ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. 周辺機器
  4. プリンタ
  5. ページプリンタ
  6. カラーページプリンタ
  7. カラーA3
  8. ・9010C
ここから本文です。

カラーマルチライタ 9010C

Color MultiWriter 9010C

Color MultiWriter 9010C(型番:PR-L9010C) 希望小売価格 128,000円 (税別)
(プリンタ本体+各種カートリッジ1個)

  • 価格は弊社の希望小売価格(税別)であり、法人のお客様への販売を対象に価格を表示しております。

A3対応
25頁/分 カラー*1
25頁/分 モノクロ*1
9,600dpi相当×600dpi カラー
リアル1,200dpi×1,200dpi
標準495枚給紙
最大2,505枚給紙*2
Windows対応
Macintosh対応
両面印刷オプション*3
ネットワーク標準
 

  • *1:A4ヨコ、同一ページ複写印刷時。
  • *2:オプションのトレイモジュール3段装着時の最大給紙枚数です。
  • *3:オプションの両面印刷ユニットが必要です。

ENERGY STAR

グリーン購入法適合

 
 

アイコン説明はこちら


ランニングコスト

  • *1:JIS X 6932(ISO/IEC 19798)に基づき、A4普通紙に片面連続印刷時の印刷可能枚数をもとに、各カートリッジの税別希望小売価格から算出。用紙代、電気代、有寿命部品(有償)代を含まず。
  • *2:トナーカートリッジ(型番:PR-L9010C-11W・12W・13W・14W)、ドラムカートリッジ(型番:PR-L9100C-31・35)、トナー回収ボトル(型番:PR-L9100C-33)使用時。
  • *3:トナーカートリッジ(型番:PR-L9010C-14W)、ドラムカートリッジ(型番:PR-L9100C-31)、トナー回収ボトル(型番:PR-L9100C-33)使用時。

ECOLOGY

TEC値*1 1.1kWhの低消費電力量

薄肉ヒートローラを採用した定着ユニットの搭載や、低い温度で定着が可能*2になったEA-Ecoトナーとの組み合わせ、さらに低電力コントローラなどのさまざまな省エネ設計により、TEC値 1.1kWh*1を実現しました。

  • *1:TEC値とは、プリンターなどのオフィス機器における「概念的1週間の消費電力量」のことで、稼働とスリープ/オフが繰り返される5日間とスリープ/オフ状態の2日間における消費電力量の測定により算出されます。(TEC=Typical Electricity Consumption)
  • *2:環境性能を追求。当社従来トナー相当を使用すると、定着不良(トナーが用紙に染み込まない現象)が発生するほど、低い温度で定着制御を実現しました。

TEC値 1.1kWh*1の低消費電力量

スリープモード時0.9W

スリープモード時0.9Wの消費電力を達成しました。スリープモードの使用頻度が高いオフィス環境での消費電力の低減に役立てます。

環境に配慮した素材の利用

環境に配慮した素材の利用

環境に配慮し、植物(とうもろこし)由来成分を重量で30%以上含むバイオプラスチックを、清掃棒パーツに採用しました。プラスチック(ABS樹脂)を使用した場合に比べ、ライフサイクル評価(Life Cycle Assessment:LCA)においてCO2排出量を約20%削減しています。

  • *: 有機資源(植物等)由来物質を、プラスチック構成成分として所定量以上含む素材部品。

グリーン購入法適合・RoHS指令に対応

各種環境規格に適合しています。

COMPACT

場所をとらないコンパクト設計

場所をとらないコンパクト設計

デスクトッププリンタとして使いやすいコンパクトなサイズ。また、オプションの両面印刷ユニットも本体内蔵型のため、余分なスペースを必要としません。

  • *:幅499.5mm×奥行538mm

小型カートリッジ採用で保管スペースを選びません

トナーカートリッジ収納イメージトナーカートリッジ収納イメージ

コンパクト化を実現したトナーカートリッジを採用。
机の引き出しや書棚など、収納場所を選ばず予備のカートリッジを保管いただけます。

フルフロントアクセスによりメンテナンスが容易

用紙補給や消耗品の交換、紙づまり処理など、日常のメンテナンスで必要なほとんどの操作を前面から行うことができる、フルフロントアクセスを採用しています。そのため、プリンタ本体の後方や左右のスペースを広く取らない設置が可能です。

フルフロントアクセスによりメンテナンスが容易

自動両面印刷にオプション対応

両面印刷ユニット*1は本体内蔵型のため、設置スペースの増大はありません。両面印刷時に使用できる用紙の厚さは60~105g/㎡です。両面印刷の場合でも、カラー、モノクロ20頁/分*2の出力が可能です。また、用紙の両側にそれぞれ2ページずつ割付順序を変えてプリントする小冊子印刷も、両面印刷ユニットをセットすれば可能になります。

  • *1:オプション
  • *2:A4横、同一ページ複写印刷時

USEFUL

トナー節約機能で使用用途に応じたコストの節減が可能

トナー節約モードでは標準設定のほか、「ややうすい」・「うすい」・「かなりうすい」と用途に合わせて4段階のトナーモードの選択が可能です。社内文書など高画質を必要としない場合、「ややうすい」を選択して印刷することで、トナーの消費量を節約することができます。

