ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 周辺機器
  4. プリンタ
  5. ページプリンタ
  6. その他
  7. カラーマルチライタ 9050
ここから本文です。

Color MultiWriter 9050(型番:PR-L9050)

Color MultiWriter 9050

本製品は販売終了致しました。

Color MultiWriter 9050(型番:PR-L9050)
希望小売価格 398,000円 (税別)

  • 販売終了製品の情報は、販売終了時点の内容となります。予めご了承ください。
  • 価格は弊社の希望小売価格(税別)であり、法人のお客様への販売を対象に価格を表示しております。

特長

  • カラー4頁/分、モノクロ16頁/分
  • 解像度1,200dpi×1,200dpi相当
  • ネットワークに最適、高速/高品位A3ノビ対応カラーページプリンタ(LANアダプタ標準添付)

仕様概要

印刷方式 レーザビーム乾式電子写真方式(半導体レーザ)
解像度 1,200dpi×1,200dpi相当
エッジスムージング処理 可能
色調整機能 搭載(プリンタドライバ機能によりカラー補正、イメージ調整可能)
印刷速度 カラーA4横:約4頁/分、カラーA3:約2頁/分、モノクロA4横:約16頁/分、モノクロA3:約8頁/分
印刷方向 縦方向/横方向
給紙方式/使用用紙 250枚ユニバーサル用紙トレイ(本体に1段標準装備)/トレイモジュール(別売)(250枚ユニバーサル用紙トレイ3段装着済み)/2段トレイモジュール(別売)(250枚ユニバーサル用紙トレイ2段装着済み)(A3・B4・A4縦・A4横・B5・レター縦・レター横のカット紙<坪量 :64~105g/㎡(連量:55~90kg)>最高250枚)

手差しトレイ(A3ノビ(幅:304.8~330.2mm、長さ:420~457.2mm)・A3・B4・A4縦・A4横・B5・A5・レター縦・レター横のカット紙<坪量 :60~220g/㎡(連量:52~189kg)>最高150枚、ハガキ最高75枚(大きさ・厚さともに官製ハガキ相当のもの。Macintoshでは使用できません。)、封筒最高20枚(洋形4号、内カマス、のりなし。材質によりご使用になれない場合が有ります。Macintoshでは使用できません。)、専用OHPフィルム、ラベル紙(B4・A4)最高75枚)

特A3用紙トレイ(別売)(A3ノビ(幅:304.8~330.2mm、長さ:420~457.2mm)のカット紙<坪量 :64~105g/㎡(連量:55~90kg)>最高250枚)
排紙方式 フェイスダウン:カット紙最高250枚
フェイスアップ:カット紙最高150枚(A4の場合。A4を超えるサイズは50枚)
インタフェース IEEE1284規格準拠双方向パラレル、イーサネット(標準:100BASE-TX/10BASE-T)(TCP/IP)※パラレルインターフェイスとイーサネットは排他使用となります。
ページ拡大/縮小機能 プリンタドライバ機能により25~400%の1%刻み
メモリ容量 標準32MB
※増設メモリ(別売)を実装することで、最大128MBまで増設が可能(増設メモリスロットは3スロット)。
温湿度条件 動作時:10~32.5℃、20~80%(ただし結露しないこと)
ウォームアップ時間 電源投入から最高300秒必要(22℃)(節電モード時も同じ)
稼動音 稼動時:55dB以下(ISO7779測定条件適用)
電源 AC100V±10%、50/60Hz兼用2極(アース付き)
消費電力 動作時:最大1,100W以下(フルオプション時)、平均560W以下
節電モード時:45W以下
外形寸法 560(W)×641(D)×491(H)mm ※LANアダプタ、手差しトレイ、フェイスアップトレイ含まず
重量 約69.5kg(各カートリッジ含む)※LANアダプタ含まず
装置寿命 18万頁印刷時(A4)もしくは5年の早い方
搭載フォント ■日本語(4書体) JPリョービ本明朝-L、JPリョービゴシック-B、JPリョービP本明朝-L、JPリョービPゴシック-B
■欧文(15書体) Arial, Arial Bold, Arial Italic, Arial Bold Italic, Courier New, Courier New Bold, Courier New Italic, Courier New Bold Italic, Times New Roman, Times New Roman Bold, Times New Roman Italic, Times New Roman Bold Italic, Cebtury, Symbol, Windings

