 30,000円 約6,000枚印刷可能*1(A4画像面積比5%片面連続印刷時)
PR-L2300-12 PR-L2300-12 EPカートリッジ 48,000円 約12,000枚印刷可能*1(A4画像面積比5%片面連続印刷時)





PR-MW-SC13 PR-MW-SC13
スキャナユニット*2 98,000円 プリンタに接続し、原稿のネットワークスキャンおよび簡易コピーを可能にするスキャナユニット。接続ボード、ケーブル(2m)付き。マルチライタ2360Nのみ対応
PR-MW-SF10 PR-MW-SF10 ADFユニット*3 20,000円 スキャナユニットに接続し、最大25枚の原稿の自動送りを可能とするオートドキュメントフィーダ。マルチライタ2360Nのみ対応
PR-MW-ST10 PR-MW-ST10 スキャナテーブル 30,000円 スキャナ設置台。組立式。プリンタに増設ホッパ(型番:PR-L2360-02・03)を装着した場合は利用不可。マルチライタ2360Nのみ対応



PR-L2360-02 PR-L2360-02 増設ホッパ(250) 50,000円 A3・B4・A4縦/横・B5・A5・レターの普通紙を最高250枚連続給紙可能。PR-L2300-04相当品を1個添付。質量約4.3kg
PR-L2360-03 PR-L2360-03 増設ホッパ(500)*4 75,000円 A3・B4・A4縦/横・レターの普通紙を最高500枚連続給紙可能。PR-L2300-05相当品を1個添付。質量約5.5kg
PR-L2300-04 PR-L2300-04 用紙カセット(250) 15,000円 A3・B4・A4縦/横・B5・A5・レターの普通紙を最高250枚連続給紙可能。PR-L2300-02、PR-L2360-02にも使用可能。質量約1.6kg
PR-L2300-05 PR-L2300-05 用紙カセット(500)*4 20,000円 A3・B4・A4縦/横・レターの普通紙を最高500枚連続給紙可能。PR-L2300-03、PR-L2360-03に使用可能。質量約2.5kg
PR-L2300-MP PR-L2300-MP MPカセット 10,000円 A3・B4・A4縦/横・B5・A5・レターの普通紙を最高100枚連続給紙可能。ハガキ/往復ハガキ、OHP、ラベル紙最高30枚連続給紙可能。封筒最高10枚連続給紙可能。質量約1.1kg







PR-WLX-13 PR-WLX-13 無線LANボード*5 49,800円 IEEE802.11b規格に準拠した無線LAN機能を提供するプリンタ内蔵型ネットワークボード。対応プロトコルはTCP/IP
PR-NP-03TR2 PR-NP-03TR2 LANアダプタ(TCP/IP) 59,800円 高速イーサネット(100BASE-TX)にプリンタを接続するための外付けアダプタ。10BASE-Tにも対応。Windows Server® 2003、
Windows®XP/
2000、
Windows NT®、
Windows® 95/ 98/ Me、UNIXに対応。プリンタ接続ケーブル添付。リモート電源制御機能搭載
PR-NPX-05 PR-NPX-05 マルチプロトコル
LANアダプタ
39,800円 高速イーサネット(100BASE-TX)にプリンタを接続するためのパラレルインタフェース直付けのアダプタ。10BASE-Tにも対応。NetWare®、 Windows Server® 2003、 Windows®XP/  2000、
Windows NT®4.0、 Windows®95/  98/ Me、UNIXに対応。(PrintAgent®、 SNMP(Printer MIB, HostResources MIB)には対応していません)


PR-MW-M013 PR-MW-M013 増設メモリ(128MB) 40,000円 高速電子ソート印刷や高解像度印刷に対応させるためのメモリ。さらに、アウトラインフォント多用の文書や両面印刷の印刷速度を向上させたり、多量のフォームデータを登録することも可能。128MBで最大1枚増設可能
PR-MW-M014 PR-MW-M014 増設メモリ(256MB) 70,000円 高速電子ソート印刷や高解像度印刷に対応させるためのメモリ。さらに、アウトラインフォント多用の文書や両面印刷の印刷速度を向上させたり、多量のフォームデータを登録することも可能。256MBで最大1枚増設可能



PR-UCX-02 PR-UCX-02 USBケーブル 1,500円 プリンタとパソコンのUSBインタフェースを接続するためのケーブル。USB2.0 Hi-Speedに対応。2m
  PC-PRCA-01 プリンタケーブル 3,000円 PC98-NXシリーズを含むIBM PC/AT互換機(DOS/V対応機)用プリンタケーブル。D-sub25ピン、1.5m
  PC-CA202 プリンタケーブル 3,000円 PC-9800シリーズ用プリンタケーブル。ハーフピッチ36ピン、1.5m
  PC-CA203 プリンタケーブル 5,000円 PC-9800シリーズ用プリンタケーブル。14ピン、4m
  PC-CA204 プリンタケーブル 5,000円 PC-9800シリーズ用プリンタケーブル。ハーフピッチ36ピン、4m
  PC-CA205 プリンタケーブル 5,000円 PC98-NXシリーズ用プリンタケーブル。D-sub25ピン、4m





PR-SW-IP02S/P PR-SW-IP02S iPrinting.
AutoServer21 Std
198,000円 インターネット、イントラネット環境において、クライアントパソコンのWebブラウザからの指示でドキュメントの印刷を行うためのサーバソフトウェア
PR-SW-IP02P iPrinting.
AutoServer21 Pro
498,000円 インターネット、イントラネット環境において、クライアントパソコンのWebブラウザからの指示でドキュメントの印刷を行うためのサーバソフトウェア。APIを提供


  PC-PRNPDL2-RM NPDL Level2リファレンスマニュアル 3,000円 NPDL Level2のリファレンスマニュアル
PC-PR601-14 PC-PR601-14 クリーニングキット 2,000円 プリンタ内部を清掃するためのキット
  • 本Webサイト上の価格は弊社の希望小売価格(税別)であり、法人のお客様への販売を対象に価格を表示しております。
  • パソコンとの接続には、当社指定のケーブルをご使用ください。指定以外のケーブルを使用したり、市販のプリンタバッファ、プリンタの切替器、プリンタ共有器などを使用すると、プリンタの機能の一部または全部が正常に動作しない場合があります。
  • 普通紙は乾式PPC用紙をご使用ください。
  • *1:印刷可能枚数は目安です。印刷内容、用紙サイズ・種類、使用環境などにより実際の印刷可能枚数は少なくなる場合があります。
  • *2:無線LANボードや外付けLANアダプタとの併用はできません。
  • *3:スキャナユニット(型番:PR-MW-SC13)が必要です。また、両面コピー、ソート、2ページレイアウト機能やネットワークスキャナ機能を利用する場合、プリンタ本体に64MB以上のメモリ増設が必要です。なお、ADF全ての機能を十分にご利用いただくために、プリンタ本体に128MB以上のメモリ増設を推奨します。
  • *4:用紙カセットの縮小はできません。
  • *5:マルチライタ2360Nは標準装備のイーサネットの同時使用はできません。また、スキャナユニット(型番:PR-MW-SC13)との同時使用はできません。

消耗品

本製品の消耗品についてはこちらをご参照下さい。

ドライバダウンロード

本製品のプリンタドライバ/ソフトウェアダウンロードについては下記をご参照下さい。

商標について

ページの先頭へ戻る