トナー節約機能で使用用途に応じたコストの節減が可能

カラートナーが無くなってもモノクロ印刷が可能

カラートナーが無くなった場合でも、モノクロ文書の継続稼働が可能です。

  • プリンタドライバのカラーモードを白黒選択した場合。
  • ブラック(K)トナーが無くなった場合、エンプティとなっているカラートナーも同時に補給する必要があります。

モノクロ印刷時もテキストを強調出力

カラー印刷が制限されている場合もテキストの強調箇所が確認できます。また、カラー利用時には色弱者の方にも認識しやすくするなど、テキスト(赤文字)に自動的に下線や網かけを施すカラーユニバーサルプリント機能に対応します。

  • OSから描画指示された赤文字を処理します。グラフィックやビットマップは処理しません。

モノクロ印刷時もテキストを強調出力

ネットワークスキャナ&カラーコピー機能に対応(関連商品)

スキャナユニット(型番:PR-MW-SC51あるいはPR-MW-SC41)を追加することで、ネットワークスキャナ機能とカラーコピー機能を実現できます。

大量出力用途にも対応(オプション)

標準で495枚、最大2,505枚の大容量給紙が可能です。また、標準トレイのほか増設トレイからも厚紙(216g/㎡まで)印刷に対応します。

  • オプションのトレイモジュールを3段装着時。

大量出力用途にも対応(オプション)

RAMディスク対応(オプション)

オプションの増設メモリ(1GB)を追加することでセキュリティプリントや電子ソートなど、従来はハードディスクが必要だった機能の一部が利用可能*1*2です。この増設メモリ機能を使用した場合、電源OFFによりメモリに蓄積されていたデータを自動消去されますので、セキュリティ対策としても効力を発揮します。

  • *1:オプションの増設メモリ(512MB)では無効です。
  • *2:操作パネルまたはCentreWare Internet Servicesから本機能を有効にした場合に利用可能となります。

RAMディスク機能への対応

HIGH QUALITY

高画質化を実現するXRC*イメージパス技術を搭載

XRC技術比較イメージ

レンダリングと画像圧縮を同時に処理するXRCイメージパス技術により、600dpi-8bitの高画質なプリントを高速で処理します。

  • *:eXcellent Rendering & Compression

EA-Ecoトナー*の採用でさらなる高画質

EA-Ecoトナーは、低温度でも用紙にしっかり定着するだけでなく、オイルレスでありながら豊かな光沢を提供します。さらに通常のコピー用紙はもちろんのこと、コート紙やアート紙などさまざまな用紙に対して、その特長に適した光沢再現を可能にしました。従来のケミカルトナーをはるかに超える高画質を実現します。

  • *:Emulsion Aggregation-Ecoトナー

SPEEDY

カラー、モノクロ25頁/分*のプリントスピード

カラー、モノクロ25頁/分のプリントスピード

新開発のタンデムエンジンと、中間転写ベルトを採用。中間転写体から一度に紙に刷るため用紙の搬送距離が短くなり、高速印刷を実現。カラー、モノクロともに25頁/分の高速連続印刷を可能としています。

  • *:A4横同一原稿片面連続印刷時(普通紙)

ウォームアップ時間15秒以下*

電源を入れてから、印刷可能な状態になるまでのウォームアップ時間は、15秒以下。EA-Ecoトナーと熱効率を高めた低熱容量定着ユニットを採用したことで、必要な温度まで温める時間を短縮することが可能となりました。

  • *:ご使用の条件によっては、画質制御などにより15秒を超える場合があります。

スリープモードからも12秒以下*

スリープモードからの復帰時間は12秒以下を実現しました。スリープモードはオフィス等の環境において日常的に使用することが多い機能であり、ユーザに時間的なストレスを感じさせません。

  • *:1時間以内に再起動をかけた場合。1時間以内でもご使用の条件によっては、12秒を超える場合があります。

NETWORK

ギガビットイーサネット(1000BASE-T)に対応(オプション)

ギガビットイーサネット(1000BASE-T)に対応

オプションのギガビットイーサネットカードを搭載することで、高速な「1000BASE-T」ギガビットイーサネット環境に対応できます。大容量データを高速にプリンタへ伝送したい場合に効果を発揮します。IPv6/IPsecにも標準で対応しています。

  • 1000BASE-Tで接続を確立するには、全てのネットワーク機器を1000BASE-T対応に変更する必要があります。
  • ギガビットイーサネットカードを搭載しても、プリンタの処理速度などに依存するため、必ずしも1000BASE-Tの性能を発揮できるわけではありません。
  • ネットワークの負荷が高い(15%以上の帯域を占有)環境では、CPUの負荷がデータ受信処理に取られデータ処理を行なえなくなるため、パフォーマンスが落ちる場合があります。
  • オプションのパラレルポート(IEEE1284)とは、排他利用となります。

商標について

ページの先頭へ戻る