関連商品

  • 販売終了済みの製品も記載されています。
型名 品名 希望小売価格
(税別)
概要
PR-L9000-11 トナーカートリッジ(イエロー) 16,000円 各色約4,500枚印刷可能
(A4画像面積比5%連続印刷時)
PR-L9000-12 トナーカートリッジ(マゼンタ) 16,000円
PR-L9000-13 トナーカートリッジ(シアン) 16,000円
PR-L9000-14 トナーカートリッジ(ブラック) 14,000円
PR-L9000-31 ドラムカートリッジ 25,000円 約20,000枚印刷可能(A4横送り画像面積比5%、黒:カラー=1:1片面連続印刷時)。トナー回収カートリッジ付き
(カラーのみで約12,500枚もしくは、黒のみで約50,000枚印刷可能)(A4横送り画像面積比5%片面連続印刷時)。
PR-L9000-32 オイルロールカートリッジ 6,000円 約20,000枚印刷で交換
PR-L9000-33 トナー回収カートリッジ 3,000円 約20,000枚印刷で交換(A4画像面積比5%、黒:カラー=1:1印刷時)
PR-L9000-TP01 OHPフィルムセット(A4) 12,000円 A4サイズの専用OHPフィルム100枚セット
PR-L9000-03 トレイモジュール 100,000円 250枚ユニバーサル用紙トレイ×3段増設ホッパ。A3、B4、A4、B5を最高750枚(250枚×3段)連続給紙が可能なキャスター付き給紙ユニット。560(W)X562(D)X426(H)mm
PR-L9050-02 2段トレイモジュール 80,000円 250枚ユニバーサル用紙トレイ×2段増設ホッパ。A3、B4、A4、B5を最高500枚(250枚×2段)連続給紙が可能なキャスター付き給紙ユニット。560(W)X562(D)X302(H)mm
PR-L9000-04 250枚ユニバーサル用紙トレイ 12,000円 本体及びトレイモジュールの用紙トレイと交換して 使用するための予備用増設カセット
PR-L9000-05 特A3用紙トレイ 20,000円 A3ノビ(幅:304.8~330.2mm、長さ:420~457.2mm)の用紙 を最高250枚連続給紙する際使用。本体の用紙トレイと交換して使用
PR-L9000-M1 増設メモリ(16MB) 30,000円 写真画像や、グラフィックソフトなどのデータ量の大きい印刷を行うための増設用メモリ。最大3枚増設可能。
PR-L9000-M2 増設メモリ(32MB) 60,000円
PR-L9050-HD ハードディスク 100,000円 電子ソート機能を可能にするための増設ハードディスク。容量3.2GB。
PR-NP-02T2 LANアダプタ(TCP/IP) 44,800円
(2000年12月 価格改定)
高速イーサネット(100BASE-TX/10BASE-T)にプリンタを接続するための外付けアダプタ。Windows2000®WindowsNT®、Windows®95/98、UNIXに対応。プリンタケーブル、コンセント付き。相当品が標準添付。
PR-NP-03TR2 LANアダプタ(TCP/IP) 59,800円
(2000年12月 価格改定)
高速イーサネット(100BASE-TX/10BASE-T)にプリンタを接続するための外付けアダプタ。Windows2000®WindowsNT®、Windows®95/98、UNIXに対応。リモート電源制御機能搭載。プリンタケーブル、コンセント付き。
PC-PR-L04 マルチプロトコルLANアダプタ 59,800円
(2000年12月 価格改定)
イーサネット(10BASE2/10BASE-T)にプリンタを接続するための外付けアダプタ。Windows NT®、IntranetWare®、NetWare®、LANマネージャ、UNIX、Windows®95/98、に対応。プリンタケーブル、コンセント付き。
PC-PRCA-01 プリンタケーブル 3,000円 PC98-NXシリーズ、DOS/V対応機用プリンタケーブル。D-sub25ピン、1.5m
PC-CA202 プリンタケーブル 3,000円 PC-9800シリーズ用プリンタケーブル。ハーフピッチ36ピン、1.5m
PC-CA204 プリンタケーブル 5,000円 PC-9800シリーズ用プリンタケーブル。ハーフピッチ36ピン、4m
PC-CA205 プリンタケーブル 5,000円 PC-9800シリーズ用プリンタケーブル。D-sub25ピン、4m
  • 印刷内容、用紙サイズ・種類、温度等の使用環境、本体電源のON/OFF、間隔をあけた印刷などにより、印刷品質を保持する調整動作が入り、実際の印刷可能枚数は少なくなる場合があります。

商標について

ページの先頭へ戻る